中枢神経再生研究

以前は脳や脊髄の中枢神経は再生しないと思われていましたが、神経栄養因子によって再生すると言う研究報告出てからは末梢神経だけで無く中枢神経も再生する事があります。

末梢神経は、ニューロンから出ている線維である軸索がシュワン細胞と呼ばれる細胞に取り巻かれています。

この末梢神経が切断されるとシュワン細胞にある神経線維の再生を促す、神経成長因子が作りだされ神経細抱が死なずに守られたり、軸索の再生が促進されるのです。

この神経成長因子で最初に発見されたのがNGF(Nerve Growth  Factor)と言う蛋白質です。

中枢神経にはシュワン細胞は無くダリア細胞に取り囲まれていますが、この細胞には神経再生能力は無いと言われています。

しかし京都大学医学部の川口教授が生後1~2日のラットの脊髄を胸のあたりで2髄節ほど切り取り、その隙間にラットの胎児から取り出した同じ部分を移植した所再生したのです。

胎児の未熟なダリア細胞には神経線維を再生するNGFがある事が証明されたのです。

成長したダリア細胞にはその因子が無いか、神経線維の再生を阻む因子があるのかもしれません。