ある程度は筋肉と関節をいじめる

運動はするに越したことはない事は周知の事実ですが、何かしらに理由をつけて習慣化する事を避けてしまいがちです。ですので日課にしている方は素晴らしいと言えます。しかし運動をしているから大丈夫だと思いがちですが、ところがそうでもないのす。運動の目的は主に筋肉の増強・柔軟性・呼吸器の活性化・循環器の強化等他にも様々な目的があると思いますが評価をしてみて意外な結果が出てしまうケースがあります。NHK番組のためしてガッテンの中で定年退職をされたご夫婦が出演して夫は毎日欠かさず2回の散歩をされていました。健康体力にも自信をもっています。奥さんは特に運動らしい運動はせずに地域活動に参加されて忙しい毎日を過ごされていたそうです。結果はご主人は平均値以下の値が出て奥さんは平均的な数値だったのです。
この結果の説明はご主人は家の周りを歩く程度では結果的に負荷不足であった為で例えば犬の散歩であればチワワの散歩であって、シェパード犬まで行かないまでも柴犬程度の運動が必要だったのです。対して奥さんは歩行運動はまったくしていなかったのにもかかわらずなぜ平均値なのかは外出して人と接触を常にする事で人生に張りや活動的な習慣で運動の代わりになっていたそうです。散歩は好んで平坦なところを避けて坂道や階段などを使い体力向上を行ってください。