子供痛みと心

子供が訴える痛みで最も多いのが腹痛で次が頭痛です。どちらも広い意味で心身症の周辺疾患の場合が大変多いと言われています。

心身症の腹痛は反復性腹痛と言って3回以上、3ヶ月以上に渡り反復します。子供の10%前後に見られます。

原因不明の場合が多く、元々消化器系が弱く、性格的にもストレスに弱い為に消化器系の症状として現れます。

勿論、器質的疾患や起立性調節障害等でも起こりますから診断が必要です。

幼児期からこの症状は現れますが、思春期頃には約30%は改善していきます。

しかし、それ以降にも長期的に腹痛が続く場合は、過敏性大腸症候群の症状が出て来やすい傾向があります。

また頭痛は風邪をひいても、眼精疲労、虫歯でも起こる症状です。しかし原因が分からず、かつ反復性の頭痛は心身症の緊張性頭痛と言えます。

精神的な緊張感により持続的に頭部の筋肉や筋膜が緊張するため、肩こりや首のだるさが伴います。

また、この他の痛みで多いのは外傷、突き指、骨折、脱臼等や運動のやり過ぎによる筋肉痛や関節痛等もあります。

関節や筋肉の痛みの中に、成長痛と呼ばれている物があります。

10歳位までに起こり、検査しても異常が無い物を成長痛と呼んでいます。

この成長痛は神経質な子供に多く、実はこれも心身症の一つの症状と言われています。

この特徴は夕方から寝入りばなが多く、下肢に症状を表す事が特徴です。

この様に子供の痛みの背景には、未成熟な心の葛藤による場合が多くある事に留意する事が大切です。