受け止め方のばらつき

脳の記憶と神秘の間に科学と未知の部分の和合として「心」を置いたとします。

心は脳の記憶を受け止めるのが、脳からの一方的な情報の為にその人の脳により同じ量の不幸でも自殺してしまうほどに悩む人もいればたいした事ないと思う人もいます。

同じ客として店員から不親切不愛想な対応を受けたとしても、なんとも無く見過ごす人もいれば出来事ひとつひとつに我慢の連続でついに脳の沸騰が起きクレームや怒鳴り声を上げ始めます。

そうならないように感情は脳からの映像で自分にとっては真実ですが情報自体を疑りその真実にも疑問や信じない事を提案します。

それより未知の世界の「心」が感情に寄り添いなぜ貴方は怒っているのですか?なぜあなたは不幸と感じているのですか?と想いの内に近づき感情が高まり増幅している事実誤認を鎮めていくのです。