膝痛の予防は内側から

中高年になって来ると簾の痛みが出たり、下腿骨が湾曲してガニ股になる人がいます。

これは膝関節を支持する筋力の低下、特に下肢の内側の筋力低下が問題なのです。

私達の身体は、ゆっくりした動きの時は体重を小趾側にかけて外側に付着している筋肉群を使い、速い動きの時は大きなキックカを得る為に拇趾球に体重をかけて下肢の内側に付いている筋肉群を使うという特性を持っています。

ですから運動不足で、速い動きが少なくなると必然的に内側の筋力が低下して来るのです。

例えば下腿三頭筋には内側、外側に分かれる腓腹筋とその下層にヒラメ筋があります。

腓腹筋は早筋の割合が多く、ヒラメ筋は遅筋の割合が多くなっています。

この筋肉は、足底屈筋群として働くと同時に、腓腹筋の外側は下腿の骨を外側に、内側は下腿の骨を内側に引張って膝関節をバランス良く保ちます。

中高年になってゆっくりした動きが多くなると、腓腹筋の外側の筋肉は遅筋割合が多くなり筋力は現状維持か、多少発達します。

しかし、内側はほとんど使われず、筋力が低下して下腿骨を内側に引っ張る力が弱くなると膝関節のバランスが崩れ、下腿骨が徐々に外側に曲がり、ガニ股になったり、膝痛の原因になってくるのです。

また大腿部の内側にある大腿内側広筋も筋力低下して膝蓋骨を上内側に引っ張る力が弱くなる事で、膝蓋骨と大腿骨が擦れて膝痛の原因になります。

膝を守る為には速く動く運動も必要なのです。