腱鞘炎

パソコンの弊害でよくいわれるのがVDT症候群(眼精疲労や頭痛や肩こり等)と腱鞘炎です。

長時間の入力作業が続くと手首等に痛みが出ます。特に動かすと関節部位に痛みが走ったり、指が上手く伸びなかったりしたらまずは腱鞘炎を疑います。

腱鞘は筋膜と同じ線維性の結合組織からできている筒状の構造物です。この健鞘は主に手首足首の健を包んでいます。

この鞘の内側は滑液包が非常に潤滑で腱が腱鞘の中でほとんど摩擦を受けない様になっています。

この健と健鞘の滑らかな動きが障害されて炎症を起こしているのを狭窄性腱鞘炎といいます。

腱鞘炎の中でも特に有名なのがドケルヴァン病です。

母指を繰り返し使用する結果、長母指外転筋および短母指伸筋の腱鞘に慢性炎症が起こり、橈骨(とうこつ)茎状突起付近の痛みが起こり、肥厚、瘢痕化、腱と腱鞘間の狭窄、癒着をきたします。

手作業をする人に多く、つまんだり、握ったり、タオルを絞る等の動作時に痛みが増強します。

検査法としては母指を中にして握り手首を小指側に曲げると橈骨茎状突起付近に強い痛みを感じます。

ばね指も健鞘炎でおこりますが、これは指屈筋健の膨隆又は腱鞘の肥厚により腱鞘入口部において通過障害を起こし弾発現象を呈します。

暫らく使わずにするのが良いのですが、現実にはそうはいかない為慢性的な炎症になる疾患です。