- Blog記事一覧

Blog記事一覧

醒脳開竅法

2020.09.20 | Category:

脳の病気で多いのが脳出血や脳梗塞の脳血管障害です。

その障害が起こると運動麻揮、失語症といった後遺症があるので、早期から積極的なリパビリが重要になってきます。

その時に鍼療法が有効である事が報告されました。97年I1月に米国立衛生研究所(NIH)から、鍼療法に関して脳卒中後のリハビリにおいて代替治療的治療、あるいは総合的な管理計画の中に含めて鍼を利用すれば役立つ可能性があるとしています。

また、98年に第47回全日本鍼灸学会で脳神経外科の専門病院禎心会病院物理療法科の石井睦宏氏らは、「脳血管障害に対する中医学的鍼治療」と題して、95年1月から96年12月までに脳血管障害で同病院に入院した患者237名のうち、197名(脳梗塞137名、脳出血60名)にリハビリと中国式鍼治療を行ったところ脳梗塞は78%、脳出血は71%で麻痺状態が自覚的、他党的に改善。手の開きや、上肢挙上などの機能改善は35%、下肢の機能改善は90%にみられたと報告し、脳血管障害後遺症の麻痺に高い効果があると発表したのです。

この時の中国式の鍼治療とは、天津中医薬大学第一附属病院の石学敏院長が脳血管障害の治療に開発した醒脳開竅法という独特なものです。

内関・人中・三陰交のわずか3つを主穴とし、症状により若干のツボを補助穴として用いる治療で、中国では約3000名の入院患者で治癒と著効が75%もあると報告されています。

炎症と癌

2020.09.19 | Category: がん

細胞が癌化する原因は、化学物質、放射線等の物理作用、ウイルスや細菌等による生物作用等様々ですが、こうした外からの要因だけで無く、体内で作られる活性酸素も細胞を癌化させる大きな原因です。

体内で活性酸素が大量に発生するのは第一に炎症の場合が考えられますが、炎症によって作られるのは活性酸素だけで無く、サイトカインもまた作られ、そのサイトカインも遺伝子の異常を引き起こして癌化を促進すると考えられます。

B型やC型の肝炎などウイルスが癌を引き起こすと言う事は分かって来ていますが、直接的にウイルスが癌化させるのでは無くても、感染によって引き起こされた慢性的な炎症が癌化を促進すると言う事が考えられるのです。

こうした慢性炎症による癌の発生は細菌やウイルス感染による物も含めて1割はあると考えられます。

癌が出来ればサイトカインが分泌され炎症も起こります。

するとそこでまた活性酸素が発生すると言った具合に炎症は癌を作り、また癌によっても作られて状況を悪化させてしまうのです。

アスピリンなどの抗炎症剤が大腸癌を抑制すると言う事が分かりましたが、炎症を抑える事がひいては癌を抑制する事になるからでしょう。

生活のレベルが上がるに従って胃癌(多くはヘリコバクター・ピロリ菌と考えられます)や子宮癌、肝臓癌等が減って行くのも衛生状態が良くなるに連れ感染症が減り炎症に晒される事が少なくなるからだと考えられます。

炎症を無くせばかなりの癌が抑えられる筈です。

チトクロムP450と鉄

2020.09.18 | Category: 栄養

体重が約60kgの男性で約4gの鉄が体内にあります。鉄は身体の代謝に欠かせないものですが、中でも一番知られているのが赤血球のヘモグロピンで65%の2.6gあります。

次に多いのが鉄貯蔵蛋白質のフェリチンやヘモシデリンで、この2つで20%の約0.85gの鉄を含んでいます。

筋肉中には酸素分子を貯蔵するミオグロビンや血清中のトランスフェリンという蛋白質が4%の約0.14gで、残りの10%が細胞内の酵素群の蛋白質にあります。

その中のシトクロム類の非ヘム鉄蛋白質酵素には極微量(0.008g)の鉄が含まれていますが、中でも肝臓の細胞中に存在しているチトクロムP450は抗生物質や汚染物質や化学溶剤無 度の何百種類もの分子を捉え、これに酸素原子を加えさせます。

これらの雑多な分子は比較的不溶性ですが、酸素原子が加わる事で比較的水に溶け易くなります。

またこれらの酵素はビタミンAやEを活性型に変換したり、コレステロールを性ステロイドホルモンに 変換したりします。

しかし、煙草の煙に含まれているベンツピレン等の多くの発癌物質は水酸化する過程でそれが発癌性の物質に変換してしまう事もあります。

両刃の剣の様な酵素ですが、肝臓では現在約20種類以上の似た構造をもつチトクロムP450が見つかっています。

現在はそれぞれが 特定の化学構造を認識して反応するのでは無いかと考えられています。

脳は錆やすい

2020.09.17 | Category:

老化の原因としては体内で発生するフリーラジカルの影響が大きいと言う事は明らかですが、中でも脳はそのフリーラジカルの影響が他の臓器に比べて大きいと言えます。

脳はブドウ糖のみを栄養源にしている上に、酸素を大量に消費するため活性酸素が発生し易いのです。

しかも神経細胞は酸化しやすい不飽和脂肪酸やアドレナリンやドーパミン等のカテコールアミンが大量にある為にフリーラジカルが発生し易いのです。

活性酸素の中で反応性が弱い過酸化水素でも金属等と触れると反応性が高いラジカルを発生させます。

ですから例えば脳内出血等があれば鉄と反応してより酸化されやすく神経細胞へのダメージが大きくなるのです。

普通ラジカルが発生しても生体に備わっている防御機構、SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)やグルタチオンペルオキシダーゼ、カタラーゼ、また抗酸化物質であるビタミンCやEが処理してくれます。

ところが脳の中ではカタラーゼの活性は低く、ビタミンCより抗酸化力の強いEはあまり働きません。

つまり脳は酸化を受けやすいのに酸化を避ける事が出来にくい臓器なのです。

脳を守るには動脈硬化を予防して血圧をコントロールすると共に、頭に内出血を起こす様な外傷を受けない様にしなければなりません。

毛包が小さくなると脱毛する

2020.09.16 | Category: 皮膚

毛髪には一般的に寿命があり、2~6年間の初期成長期と後期成長期、2~3週間の退行期、3~4ヶ月の休止期と、自然に抜けてまた生えるという毛周期(ヘアサイクル)を繰り返します。

成長期には、頭皮の下にある毛包が大きく成長し、その中で毛髪の元になる毛母細胞が活発に細胞分裂をして毛髪を伸ばします。

退行期、休止期は毛包も小さくなり成長は止まります。

毛髪は通常10万本はあると言われ、髪が一日に100本位抜けるのが自然脱毛で、200本抜けると髪のトラブルの発生の目安になります。

この脱毛も高齢であれば毛母細胞の老化現象といえますが、20~30歳代の男性でも脱毛する人が増えています。

この男性の毛包は成長期においてミニチュア化し、毛髪がしっかり育たないのです。

原因は遺伝的要因と過剰なストレスだと言われているのですが、解っているメカニズムは毛母細胞に存在している酵素である5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンを還元して、5αジヒドロテストステロン(DHT)を作り出し、このDHTが毛母細胞の活性を低下させたり、毛の成長期間を短縮するなどの働きをして脱毛症を起こす事です。

育毛剤の「リアップX5」は成分にミノキシジルという成分5%含み、この薬が小さくなってしまった毛包に直接作用して、毛母細胞の増殖や蛋白質の合成を促進する事によって発毛作用を促すと言う物です。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒259-1137
神奈川県伊勢原市笠窪383-3

駐車場

5台あり

休診日

水曜日

ご予約について

当院は完全予約制となっております。