このような方は鶴巻温泉治療院へ

このような方は鶴巻温泉治療院へ

病院で椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症だから手術するしかないと言われている

椎間板の完全脱失で椎間板の髄核の後方移動ではなく髄核の脱失で上の椎体と下の椎体がくっつくほどの狭まった状態は禁忌症で手技療法は不可能です。
そもそも椎体がつくほどの脱出では日常生活もまったくできない状態のレベルにあります。
したがってヘルニアはカッコ書きながら手技で緩和する病気なのです。

脊柱管が狭窄を起こしてしまう症状も同じです。
MRI画像で白く映っている画像が脊柱管で一部の白くなっている所が細くなって黒い部分が写っているところが狭窄されている部分です。
画像で白くなっている部分がかなり狭くなっているからもう手術しかないと一般の人は思ってしまいます。

脊髄液の流れが部分的に滞って黒く映る程度なので脊柱管が狭くなっている脊椎にアプローチをいたします。

病院でも全員が手術を受けているのではなく多くの場合は運動指導や理学療法等も行っています。

ですので選択肢の一つとしてお考えください。

 

肩こりが強く頭痛や目がかすんだり吐き気すらする

後頭骨周辺の筋肉の緊張や斜角筋の緊張はこのような症状を起こしがちです。

首が悪いと簡単に血液が滞り頭痛が起こりますので首の施術をしますが一般の人は肩の上と頭の下の間を首と考えますが実は首の筋肉は胸にまでついています。頸椎の回旋の動きは胸椎の2番まで動きます。それらの解剖学を理解してないと痛み逃れの一時しのぎにしか過ぎません。

首コリがひどく気にして気がつくとよく首を鳴らしている

首が痛む肩こりがするよく首を鳴らすのは絶対に止めてください。
癖ではありません病気なのでしっかりと病気の原因を説明させてから施術させていただきます。

このような方は頸椎のどこかにサブラクセイション(頸椎のロック)がありその代償的働きによってハイパーモビリティ(過可動性)をきたして痛みや不定愁訴を起こしています。

今までのほぐし方法を受けてその時だけ楽になるけど一時的な慰安行為に近いと感じる方

決まった手技をローテーションやルーティーンでやっても良くなりません。
施術家は保守的であってはならないのです。なんでも試すダメだったら次のて奥の手をドンドン出し続けるのです。

革新的な思考斬新なアイデア誰も考えつかない点に着目する事で施術家はアーティストでなければならないと思います。

私もこの言葉を座右の銘としてできるだけ固定観念既存の発想でなく患部に触りながらただ漠然と施術をするのではなく骨格の感覚に比重を置いてます。