このような方は鶴巻温泉治療院へ

このような方は鶴巻温泉治療院へ

腰痛でいくつかの整体院に通ったことがあるけど一向に改善しない

地域で評判または友人からの紹介で「私が以前〇〇院で良くなったからあなたも行ってみたら」と友人の情報を頼りにその〇〇院に行ったけど、まったく変わらない期待外れの結果に終わった人も多いと思います。

なぜこのような期待外れに終わるのでしょうか?
友人の腰痛はあなたと同じ病名、同じ症状、同じ痛みだったでしょうか?   友人は腰の疲れがたまっていただけで自然治癒をしたのを思い違いをしていた可能性もあります。

痛みの原因は複数、複合、複雑なのです。まったく医学知識の無い友人が「〇〇院は先生が優しかった」「あそこの先生の対応が親切だった」等の腰痛のスペシャリストの評価基準から外れた物差しで整体院選びをしていていませんか?

整形外科にかかっているけど整形外科で変化がないのに整体で回復するのかしら?

海外では腰痛の90%が整形外科以外の代替医療を利用している統計もあります。
要は、多くがカイロプラクティックを含む療法を受けています。

国民の医療費は保険制度医療費と代替医療(健康保険制度を用いない医療)の割合はどちらが高いと思われるでしょうか?
日本では健康保険制度の医療費の割合が高いのが現状ですが、アメリカでは代替医療の方が圧倒的に割合が高いです。日本では「保険が使えて安いから行く」といった第二の選択肢が存在するのです。

この第三の選択肢に整骨院が含まれます。電気とマッサージで終わり、それ以外は別料金またはオプションメニューでいくらとか、ここから先はオプションを利用なさってください。医療とはまったくかけ離れたコンセプトで施術が行われています。

もしオプションが仮に最善の方法と仮定するなら?その前の保険施術の電気とマッサージは何の為だったのでしょう?

保険を使ってみたけれど変化を感じられないので多少のお金をかけてもしっかりと機能回復したい

これは私もまったく同じ意見です。
以前は神楽坂で整骨院を開業しており、保険を使ったやり方で毎日来院数100名を超える地域で有名な整骨院でした。

しかしスタッフや院長の私も体力的にはヘトヘトで多い日は120人を超える日もあり体力の限界でした。ただ保険が使えて安いから来院し、施術する側は待っている皆さんをさばくためだけの毎日になっていたのです。

私は整骨院になった目的を忘れ、いつの間にか金儲けの先生に成り下がっていたのです。そこに気が付いた私は保険の扱いを止め、自費施術一本の本格的な整体院に21年前に転身したのです。

腰痛専門院を探していますが、探してみると多くの施術所が腰痛専門とホームページに載せて迷います

たしかにネット検索をしますと「地域で唯一の腰痛専門院」と書かれているのが地域にいくつもあったりします。
唯一は一つのはずですが唯一が二つ三つも特に激戦区と言われる都内人口密集地では当たり前の表記になってしまっているのです。

新規開業する先生はどうしても押しが強いキャッチコピーを欲しいので先に「地域で唯一」があったとしても「地域で唯一」を広告として使うのです。ではどのような判断基準でホームページから選ぶのかのヒントをお教えします。「地域で一番」などと、ただキャッチコピーだけを並べ立てて客を図ろうとしているホームページ内容では安心できる整体院ではありません。
その根拠、理論、実績、経験、経歴、までは嘘をかけないでしょうからホームページをしっかり読み込んで、この先生は確かな理論の整体だ、腕だ、と思える院を選ぶべきです。

先生の写真の笑顔とかホームページが綺麗でモダン、オシャレにできているから等と評価の対象外にしてください。
最近の整体院のホームページはエステやネイルサロンと間違えるような院内の写真等もありますね。

根本原因の改善には施術計画に沿った施術が必要です。一時的な変化では無く根本原因から改善・変化していきます

「ここまで自宅でできる腰痛体操の事を教えてくれる所は無いです!」
「こんなに教えちゃったら、みんな痛くなくなって来なくなっちゃうんじゃないですか!」

と言われたりします。惜しげもなく自宅での効果実証済みの腰痛の痛みの解決策を教えちゃいます。

複数のやり方がありますので、それぞれの筋肉の場所や姿勢の体操が30種あり、セルフケアーを知る事ができます。

当院では私が自宅でできる腰痛改善の方法の更に上位レベルの施術をさせていただきますので機能回復できるのです。

なぜなら当院にお見えになる方の多くは症状が重かったり、長年痛みをお持ちの方が多いからです。
なんでも病気はそうですが腰痛の初期対応が回復の近道です。
根本原因を明らかにして多くの方は姿勢が原因として様々な症状を起こしています。
根本原因の姿勢を正せばよいのです。
当院では姿勢を改善する方法があります。

痛みは痛みの上書きというものがあります。
痛みがあってもより強い痛みがあると、より強い痛みに注意が向き2番目になる痛みはあまり強く痛みを感じません。
3番目4番目も同じです。1番は自覚しても、他をよく分からない方もいます。1番の痛みが消えると2番が1番になります。

よく皆さん「痛みが体中動く」という表現をされます。
「膝が痛く無くなると」今度は「腰が痛くなる」方がいますがこの事を指します。

複数の痛みを放置すればするほどより深刻な、「痛みの上書き」が行われますので、以前は腰が痛かったが今はお尻の方まで痛く腰よりも坐骨が痛いなど悪化させないでください。

本気で施術を受けて体を回復してみたいとお考えの人

皆さんは痛みを取りたいと思って来院します。痛みが取れればそれでよいと思いがちです。

鍼灸院に行って痛みが楽になった、でもまた痛くなって繰り返しをする。

その場合鍼灸院の行為が回復を遅らせる事もあるのです。

痛みがあれば無理をせずに腰に負担をかけないように注意をしたり、今の痛みを中心に生活で無理をしないようにしますが、痛みが一時しのぎで減らす行為はかえって腰痛を悪化させているともいえます。
本来原因あっての痛みなので原因を以前の状態に戻して、そこから治癒力が働きだし本当の意味の機能回復という言葉がはじめて使えます。原因に手を付けずに痛みだけを追い求めるのなら病院で痛み止めとシップをもらってきて今までと同じ方法を繰り返してください。

あなたの体はあなたの今までの体に対する対応が作り上げた結果なので対応を変えなければ今後も未来も変わる事はありません。

半年も同じところに通ったけど症状が1㎝も改善が見られないと思っている人

天才物理学者アインシュタイン名言集の中にこんな言葉があります。
『同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。』

身体に変化の結果を望んでいるはずです。しかし優先順位がお金であったりして安い整形外科や整骨院で電気を受ける事を繰り返している人がいます。
安い値段の所やお試しだけで後は通院しないで、なに一つまともに本格的な施術を継続して受けた事が無く過ごしてから、整形外科に行くのをやめて後は残りの人生諦めて生活している人すらいます。

優先順位は小銭なのでしょうか…自分の人生、健康がすべてではないのでしょうか?健康があれば好きな事ができるのです。自分の優先順位を変えない限り健康は買えません。

こんどこそはしっかりと一時しのぎでは無く本気で自分の事を考えてくれる先生を探している人

サーカスという言葉があります。
「友人や知人から聞いた良いと言った所には全部行ったのよ」と行った院の数を公言して数自慢をするようなタイプの方がいます。

しかしこのタイプの人は「ぜんぶダメだったのどこも良くならない」と決まってお話しをするのが定番です。もし本当にそれだけの数を実際にしっかり通い詰めていたらなら、数千回通っているでしょう。期間年数的には不可能です。1回でもこのタイプの方は通院とカウントしてしまっているのです。

身体は治癒力の力による復元されるものです。
スポーツクラブで筋トレを月に3日して筋肉が付くでしょうか?
漢方薬を月に4回飲み長年の慢性疾患が改善するでしょうか?現代薬の痛み止めなら痛みを止めている時間だけは忘れるかもしれませんが、薬の一時的なものです。
柔軟体操を月に2回して柔軟性が大きく変化するでしょうか?

これらを施術に当てはめてみてください。

サーカスタイプの方はおしゃべりタイプの方が多く感じます。
施術中にずっと、どこにかかってただのお話をしに来ているのではないかと思うほどです。おしゃべりをすれば肋間筋は収縮しますし胸郭も固くなります。自分で自分に対する最高の施術を受ける事を自ら放棄しているとも言えるのです。