- Blog記事一覧

Blog記事一覧

サプリメントを飲むタイミング

2021.06.20 | Category: くすり

サプリメントは生活の中に定着していますが、飲み方のタイミングで、より効果を上げる事が出来ます。

基本的に、サプリメントは食後に飲みます。食後は消化液も沢山出ているので成分もより吸収されるからです。

ビタミンA、D、Eは脂溶性で、体内に留まるので1日に1回でも良いのですが、ビタミンCやB群は水溶性で3時間もすれば余分な量は排泄され始めます。

ですから1日の内でも分散させ、少量を毎食後に飲むのが理想です。

飲み合わせの点で言えばビタミンB群はどれもが協同して働きますから、B1だけとかB2だけと言うよりもB群が万遍無く入っている物が良いでしょう。

又ビタミンA、C、Bは協同して抗酸化の力をより発揮しますから一緒に取りましょう。

その時、鉄剤はビタミンEと一緒に摂ると効果を消し合ってしまいます。両方飲んでいる人は8時間以上の時間以上の時間差を取って飲むべきです。

もっとも鉄剤は自己判断で飲むミネラルではありません。

鉄の過剰摂取は免疫を傷め、癌の発生に関係するのであくまで医療上必要となった場合にだけ飲むべきです。

カルシウムの場合は午前中と寝る前に飲むのがベターです。

ビタミンCやビタミンDと一緒に摂るとより効果的ですが、ビタミンDはあえてサプリメントとして摂る必要は無いでしょう。

全体にミネラルは食物繊維と一緒だと吸収され難くなりますが、これはサプリメントの成分だけで無く食品の場合でも同様です。

高齢者の運動

2021.06.20 | Category: 老化

運動は誰にとっても必要ですが、若い人と高齢者では条件や、やり方が違います。

体の機能としては高齢者では脚筋力、柔軟性、歩行能力、持久力、平衡機能等の衰えが目立ち、特に下肢の衰えは70代では20代の60%しかありません。

中でも股関節外転筋力、足関節の背屈力や底屈力が一様に低下しています。

平衡機能も低下し、閉眼片足立では若者の20%しか出来ません。

従って高齢者では体力向上を目的とするよりもQOLを高める事に重点が移ります。

つまり筋力増強その物を目指すと言うよりも、神経筋回路を剌激したりバランス感覚を高める事で転倒(→寝たきり)を予防したり、全身の恒常性を維持する事が期待出来るのです。

また運動機能の高い高齢者ほど意欲や根気、勇気等を持っていて、不快、苦痛、不満、恐怖等に対する抵抗力も高いと言われているので精神面に与える影響も見逃せません。

運動としてはやはりウォーキングが一番ですが、やや早歩きを目指すのが良く、1週間当りの歩行距離が長いほど脚筋力は高くなります。

その場合、歩幅を広くすると地面からの反発力が大きく、膝や足関節に与える衝撃が大きいので初心者は無理に歩幅を広くしない様に気を付けなければなりません。脚筋力が付いて来ると自然に歩幅は広くなります。

不老長寿の研究

2021.06.20 | Category: 老化

不老長寿の研究人の細胞を培養すると、約50~60回の分裂で寿命が来て活動を停止します。

染色体の両端にテロメアと言うDNAと蛋白質の複合体があり、細胞が分裂して染色体が複製される度にテロメアが短くなって行きます。

短くなり過ぎると細胞が不安定になり、細胞が自衛の為分裂を止めてしまうので、テロメアの事を「命の回数券」と呼ぶほどです。

赤ん坊から老人まで様々な年代の人の細胞を調べてみると、テロメアの長さは赤ん坊では長く、老人では短くなっています。

しかし生殖細胞や癌細胞の様に無限に増殖出来る細胞はテロメアが短くなりません。

テロメアの短縮を抑えるテロメラーゼと言う酵素を備えているからです。

普通の細胞にテロメラーゼの働きを持たせれば細胞は死な無くなり、癌細胞からテロメラーゼの働きを奪えば癌の増殖を抑える事が出来ます。

1998年アメリカのベンチャー企業のジェロン社が、遺伝子操作でテロメアを長くしたり、テロメラーゼの働きを抑えたりする事に成功したと発表、同社の株価が急騰して取引停止となる騒ぎが起こりました。

アメリカ国立老化研究所は老化した細胞を分裂させた若い細胞に置き換えれば平均寿命を120歳まで延ぱせると見ているそうですが、一つひとつの細胞を不老不死にしても長寿にはなら無いとの見方もあります。

寿命は細胞の寿命だけで無く遺伝的素因のホルモンや免疫の働き、環境要因の活性酸素など様々な因子が絡んでいるからです。

特に活性酸素はテロメアを傷つけると言う報告があります。

疲れをあなどるな

2021.06.20 | Category: 健康

疲労は誰にでも起こり休めば治る物で、疲労その物が病気とは思われていませんでした。

しかし疲労には「心の疲労」と「身体の疲労」があって、心の疲労が酷くなると神経症(ノイローゼ)や心身症に陥り、適切な治療が必要になります。

そして身体の疲労も酷くなると「累積疲労」という状態に陥り、各種の検査をしても異常が認められ無いのに神経症や心身症と似た様な精神的・肉体的症状を呈します。

累積疲労の初期にはイライラ・単純ミス・独り言・体がだるい、と言った症状がみられ、中期の前半では決断力の低下・頭痛・肩こり・耳鳴り・動悸・めまい・手足のしびれ、聴覚過敏等の症状が表れます。

この中期前半までならば、仕事量を減らす、睡眠を多く取る等、生活習慣を改善する事で自分で治す事が出来ます。

ところがこれらの症状に加えて、性格が暗くなり笑いが出なくなったり、いくら寝ても眠くていつも寝ていたいと言う、中期後半の症状が出てくると要注意です。

更に目の下にくまが出来る・真っ直ぐ歩け無い・怖い夢を見たり何度も夜中に目を覚ます・人混みに出られ無い・死にたいと思う、等の末期まで行くと、これは神経料や心療内科の治療を受けねば治せ無くなります。

末期でも検査で異常は出ないので放置していると、仮面鬱病になったり、最悪の場合は過労死に至る事があります。

話題になった慢性疲労症候群は原因不明で治療法も確立されておらず、累積疲労とは別の病気だと考えられています。

「累積疲労」は、数年間に渡る肉体的疲労の蓄積が原因である事がはっきりしていて、適切な治療を受ければ1~3ヶ月で良くなるのです。

死を呼ぶ身体不活動physical inactivity

2021.06.20 | Category: 病気を予防する

最近では弱い運動強度という意味で身体活動という言葉が使われます。

従って”身体不活動”とは、体力をつけるための運動(exercise)が不足しているというだけで無く、体がエネルギーを消費する様な動き(physical activity)が充分で無く、その為に健康を維持出来ていない状態をいいます。

アメリカでの試算(日本ではこの様な試算は行われてい無いので)では、年間25万人が身体不活動の為に死亡しているとみなされ、それは死亡人口の12%に当ります。

日本でも1回30分以上の運動を週2回以上行っている人は4人に1人程度に過ぎないので、身体不活動による死亡もかなりの数に上るだろうと思われます。

つまり身体不活動による医療費も膨大な物に上っている筈なのです。

この身体活動の量は生活習慣痢に関係し、健康寿命の期間を左右します。

体力のレベルがある程度保たれていれば、高コレステロール、高血圧、慢性疾患を持っている等の危険因子があっても、体力のレベルが低い人よりも危険度は低くなります。

運動量と体力向上との関係で言えば、運動には容量依存性があり、運動すればするほど体力向上に効果的です。

体力が低ければそれだけ効果も上がりやすく、身体活動に費やすエネルギーが多いほど死亡危険率は低くなり、それは70才代までの全ての層について言えます。

週に3000kcal(ウォーキングなら11時間、ジョギングなら7時間半)以上も消費する様な活動量になると流石に効果は頭打ちになりますが、かなりの活動量が体力増強に役立つ事は確かです。

当院のスケジュール