- Blog記事一覧

Blog記事一覧

プロザック

2020.06.30 | Category: くすり,メンタル

抗うつ剤のプロザックは米国で売り出され、憂鬱な気分のアメリカ人たちにとって奇跡のして広まってきました。

90年代になると「ニューズウィーク」の表紙になり、さらに一般の人にまで浸透していき、現在はアメリカだけで約500万人以上の気分障害の人が副作用も少ないという事で常用しているそうです。

ところで、脳内化学物質の中で、気分や意識等に影響を与える神経伝達物質として、ノルエピネフリン、ドーパミン、セロトニンなどがあります。

これらの化学物質は、単に神経細胞にメッセージを伝えるだけでなく、その放出量により強く伝えたり、逆に弱く伝えたりするフイードバツクにも関与しています。

このなかで、現在うつ状態に関わっているといわれているのがセロトニンです。うつの人は、健康な人よりセロトニンを含有するシナプス小胞が少なく、神経の刺激に対して十分な量のセロトニンをシナプス間隙に放出する事ができません。

このプロザックはセロトニンの量を増やす作用のある選択的セロトニン再摂取阻害剤( SSRI)の一つです。

確かに、今までのうつ病薬の副作用からいえば、画期的な薬とはいえアメリカではこの薬による副作用によって自殺や衝動的暴力が起きたとして訴訟が発生しています。

サイコオンコロジー(精神腫瘍学)

2020.06.29 | Category: がん,メンタル

がんに関する心理社会的研究は割りと早く、1950年ニューヨークのがんセンターに精神科研究ユニットが開設された事が始まりと言われています。

1960年代の初めにはたった12%に過ぎ無かったがんの告知が知る権利という社会の要求に応じて年々増えていきました。

l977年の統計によるとアメリカではがんの告知98%になっています。

告知が当たり前になれば精神的なケアの必要性が生まれます。告知では遅れをとった日本でも1986年に「日本臨床精神腫瘍学会」が結成され、その後「日本サイコオンコロジー学会」と改称され現在に至っています。

サイコオンコロジーはインフォームドコンセントや術前の不安、術後のQOL、情緒状態とがんの経過、痛みに付する対策、緩和ケア、ホスピス、尊厳死、家族へのケアなど、がんによる社会的心理的な様々な問題を包括しています。

最近のがん患者の精神疾患の合併症の統計では、がん患者の3~4割の人がうつ病や適応障害に、がんの末期には意識障害をべースにした「せん妄状態」を始めとして、約7割の患者が精神疾患を合併しています。

また情動の安定ががん患者の生存期間を延ばす事はよく知られています。その研究として「精神神経免疫学」の基礎医学的な方法論も確立されてきています。

アダルトチルドレン

2020.06.28 | Category: メンタル

アダルトチルドレンとはl980年代にアメリカで使われはじめた用語、Adult Children of Alcoholicsの略で、「アルコール依存症の親に育てられて成長した大人」という意味です。

クリントン大統領がみずから「自分もACだった」と、継父のときに暴力に会った事を告白したことで注目される様になりました。

しかし日本ではACはアルコール依存症に限らず、問題を抱えた家庭のでトラウマ(心的外傷)を受けながら親を気遣って成長した為、成人しても社会や家庭に適応できないでいる事を指す様になっています。

親から受けた心の傷には、身体的なもの、小理的なもの、性的なものだけでなく、育児放棄等も含まれます。

この様な親の攻撃性に晒されて育つと子どもの自己評価や自尊心は極端に低くなり、自己処罰的になったり、人との親密な関係を作る事ができなくなります。

一方で自分の怒りや不安をコントロールする事ができずに攻堅的になり、いじめ行為‥に向かう事も多いのです。

さらに自分が子どもを持った時にその子に対して同じ様な攻撃性を表わす様になります(世代間伝播現象)。

自分が直接虐待を受けなくても、夫婦間の暴力を目の当たりにした場合、多くの男桂が妻に暴力を振るう様になり、母親が暴力を受けているのを見て育った女性の場合、今度は自分自身が夫に虐待される立場に立つ事も多くなってしまうという悪循環に陥ってしまう事で、問題はより深刻になってるといえます。

不登校と深部体温

2020.06.27 | Category: メンタル

不登校の問題と言えば、学校や家庭などの様々な問題が心理面に影響して起きると考えられていますが、その子僕たちの中には睡眠リズムの障 害の為に朝の目覚めが悪く不登校になる事があります。

睡眠には早寝早定型、遅寝遅起型があり、この型を決めるのは深部体温のリズムで、基本的には遺伝が関わっています。

深部体温とは直腸か口腔で計 りますが、午後6時が最高でそれから下がって睡眠に入り、午前4時に最低になりそれから体温が高くなり目覚める体温リズムを言うのですが、このリズムが前方あるいは後方にずれるのです。

今、問題になっているのが遅寝遅起型の人が勉強や夜遊びといった不規則な生活からそのリズムを狂わせた事から起きる睡眠相後退症候群です。

朝どうしても 起きる事が出来なくなってしまい、その為に学校にも遅刻する登校しても頭痛、腹痛、身体がだるいと言う事になります。

先生や回りからも「やる気がない」「怠けている」と言われる事で、長期欠席あるいはうつ病にもなります。

対処法としては患者の睡礫時面を少しづつずらして正常な時間に持って行く方法や起床時に2600ルクスの強い光を当てる事で、睡眠リズムを調節して行く治療法があります。

精神用語

2020.06.26 | Category: メンタル

嗜癖(アディクション)
自分に癒しとなる、悪い習慣。物的嗜癖(ドラッグやアルコール中毒等)人問関係嗜癖(セックス依存症、共依存等)行為嗜癖(仕事依存、ギャンブル依存、買い物依存等)として現れます。癒しとニセの癒しと言えます。
トラウマ(Trauma)
広く心的外膓のこと。直接的に外傷が加わっているものには(PTSD)があります。異常な状況でなくても日常生活のなかで味わった(自分にとっての)言われなき扱いでも心は傷つきます。精神疾患の多く(多重人格、解離性障害、ボーダーライン、自己愛性人格障害、回避性人格障害、脅迫神経症等)にトラウマが関係するといわれます。
PTSD(Post Traumatic Stress Disorder)
災害や事故・犯罪・戦闘・幼児期の虐待等の外傷的な出来事に出会う事で心に傷を負った人がかかる心的障害。ベトナム帰還兵が帰国した後共通の神経症状を呈した事で注目される様になりました。日本では北海道南西沖地震や阪神大地震、東日本大震災、地下鉄サリン事件等に遭遇した人達に見られ精神的なケアーの必要性があります。精神症状としては体験したイメージの反復やフラッシュバック、不眠、集中力の低下・気分が落ち着かない・感情鈍麻‥が起きます。個人の性格や内的要因女因でなるものでは無く誰もが陥る可能性がめります。普通は3ヶ月位で回復しますが半数位の人はその後にうつ病になる事もあります。
EQ(emotional quotient)
IQ(知能指数)が知的偏差値を指すのに対してEQは情緒や感情面での健康度を表したもの。「心の知能指数」等と訳されます感情の自己コントロールや他人との共感が出来て適切な人間関係が結べる度合いで心の健康を計ります。
ボーダライン(borderline case)
精神医学でいうボーダーラインとは正常と異常(病気)との堺にあって、どちらとも判別し難い境界的人格障害をいいます。衝動性・気分変動性、未熟な自己の発達と言う特徴がみられます。確定的な診断が下せない為教育したり治療する事が困難になり非行や犯罪に至るまで対処ができない事が多いのです。
共依存
自分が必要としている相手を自分無しではやっていけない所まで相手を支配する事。自分を頼らせる為には徹底的に相手につくし、自分から離れられない様にします。結果的には相手はペット化されて自立できなくなります。自分に否定的感情を持っている場合が多く、共依存によって自分の存在が承認されたと感じるのです。
イメージトレーニング
実際に身体動かすのではなく、心の中で最もいい状態の自分を想像します。困難な競技を見事に切り抜ける自分の様子や最高の結果を出した場合のイメージを具体的に細部にわたって像として思い描きます。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒259-1137
神奈川県伊勢原市笠窪383-3

駐車場

5台あり

休診日

水曜日

ご予約について

当院は完全予約制となっております。