- Blog記事一覧

Blog記事一覧

男女決めるのはホルモン

2020.01.26 | Category: 内分泌

受精卯の染色体がXXであれば女性、XYであれば男性が生まれます。つまりYの遺伝子を持てば男性になる筈ですが、事はそう簡単ではありません。胎児のごく初期では男性生殖器の元であるウォルフ管も女性生殖器の元のミュラ一管もあって、男性にも女性にもなれる部品を揃えています。しかし男性の場合、受精して6週間頃Y 染色体にある性決定因子が働いて精巣が形成されます。出来たて精巣がする最初の仕事は男性ホルモンを作る事で、これが受精後8週間頃です。これにより陰茎や精管、精嚢等が出来、ミュラ一管が退縮していきます。この男性ホルモンが働か無ければ、卵巣が出来てそこから女性ホルモンが働き、放っとけば体は女性になって行きます。またこの時期に分泌された男性ホルモンは全身を巡り、男性生殖器を形成するだけで無く脳にも影響を及ぼします(ホルモンシャワ一)。受精後の8~l2週頃に男性ホルモンを浴びた脳は男性脳となり、そうで無ければ女性脳となるのです。つまり、生まれるまでに細胞や器官、脳、行動までを左右するのはホルモンで、そのホルモンがどの遺伝子を働かせるかを決めているという分けです。この時遺伝子その物は変化している分けでは無く、ホルモンが個体の特性を決定するのだといえます。

黒胆汁質とホルモン

2020.01.25 | Category: 内分泌

不安惑や恐怖感に襲われる「パニック障害」は不安神経症として扱われ、精神分析や心理療法の領域で治療が行われていましたが治癒の難しいものでした。しかし、脳の生理学的研究の進歩により、その発作の起こるメカニズムが脳内物質と脳の機能障害によってもたらされる事が明らかにされ、それにより抗不安薬を使う治療法により劇的に治療効果が上がる様になりました。この不安・恐怖と言えば、感情ホルモンという言い方もあるノルアドレナリンなどの神経伝達物質や間脳の青班核や視床下部が深く関与している事は知られてしました。またホルモン系ではコレシストキニンの存在が明らかになったのです。元々コレスシストキニンは胃腸管系ホルモンで、小腸粘膜から分泌され胆のうの収縮や膵液の分泌のホルモンとして知られていましたが、脳にも存在して神経伝達に関係している事が分かった、脳一腸管ペプチドのホルモンです。実験でこれを投与した被験者は「不愉快な感情から始まる不安感」や「世界が没落する感じ、腹部の不快感、嫌な味、更にパニック障害そっくりの発作を起こしたのです。正に古代ギリシャ医学の体液論でいう不安や憂鬱な気質の「黒胆汁質」は、このコレスシストキニンとノルアドレナリンの分泌異常の体質かもしれません。

DESの教訓

2020.01.24 | Category: 内分泌

1939年に、英国の医療チームが体内で天然エストロゲンの様に作用する化学物質 DES (ジエチルスチルベストロール)の合成に成功しました。この物質こそ医学史上に残る悲劇を巻き起こしたのです。その当時、妊婦にとってエストロゲン数値の低下は流産や早産を誘発すると考えられていました。DESを投与された妊婦の総数は米国を中心になんと500万人に昇ったのです。その後の数十年の間、DESは「妊婦必携の妙薬」として広く愛用されてきました。妊婦ばかりでなく、家畜などにも大量のDESが使用されてきたのです。しかし、この奇跡の薬に何の薬理効果も無いと言う研究論文が50年代の初めに次々出てきました。更に、DESこそが流産、早産、新生児死亡の増加の元凶であると断定した論文も出て来たのです。しかし、それにもかかわらず米国の連邦食品医薬局は差し止めようとし無かった為に、その後20年に渡って何十万人もの妊婦が服用してきたのです。その結果、胎児の時にDESを受けた若い女性に膣の明細胞腺癌という珍しい癌が発症し始めたのです。更に、女性の子宮の奇形や男性の精巣及びぺニスの発育不全等も明らかになり、奇薬は悪魔の毒であった事が分かって来たのです。DESは胎盤を通り、胎盤の成長を阻害するとんでも無い影響を与える恐怖の内分泌かく乱化学物質だったのです。

エストロゲン様細胞とセルトリ細胞

2020.01.23 | Category: 内分泌

XY染色体を持つ児がオスに性分化するのは妊娠第6週頃です。脳下垂体から分泌された性腺刺激ホルモンがメスの生殖器官であるミュラ一 管を退化させるホルモンを分泌、発生中の胎児の精巣からテストステロンを分泌させ始めオス化を促進します。もしこの時期に過度にエストロゲンにさらされるとオス化のプロセスが狂ってきます。妊娠中の女性は  エストロゲン値が非常に高いのですが、母親のエストロゲンは血液中にある蛋白質、性ホルモン結合性グロプリン(SHBG)と結合しているおかげで胎児は守られています。しかし環境中の化学物質が胎盤を通過して子宮内でエストロゲン様に作用したら、これは男児の正常な性発達をかく乱するに違いありません。ところで近年、欧米で若い世代の精巣がんの増加が報告され問題となっています。精巣の中で、精子の前駆体である「精原細胞」を保護し栄養を与えているのがセルトリ細胞ですが、男児が子宮内にいる時から、その生殖系の発達の全過程をコントロールする重要な細胞です。セルトリ細胞は精巣の下降蒔期に合図を送り、外性器の発育や男らしさに関わるテストステロンを分泌する「ライディッヒ細胞」の働きを制御し、身体が思春期に達する前に精原細胞が発達を開始しないように抑制しています。胎先期にセルトリ細胞がダイオキシンやフタル酸エステル等のエストロゲン様物質に触れると、増殖と働きが阻害され、停留睾丸、尿道下裂、将来的な精巣がん、精子減少等の原因と報告されているのです。

視床下部はホルモンの中枢

2020.01.22 | Category: 内分泌

内分泌ホルモンは身体の各部から分泌されますが重要な物だけでも80種類あると言われています。これらのホルモンは脳にある視床下部の指令によって分泌されています。昔は下垂体からの指令とみなされていましたが、今では身体からの刺激があると、視床下部から下垂体へと指令が行き、それから甲状腺、睾丸、卵巣、膵臓、腎臓などのホルモン分泌器官から分泌されると考えられています。この視床下部から分泌される主なものはTRH(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン)、LHRE(性腺刺激ホルモン放出ホルモン) 、CRH(副皮質刺ホルモン)GRH(成長ホルモン刺激ホルモン)、と各部の腺を刺敵するホルモンを出します。それ以外にも情動や記憶力などに関係し、TRHは脳の側座核に働いてノルアドレナリンを分泌させて、やる気を起こさせます。CRHはストレスに対抗するだけで無く、睡眠や、食欲、性行動を抑制コントロールします。CRHは記憶を司る脳の海馬という器官に多く存在し、記樟カや学習能力に関係してます。このCRHが減少するとアルツハイマーになると言われています。視床下部は身体や心等を調節をするホルモンの中枢で重要な部分です。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒259-1137
神奈川県伊勢原市笠窪383-3

駐車場

5台あり

休診日

水曜日

ご予約について

当院は完全予約制となっております。