- Blog記事一覧

Blog記事一覧

笑いと免疫

2021.06.19 | Category: 免疫

病は気からと言われる様に強いストレスを受けると、そのストレスが視床下部から副腎皮質を剌激してコルチゾールが分泌されます。

このホルモンの作用の一つはNK細胞の活性を低下させて免疫系を抑制する事です。そのストレスが長期間続くと感染症や癌等の病気の原因になるのです。

この強いストレスを少しでも解消する事が免疫力を高める事になります。

その方法の一つに笑いの効用があります。漫才やコメデイ映画を観てお腹を抱える位に大笑いした後は、気分は非常にスッキリします。

この笑いが癌やウィルスを殺すNK細胞の活性を高める事が色々な研究で分かってきました。

笑いは楽しいという心の動きを生じさせ、身体的にリラックスさせます。

また、笑うという身体の動作は、最初筋肉を緊張させ、血圧が上がります。

例えば20秒笑うとこの身体の変化が3~5分間続くのです。

その後笑いが終わると、筋肉が弛緩して、血圧も下がり、呼吸もゆっくりになります。

つまり交感神経の緊張が徐々に鎮まり、副交感神経が働いている状態になります。

この変化は適度に運動した場合と同じでこれがストレスの減少に繋がるのです。

ジョギングした後に脳内にエンドルフィンが出来た状態に近いと言えます。

エンドルフィンはNK細胞やT細胞の機能を高め、免疫系を賦活させる方向に働きます。

つまり笑う事でエンドルフィンを出して、免疫を高める事が出来るのです。

老化と免疫

2021.06.19 | Category: 免疫

免疫には自然免疫と獲得免疫があります。リンパ球が主体になる獲得免疫系の免疫力は、20歳前後でピークに達して加齢と共に低下します。

免疫の主役でもあるT細胞は骨髄で作られた後、胸腺で体に入って来た異物を、自己、非自己と認識出来る能力を教えられます。

胸腺は10歳前後から縮小し始めて、60代では最大重量だった時の約40%、90代では10%以下になります。胸腺の縮小と共にT細胞に依存している免疫機能は落ちてきます。

機能の低下は縮小率ほど激しくは無いのですが、自己、非自己の識別能力が弱くなります。

T細胞からの情報でB細胞は抗体を作り体外から侵入して来た敵を即座に攻撃します。

人間は年を取るに連れて、様々な細菌と出合うので、B細胞の作る抗体は多くなっていますが、老化の為にT細胞の識別能力が低下し、その為に免疫システム全体が低下するのです。

その結果、抗体が自己を攻撃して、自己免疫疾患が発症しやすくなったり、癌細胞への攻撃力が低下して癌発生率が高くなると考えられています。

また老化で自然免疫のマクロファージやNK細胞の働きが低下すると、若い人には無害な、常在細菌が悪さをして病気になってしまう事もあります。

老人の死因で多いのが肺炎ですが、風邪等で弱った体に、普段は何とも無い細菌が感染して肺炎になってしまう日和見感染と言うケースが多くなるので、注意が必要になって来ます。

精神と免疫

2021.06.19 | Category: 免疫

病は気からという言葉がある様に、気分や気持ちの状態と病気に因果関係がある事は誰もが気付いていました。

ヨーロッパの症例でバラ風邪(花粉アレルギー)の患者さんに造花のバラを見せたところ激しい咳と鼻汁が出て鼻腔は狭窄し、軽い呼吸困難の状態に陥りました。

あるいは逆に、偽薬により病状や症状を改善するプラセーボ効果の実験症例も数多く報告されています。

いずれの場合も物質的な反応に(例えばアレルギーなら抗原抗体反応)何らかの精神的な修飾が介在していると予測できます。

つまり、情動や精神の動きが身体的な反応を呼び起こしたのではないかと言う事です。

バラ風邪の様なアレルギー反応を起こす粘膜組織中のマスト細胞には、交感神経系のノルアドレナリンと副交感神経系のアセチルコリンのレセプターがあります。

医師からバラを見せられて、患者さんは情動的なショックにより自律神経に興奮が起こり、マスト細胞の顆粒に蓄えられたヒスタミンやプロテアーゼ等の炎症性化学物質の放出に影響を与えたとも推論する事が出来ます。

更に、もう一つ考えられるのは「暗示」効果です。暗示による精神の変化は、知覚、観念や意図、信念、行為ばかりでなく身体反応にも及ぶ事が実験で確かめられています。

何度もバラ風邪を引いた患者さんは、バラの花を見る事が暗示刺激になりマスト細胞から炎症性化学物質が放出されたとも考えられるのです。

精神と免疫の関係はまだまだ未知な所も沢山ありますが、我々の治療においても、重要なポイントである事は間違いありません。

免疫記憶の更新

2021.06.19 | Category: 免疫

一度罹れば二度同じ病気には罹らない、これが「免疫」の典型的な現象です。

さて二度罹ら無いと言う事は免疫系が特定の病原菌やウイルスを覚えていると言う事です。

ある病原体が体内に侵入すると、マクロファージやNK細胞等が活躍し、B細胞は抗体を作り始めます。

2度目に同じ病原体が侵入してきた時には、B細胞が素早く抗体を大量生産しキラーT細胞も作られて、発病する前に退治してしまいます。

一度作られた抗体は体内にいつまでも残っている訳では無く、他の蛋白質と同様にやがて分解され代謝されて行きます。

つまりB細胞やT細胞の部がメモリー細胞として数ケ月以上の寿命を持ち、特定の病原体を記憶する様になるのです。

しかし例えば麻疹の免疫記憶は数年、普通の風邪ならせいぜい一年程度しか記憶は維持されません。

麻疹のメモリー細胞が数年しか寿命が無いのに、なぜ二度と麻疹に罹ら無いかと言えば、それは免疫記憶が更新されるからです。

社会生活の中で近所の子供等から麻疹ウイルスの抗原刺激を受けると、その度に抗体やキラーT細胞が作り出され、メモリー細胞は新たに産生されます。

あたかも運転免許証の書き替えの様に、有効期限内に更新するのです。

ところが近年、子供の時に麻疹を経験していても、自分の子供が麻疹に罹った時に一緒に罹る親が出て来ました。

少子化や核家族化によって、免疫記憶の更新を受ける機会が減った事が原因だと考えられています。

腸の免疫

2021.06.19 | Category: 免疫

体を守る免疫系の中でも消化管の免疫系は複雑で、大切な役割を持っています。食べ物は口から入って消化されて吸収されますが、食べ物と一緒に色々な病原菌や微生物が入って来ます。

特に栄養が吸収される小腸では免疫器官が密集していて、人体最大の免疫器官と言える程です。

小腸の粘膜の下にはパイエル板というリンパ節が密集し、病原菌等が入って来るとパイエル板は免疫グロブリンAを作って排除します。

腸での抗原抗体反応はこのグロブリンAが中心です。

そのパイエル板の下には更に腸管膜リンパ節が発達してリンパ球やマクロファージがスタンバイしています。

B細胞の70~80%は小腸付近にしていると言われています。

さて腸管は病原菌を侵入させない様にしなければならないのですが、そもそも食べ物自体が体にとっては異物なのですから、腸は良い物と悪い物を巧妙に分別しなければなりません。

その為には経口免疫寛容という、良い異物(栄養となる物)に対しての免疫抑制や免疫不応答の働きによって絶妙なバランスも取っているのです。

このバランスが崩れて免疫グロブリンEの産生を押さえる事が出来ないと食物アレルギーになると考えられます。

これら小腸の免疫は腸管内の酸性度や腸内フローラの状態、嬬動運動によっても維持されているのは言うまでもありません。

ビフィズス菌や乳酸菌等一部の腸内細菌は免疫賦活作用を持つと考えられています。腸を良好に保つ事、それが免疫強化に繋がるのです。

当院のスケジュール