-坐骨神経痛 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院

坐骨神経痛

腰痛と一緒に起こるのは坐骨神経痛です。鶴巻温泉治療院での問診をしますと同時に起きている比率がとても多いといえます。ですので腰痛専門院である鶴巻温泉治療院の大多数の患者様は坐骨神経痛持ちでもあります。

最初から坐骨神経痛ではなく、しばらく腰痛を放置していたり、強く痛い時だけ湿布や坐骨神経痛部分のマッサージ等をして対処療法的にしていたり、腰痛原因を考えないで痛みに対しての対応をするケースが大半です。

一時的な痛みを軽減する事をしているので坐骨神経痛やってはいけないことをしていたり坐骨神経痛治療では無く坐骨神経痛早く治す方法を考えて生活していますから坐骨神経痛が腰痛の根本原因を考えない為何年かに一度ぎっくり腰や強い腰痛が周期的に起きます。

周期的に激しい痛みが起きても収まれば楽になるので腰痛を放置して腰痛原因をそのままにして坐骨神経痛への道に一直線に向かっていくのです。

そもそも坐骨神経痛とは何でしょう。

坐骨神経以外に足に痛みやしびれが起きている人はお尻からふとももにきてふくらはぎに症状が出るケースとお尻から横に行って太腿の横に痛みやしびれがきて横側が足先までしびれがきているケースと太腿までは後ろで膝から横にきているケースとがあります。更にこれの組み合わせもあります。

これらの事が脊椎の問題・筋膜・筋肉・を何も考えないで坐骨神経痛ストレッチ・腰痛ストレッチと検索してYouTube動画を参考にして改善しないのはもちろん腰痛ストレッチは根本原因を分かっていないで行って長期的には悪くさせてしまっているのです。

骨盤の後傾の人もいれば過前湾の人もいます。それを同じ腰痛ストレッチするのは悪くさせます。

坐骨神経痛やってはいけないことはまずは腰痛の整形外科的な知識のひたすら吸収をして解剖、病理、生理学的な知識を得る事です。例えば漢方薬を市販で買えますが薬局や薬店で「腰痛に良く効く漢方薬ください~」といっても効果ありません。

漢方薬で一番難しいのは選薬です。自分に合った漢方薬を選別するだけの知識が必要なのです。

筋トレでも同じでしょう。べつにライザップで何十万も払ってコーチングを受けないで市民センターでトレーニングをしても同じ事をしているのですが、自己流は知識が無いのでそもそもトレーニングの仕方もわからなければ間違ったトレーニングで一向に筋肉が付かないとか関節や筋肉を傷めてしまったりします。

患者さんで市民センターのトレーニングで良い体格の方も一人だけいます。知識があればライザップとまったく同じですので可能ではあります。トレーニングの知識がインストラクターと同等か近いレベルであれば、可能かもしれません。

その場合トレーニングで補助の有無は大きいのですが・・・

私が昔ハワイのゴールドジムでのトレーニングをしに行った時の話です。かなりの巨漢の男が補助を付けてベンチプレスをしていましたが、come on come onと大声で補助をいれて上げる男はgoと200キロ以上あろうバーがしなったウエイトをgoと気合で持ち上げていました。凄い一シーンの場面ですが、勝手にやっていたらすぐに体は破壊されてしまうでしょう。

自分が坐骨神経痛であるのなら自分の大切な体をいい加減な知識で素人療法をしてよいでしょうか?友達が楽になったとかの聞き伝手やネットからの知識が合うでしょうか?股関節の可動域すらも違い病名も違い病理も違い何から何まで違います。

同じ身長職業年齢病歴の長さ骨格姿勢何から何まで違います。そこで一番重要なのが○○です。!!

そう『検査』です。

検査をして同じ人はまず存在しません。共通項や分類がありますが、ブレ崩れ方は全員違います。一番大切なのは『検査』をして経過を経ての『検査』です。痛みは基準ではありません。

多くの場合安静にしていて負荷や荷重や仕事の抑制をした場合痛みは軽減します。これらを行った為に痛みが激増したり大きく患部を悪化させるという事は一般論ではありません。医療機関で『なるべく安静にしてください』と湿布と痛み止めを渡されて痛みが軽減したとしても、これは治ったといえるでしょうか?

また安静から通常の生活で痛みが戻ります。これは根本原因に何一つ手を加えていないからです。

鶴巻温泉治療院では定期的な検査を行っています。主観的な作業は一切なくすべてはデターとして信頼性があるものです。

 

ぜひ坐骨神経痛プログラムをしっかりと受けて頂きたいです。

計画治療の中で多彩なオリジナルストレッチ、オリジナルの坐骨神経痛の鍼治療や、坐骨神経痛に効く漢方薬等の手駒が豊富な治療です。

坐骨神経痛は椎間板が後方に突出するヘルニアに多く出現しますが、整形外科ではハムストリングス筋のストレッチ程度の指導しかしません。
それでは絶対に坐骨神経痛は改善しません。

まして大腿後面の坐骨神経でしたらまだ、その方法でも時間をかければ改善するかもしれませんが、私の所に来る多くの患者さんは腸脛靭帯、大腿筋膜張筋の強い痺れ、灼熱感、強い痛み等、もっと内側の大腿部内転筋のしびれで膝に力が入らない等の下肢症状であり、ストレッチ運動ができない部位です。
そういった部位の整形外科ではなんら対応法を持たずに痛み止めだけに頼っているのです。

痛み止めのお話ですが、その名の通り痛みには有効なケースもありますが(私は有害と思ってますが)足のしびれには痛み止めは効果がでません。
つまり痺れ止めはないのです。気休めにメチコバール錠(ビタミンB12)を出したりしますが、医者はビタミン剤でしびれが消えると思っているのでしょうか?私の知りえる患者さんでビタミンBで治った人などいません。

こんな時にはアナトミートレインは有効です。最近は一部の医者でFasdiaリリースとして超音波エコーを見ながら注射器で滑走不全を起こしている筋膜に生理食塩水を隙間に流す疼痛治療を行っていますが、坐骨神経痛に対する筋膜リリースがいかに有効かを医者側が証明してくれるので歓迎します。

おお元の原因は脊椎の歪みを発端として神経、筋肉、筋膜の過緊張が起こっています。歪みの原因を直す事でそれらの症状が改善します。

座骨神経はかなり太く画像で太ももと神経の割合を見てください。かなり太いのが分かります。座骨神経は治療としては経路が明確なので施術としては予後も良いのですが(その原因となる病名による)その他の部分はより複雑化して説明を必要としますので来院して説明をお聞きください。

当院で実際に根本原因である場所を直して多くの方のように改善されてください。


当院のスケジュール