- Blog記事一覧 -3月, 2021 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

3月, 2021 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

虫垂と消化管免疫

2021.03.31 | Category:

俗に「盲腸」と呼ばれ、身体の中であってもなくてもいいものの代名詞のように扱われてきたのが虫垂です。

大腸起始部の盲腸先端に長さ6.5~8センチ、直径0.5~1.5センチのイモ虫のようにくっついていて、どんな働きをするのか最近までよく分かっていませんでした。

この虫垂はしばしば炎症を起こしますが、原因はウイルス感染・異物や便の混入・糞石や結石による圧迫等です。

虫垂炎が悪化すると組織が壊死して虫垂に穴があき腹膜炎になって、昔は発見の遅れ等から死亡率が非常に高い疾患でした。

昭和30年代以降、少しでも虫垂炎の疑いがあれば「手遅れになると恐い」ということで安易に手術をする風潮が蔓延していました。

この結果、日本人は過去に「盲腸」の手術をした事のある人は5人に1人、欧米先進諸国の数倍に昇っています。

ところで虫垂の解剖学的な構造を調べてみると、虫垂はリンパ組織が非常に発達していて、その点でノドの扁桃腺に似ているため「腹部の扁桃腺」と言われるほどです。

扁桃腺は幼児で発達していて、病原体の侵入に感受性が高くてよく炎症を起こします。

大腸起始部の虫垂のリンパ組織も若年者で非常によく発達して炎症を起こしやすく、虫垂炎の好発年齢は10代後半から20代前半です。

虫垂のリンパ組織は、パイエル板という小腸の粘膜下にあって消化管免疫を司るリンパ組織によく似た組織で、免疫グロブリンをつくるB細胞も多数存在しています。

近年の大腸がん等のがん患者の増加は、生体の免疫能に関わる虫垂がやたらと切られてきたツケではないかとみる病理学者もいるほどです。

大腸とストレス

2021.03.30 | Category:

ストレスが消化管に影響を与える事は経験的にもよく分かります。

ストレスが胃や十二指腸に潰瘍を作ったり、不安や抑うつな気分が下痢や便秘にさせるという事もよく経験する事です。

一般にストレスがかかると大腸の内圧が高まって、大腸の運動が亢進します。

ストレスといっても不安や緊張では下痢になり、抑うつや恐怖の感情では便秘になります。

もちろんこの場合の便秘は弛緩性の便秘ではなく、痙撃性の便秘ですから共に大腸の動きが亢進しているという事では表裏の関係といえるでしょう。

最近増えている過敏性腸症候群は、2:3で女性に多いものですが、男性では下痢型、女性では便秘型になる傾向があります。

最も過敏性腸症候群の症状を持つ人は健常者の中でも2割前後はいるとみなされています。

しかし実際に病院を訪れる人は不安感やうつ状態などの精神症状が強く、ストレスに影響されやすく、腹部の症状を強く訴えます。

この疾患の患者さんには腹痛や排便の異常に加えて、食道や胃、胆嚢などの機能異常がみられる事が多いようです。

更に腸の症状だけでなく頭痛、疲れやすさ、月経異常、頻尿など他の全身症状も訴えることが多いのです。

過敏性腸症候群は心身症と考えて治療に向かう事が適当でしょう。

便意はなぜ起こる

2021.03.29 | Category:

通常、我々の食べた物が腸管のどの辺を通過しているのか、内臓感覚としては分かりません。

ただ、腸管内の圧が腹痛や不快感を感じさせるほど異常になればこの辺に何かがあるという事は感じます。

大腸でも糞便は「の」宇で動いて行きますが、どのあたりに便があるのかよほど鋭い感覚をもっている人で無い限り分かりません。

ところで、最終的には便が直腸まで下りて来れば便意を感じますが、そのプロセスは次の食べ物が胃の中に入ってくるところから始まります。

食べ物が入る事で胃が刺激されると大腸に信号が送られます。

すると、その信号により横行結腸からS状結腸にかけて強い嬬動運動が促されます。それによって便は直腸に送り出されるのです。

これを「胃・結腸反射」といいます。

そして便が直腸に溜まると直腸の内圧が高まって直腸の終わりの歯状線の傍にある知覚神経が刺激されて大脳に伝わり、これが便意になるのです。

しかし、便意を感じても我慢できるのは、大脳が排便を命令しなれば、肛門括約筋を収縮し続ける事ができるからです。

ところで慢性便秘の中にはこの直腸から大脳への信号が届き難くなる直腸性便秘があります。

この便秘は、便意をいつも我慢する習慣によって起こり、特に若い人に増えています。

その大きな原因は朝食抜きの習慣で、朝の胃・結腸反射の機会を失い、便意を感じる1日で最も出やすい朝の排便習慣のチャンスを失うからです。

インスリンが動脈硬化を起す

2021.03.28 | Category: 糖尿病

インスリンはブドウ糖を筋肉細胞に取り込ませる作用だけで無く、肝臓でHDL(善玉)コレステロールを分解し、VLDL(悪玉)コレステロールを増やす作用、及びVLDLコレステロールを分解する酵素であるリポタンパクリパーゼの活性を高める働きがあります。

1型の糖尿病患者を除く糖尿病患者の血液中のインスリン濃度は高く、高インスリン血症と報告されています。

この高インスリン血症の状態が長く続くとVLDLコレステロールが増加して、リポタンパクリパーゼの活性も低下します。

結果的に高脂血症や低HDLコレステロール血症の発症に繋がります。

これは動脈硬化性疾患の起こりやすい状態で心臓病、脳血管障害と言った合併症に注意が必要になってきます。

更に腎臓でのNaの再吸収が高まり、交感神経系の緊張が起きて高血圧症が発症します。

ですから、インスリンの濃度が高い状態は糖尿病、高脂血症、高血圧と言った全身症状を引き起こし、更に内臓肥満であれば「死の四重奏」という、大変危険な状態になります。

予防には、高脂肪食の食生活を改め、適度な運動をする等してインスリンの濃度を下げる生活習慣にするしかありません。

運動の効用

2021.03.27 | Category: 糖尿病

インスリンが足りなければより有効に働かせなければなりません。

しかし糖尿病および糖尿病予備軍ではインスリン抵抗性も高まっているので働きが悪く、これをいかに改善するかがポイントになります。

糖尿病の治療にとって、運動は食事療法と共に車の両輪です。

極端な食事療法だけで肥満を解消しても体脂肪そのものは減少し難く、脂肪が減らなければインスリン抵抗性も改善し難いのです。

脂肪は単なるエネルギーの貯蔵庫ではなく、インスリン抵抗性を強めるサイトカイン等を分泌させる臓器でもあり、脂肪細胞の数は変わらなくても太った脂肪細胞を細らせればインスリン抵抗性が改善されます。

その運動は無酸素運動では血中の乳酸が蓄積して脂肪の分解が抑えられるのでウォーキングなどの有酸素運動が適しています。

1日の歩数とインスリン抵抗性の改善度は正の関係にあります。

ダンベル等のレジスタンス運動も負荷を軽くして有酸素運動的にすればOKです。運動強度は中以下が良く、軽くても激しくてもインスリン抵抗性の面からいえば効果は変わりません。

また運動効果は3日以内で低下、1週間で無くなりますから1回10~60分を週3~5回というのが無理なく妥当といえます。

特別に運動の時間が取れない忙しい人では日常生活の動きを活動的にし、とにかく歩数を稼ぐ事だけは心がける事です。

ただし1型糖尿病の人、合併症のある人には運動療法は薦められません。

また既に糖尿病薬を飲んでいる人は低血糖の危険性が伴うので、細心の注意が必要です。

当院のスケジュール