- Blog記事一覧 -8月, 2020 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉整体院の記事一覧

8月, 2020 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉整体院の記事一覧

副交感神経の興奮

2020.08.31 | Category: 自律神経

動物実験で明らかにされた興味深い報告かあります。

ラットを自由に動ける状態で電気ショックを与えると交感神経系が亢進します。

しかし、そのラットを拘束して同じ刺激を与えると、副交感神経の興奮を示す徐脈が現れたのです。

この結果から、「闘争か逃走」の選択が出来る内は、交感神経が優位に興奮するのですが、拘束されて戦う事も逃げる事も出来ない絶望的な状態になると副交感神経が優位になるのです。

人の場合も、実験的に暴力的な映像や臨終や交通事故の映像を見せられると副交感神経が興奮して心拍数が減少したと言う報告があります。

また痛みを感じたり、痛みを予感するだけで副交感神経の更新が起こる事があります。

つまり強い心理的ストレスや耐えがたい痛みを受けると心拍数の減少や不整脈が現れるのです。

更に副交感神経の持続的な興奮は、血圧の低下、排便・排尿、消化管運動の亢進、消化液の分泌亢進、喘息発作等も起こします。

過剰なストレスは不安や絶望感などの情動反応を引き起こすばかりで無く、身体の恒常性が乱れ、その不快さからよりひどい情動反応を引き起こす悪循環に嵌る可能性があるのです。

痔の原因

2020.08.30 | Category: 消化器

肛門の病気で誰にでも出来やすいのが痔核、一般にイボ痔と言われ成人の50%は痔核とも言われています。

原因は今まで直腸や肛門の静脈叢が鬱血してコブを作り、それが固定化した物と言われてきましたが、最近はクッション説が主流になっています。

肛門は便が漏れない様に内括約筋、外括約筋のニ重構造になっています。

その内括約筋の内側の粘膜下部分は柔らかいクッションの様な役目をします。

丁度水道では固い蛇口の間に柔らかいゴムで出来たパッキンを挟んで水漏れを防いでいる様に、その構造と同じ様になっているのです。

しかし、排便で習慣でいきんでいるとこのクッションを支えている組織が段々と弱くなって来るのです。

その為にクッションが断裂したり、膨らんだ部分が便でこすれて出血したりと肛門の外にクッションの部分が脱出するのです。これを痔核というのです。

このクッションの部分は誰にでもあり、痔の元は全ての人が持っている訳です。

痔核にならない為には生活習慣が大切で、食物繊維を多く含む物を食べて便秘を防ぐ、排便の仕方も20~30分もトイレで頑張らないで、3分いきんで便が出ない場合は次に回します。

便が残った様な感覚があるのは緩んで大きくなったクッションが肛門を剌激しているのです。

眼の老化

2020.08.29 | Category:

身体の各所が老化して行くのと同じく、眼も歳を取ります。

眼は近くを見ようとすると輪状の毛様体が緊張して輪が小さくなり、それに繋がるチン小体が緩んだ結果、水晶体が自らの弾力で膨らみ、それにより近くの物にも焦点が合います。

それが老化すると水晶体が徐々に硬くなり、弾力を失って膨らま無くなります。

水晶体が最大に膨らんだ時、ピントが合う一香近い点を近点といい、これは10歳の時8cm位で、20歳で10cm、30歳で14cm、40歳で20cmと遠ざかり、50歳前後から一挙に50cmに遠ざかってしまいます。

この近点より近くの物にはピントが合わなくなり老眼鏡の使用になります。

水晶体が膨らまない分、凸レンズで補えば良いのです。

近視だった人が老眼になった時は、本を読む時に近視用眼鏡を外さないと良く見えません。

しかし良く見えた人や遠視だった人が老眼になった場合は、遠くの物を見る時には何も掛け無くても良いのに近くの物を見る時には老眼鏡が必要になります。

40代になって、新聞や本を読んだ後に眼が疲れると感じたなら、眼の老化が進んで来たというサインです。

痛風

2020.08.28 | Category: 生活習慣病

痛風と言えば「贅沢病」と一般に呼ばれています。

「尿酸」が体内で飽和状態になると痛風発作を引き起こしますが、昔は尿酸値を上げる原因が食事である事しか分からなかった為でビールや肉の摂りすぎが原因というのは誤解です。

以前は会社の役員等に多くて「贅沢病」「帝王病」と言われましたが、その観念にとらわれていると「美食や酒を控えれば治る」等と考えて治療時期を逃しかねません。

尿酸は体内で物質が分解された後に出来る老廃物で、食事よりも体内で生産される尿酸の方がはるかに多いのです。

体内合成が80%食品からは20%に過ぎません。

人間が活動するエネルギーが作り出される時には尿酸が生まれ、ストレスの多い生活をする人ほど尿酸を多く排出します。

スポーツでも有酸素運動なら問題ありませんが、筋肉トレーニング等の様な無酸素運動をすると一気に尿酸値も上がります。

痛風になりやすい人と言うのは、仕事も遊びもパワフルにこなす人が多く、心筋梗塞等の虚血性心疾患に多いタイプAの性格の人が、痛風患者にもまた多いのです。

痛風患者の98.5%が男性で、女性は同じ生活をしても痛風になりません。

これは尿酸の排泄を促す女性ホルモンと関係していて、閉経後は尿酸値は多少高くなりますが、それでも本当の痛風は女性ではごく僅かなのです。

治療には体内で尿酸の合成を抑える薬等を用い、食事や酒は控えめに、代わりに水分を充分に。精神的ストレスを解消する事です。

風邪からうつ病に

2020.08.27 | Category: メンタル

風邪やインフルエンザに罹ると局所症状と共に、全身症状ある発熱、食欲不振、倦怠感、睡眠誘発等出てきます。

この様な全身症状が現れるのは、リンバ球が細胞外に放出するサイトカイン系の物質が情報伝達物質として脳に信号を送り、免疫反応を起こす為だと分かってきました。

このサイトカインと言えば、インターロイキン、インターフェロン等がありますが、これらの作用に、発熱、食欲抑制、睡眠誘発、痛覚増強等があり、更に副腎皮質刺激ホルモンの分泌促進、成長ホルモンの促進、甲状腺刺激ホルモンの分泌抑制等神経分泌系への作用が実に多彩です。

風邪等の症状はサイトカインによりこの様な生体防衛が作動している為に起こるのです。

ところで、鬱病にはメンタルストレスがきっかけで発症しますが、甲状腺機能障害や内分泌疾患、ビタミンB12欠乏、季節性、脳血管障害などが関与している事も多々あります。

また、鬱病には脳の神経伝達物質であるノルアドレナリンやセロトニンなどが関与している事が分かっていますが、これらの伝達物質にインターフェロンやその他のサイトカインが作用することが明らかにされています。

ですから風邪やインフルエンザをきっかけに鬱病になったり、より悪くなる事は不思議では無いのです。

慢性肝炎の治療薬としてインターフェロンが特効薬として脚光を浴びたのですが、副作用として一部の方が鬱病状態になり自殺者が出る等一時期問題になったのもこの作用の為だったのです。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒259-1137
神奈川県伊勢原市笠窪383-3

駐車場

5台あり

休診日

水曜日

ご予約について

当院は完全予約制となっております。