- Blog記事一覧 -7月, 2020 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉整体院の記事一覧

7月, 2020 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉整体院の記事一覧

大腸がんと食物繊維

2020.07.31 | Category: がん

食生活が高脂肪食になるにしたがい、大腸がんが増加傾向に転じています。

高脂肪の食事をすると、脂肪を分解する為に胆のうから胆汁が出ます。

胆汁酸の大部分は小腸から再吸収されますが、約10 %は大腸に行き、そこで悪玉腸内細菌が作用してがん促進物質に変貌させ、大腸の粘膜を刺敵するのです。

脂肪の多い食事をするとそれだけ胆汁が多く出て、大腸に行く胆汁も多くなるのです。

その予防には食物繊維を多くとる事です。

食物繊維とは人間の消化酵素では消化されない多糖体の事で、野菜や豆類に含まれるセルロース、ヘミセルロース、リグニ ン、果物ではペクチン、海藻類に多いアルギン酸などがあります。

水分を吸収して便を柔らかくし便通を良くする働きがあります。

また食物繊維の多い食事はおおむね脂肪も少ない事と便通を整えるので便が大腸に滞留する時間を短くさせる事でがん物質の働きを無くす事ができます。

また食物繊維は善玉腸内細菌のビフィズス菌や乳酸菌のエサとなり、その菌を増やします。

その菌は腸内の代謝改善、胆汁酸の分解を高めます。肉類などの脂肪を好む人は食べ合わせに食物繊維を必ず摂るようしてください。

p53遺伝子

2020.07.30 | Category: がん

がんを分子レベルでみると、複数の遺伝子の変異が体細胞に起こり、その結果として細胞の増殖制御が効か無くなる遺伝子疾患、という事ができます。

その遺伝子の中でもp53が注目されています。このp53は1979年にDNA腫瘍ウィルスの蛋白質と結舎する細胞内蛋白質として発見されました

80年代には人のがん細胞にp53遺伝子がある17番染色体短腕が高頻度で欠落している事が見つかりました。

更に、その後がん細胞を増殖させるp53遺伝子は変異していて、正常型は逆に細胞増殖を抑制する機能がある事も分かったのです。

最近、このp53遺伝子が転写制御因子として多くの標的遺伝子の発現制御を行っている事が明らかにされています。

更に、この異常によりがんの悪性度、抗がん剤、放射線治療抵抗性、転移、血管新生結にも関わっている可能性があると見られてきました。

分子レベルでがんの予後が分かり、変異が高頻度のがんは悪く、放射線や化学療法に対する効き目が低く、変異の少ないがんは逆に効果が高い事が明らかになりました。

がんの診断や遺伝子治療の分野でこのp53伝子の更なる解明により、飛躍的な発展の可能性が出てきています。

微弱直流の威力

2020.07.29 | Category: がん

我々の治療法にも,微弱電流を流すハリ通電や低周波治療等がありますが、がんの治療にもこの通電治療があります。

話しは結構古くスウェーデンの医師が35年前に最初に試みました,

腫瘍の中心部位に直接、一本の白金のハリの電極を差し込み、他の一本は腫瘍近くにいれ・数ミリアンぺアという微弱な電流を流すというものでした。

肺の転移性悪性腫瘍と肺がんに試みています。ハリの本場の中国でも89年に導入されて患者さんを治療しています。当時中国ではその成果は完全消失も含めて、7O%以上の有効率を示したと誇張して報告しています。

日本では、90年代に名古屋大学医学部の伊藤医師によりラットによる動物実験がおこなわれて、16匹中は13匹で腫瘍が消失、縮小した報告があります。

通電するとなぜがん化した細胞だけが消失したり縮小したりするのか科学学的根拠は明らかではありませんが、通電によって正常細胞の成長を早めたり遅らせたりできる事が1950年代から分かっていました。

またがん細胞に通電するとアポトーシス(細胞の自殺メカニズム)が動作することが実験では明らかになっています。我々の治療とも深く関わりのある微弱電流ががん治療の分野でも利用されているのです。

活性酸素とがん

2020.07.28 | Category: がん

体内ではエネルギ一代謝の過程で活性酸素が発生しますが、この物質はたいへん活性の高い物質です。

体内に細菌などが侵入してくると白血球がこの活性酸素を放出し、その侵入者を溶かして身体を正常に保つ生体防御システムがあります。

この活性酸素はタバコ、放射緯、紫外線、化学物質、ストレスなど環境因子によっても発生します。

身体の中で殺菌的に働きますが、その因子が継続的に続く事によって活性酸素が過剰に作られると、DNA、核酸、蛋白賈、脂質などを破壊し人体に害を与える事でがん発生に深く関与していきます。

ですから、この活性酸素を無毒化する抗酸化作用の働きががんの予防には重要なわけです。スーバーオキサイド, ディスムターゼSOD、カタラーゼの高分子抗酸化物、カロチシ、VC・VE,フラボノイドといった低分子抗酸化物があります。

この中で-番強力な抗酸化物はSODですが、年齢と共に出る量が減る事から、高齢者にがんが多いのはこの為で、寿命を伸ばすにはSODの量を多くする事が重要なわけです。

しかし、早期老化症の一つであるダウン症候群のSODの油性化は正常の人の1.5倍と高いとか、活性酸素を無害にすると言われているのに、SODが反応性の高い油性酸素であるヒドロキシラジカルを形成するという報告もあり、過剰摂取にも問題がある様です。

がんの予後と性格

2020.07.27 | Category: がん

がんになりやすいかどうかは、性格がかなり影響しているという考えはこれまでにもよく指摘されてきましたが、がんを発症して何らかの治療をした後の生存率と性格との関係についての研究はあまりありませんでした。

神奈川県立がんセンターの岡本臨床主任研究員らとQOL(生活の質研究会が、喉頭がん頭頚部がんの患者96人に 対し、入院時に質問紙エゴグラムで性格を判定し、9つのタイブ別に患者の生存率を調べました。

その結果、責任感は強く几帳面だが自己中心的で思いやりに欠けるタイプ7と、過保護で自己主張が弱く冗談や遊びが下手なタイプ8の患者は生存率の低下が早かったそうです。

さらに進行がんの患者57人をタイプ別に調べてみると、タイプ7と8のほとんどが2年以内に、他のタイプは半分が4年間生存しました。

特に、わがままだがあけつひろげで自分の意見を医者や看護婦によく伝える気楽な性格の患者では、5年間の生存率が80%近くになり、やや神経質で悩み事を抱えやすい患者の生存率は中間でした,

がん患者は不安や悩みをため込まずにどんどん医師や看護婦に話し、ストレスを解消してリラックスした方が良く、その後のQOLにも格段に差が出るようです。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒259-1137
神奈川県伊勢原市笠窪383-3

駐車場

5台あり

休診日

水曜日

ご予約について

当院は完全予約制となっております。