- Blog記事一覧 -1月, 2020 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉整体院の記事一覧

1月, 2020 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉整体院の記事一覧

ダイオキシン

2020.01.31 | Category: 内分泌

当初ダイオキシンは胸腺や脾臓の萎縮、肝臓障害、催奇形性や発癌性などの猛毒性で注目されました。しかし最近大きな問題となっているのは内分泌かく乱物質としてのホルモン様働きで、今やダイオキシンは代表的な環境ホルモンと言えます。環境ホルモンと言えばエストロゲンの様な働きをする化学物質だとする認識が一般的ですが、ダイオキシンはエストロゲン様の作用をする物質ではありません。むしろ女性ホルモンを阻害する方向に作用します。つまりダイオキシンは身体由来の女桂ホルモンを代謝して体外に排泄させやすくしたり、女性ホルモンの受容体を減らす事で、正常な女性ホルモンが十分に働か無くさせるのです。その為女性で卵巣機能が減退したり、子宮内膜症を引き起こしたりします。男性の場合、男性ホルモンを合成させるのは下垂体から分泌される女性ホルモンの一種なのですが、ダイオキシンはそれらの女性ホルモンの分泌を抑えるため男性ホルモンも作られず、結果的に女性ホルモンに似た作用をしてしまっのだと考えられます。また甲状腺ホルモン濃度にも影響を与え、成長遅滞、知能指数の低下、ペニスの短小化などが起こる事が確認されています。ダイオキシンのホルモン様作用はまだ分からない事が多いのですが、下垂体に影響を与える事が分かっており、つまりは性ホルモンや甲状ホルモンだけで無くホルモン全体を撹乱する事が考えられます。

精子数減少

2020.01.30 | Category: 内分泌

若い男性の精子の数が半減しているらしいという報告は、環境ホルモンをにわかにクローズアップさせました。最初はそんな事は有り得ないという反論もありましたが、世界各地での研究の結果、精子数の減少は事実である事が追認された様です。ヒトの場合1㏄当り1億個はあった精子数がこの50年で半減しており、日本の若い男性の椅子数の平均値は6000万個位で、減少の度合いは今でも続ていると言います。1992年デンマークのスカベクのデータでは40代の精子数7800万個から20代4580万個で20年間の年齢差で3220万個に減少しているそうです。2000万個を下回ると不妊という事ですから、この数は段々と危険水域に近づいていますが辛うじて能力が保たれる数字と言えます。しかも異常な精子の割合が急増している事も確認されています。異常な精子とは、頭が2つ有る物、頭が無い物、直進出来ない物、元気が無い物等でこれらの精子では妊娠能力が無く、妊娠したとしても正常に発育する事が出来ません。こうした椅子の異常の原因はタバコや酒、化学汚染物質、更に生活習慣の激変による物だとする見方がありますが、だとすると高年齢層でも精子やその数に異常が見られる筈です。こうした現象は若年になるほど顕著で、最近では原因は妊娠中の発育状態にあると考えられています。動物実験でも妊娠中にエストロゲンレベルが高くなると成長した後に精子数が減少するという結果が出ており、エストロゲン様に働く外因性の化学物質が影響している事は疑えない様です。

脳と腸は直結している

2020.01.28 | Category: 内分泌

脳と消化管両方に共通するホルモンをブレイン・ガット・ホルモン(腸脳ホルモン)と言います。このホルモンは内臓の働きを調節し、更に脳内に存在し神経伝達物質と共に、食欲や睡眠、不安や焦燥などの情動や、記憶、学習能力を司るなどの働きをしている事が分かって来ました。今分かっている所では、血管作動性小腸ペプチド(VIP) 、コレシストキニン、セロトニン、モチリン等があります。VIPの働きは腸内で消化管の毛細血管を拡張させます。脳内でも同じ様な働きをし、血の巡りを良くし、神経細胞が活性化し大脳の働きを良くするのです。このVIPをネズミの脳に注射すると喜びのホルモンであるドパーミンが分泌された時と同じ様に興奮して活発に動き回るのです。またコシシストキニンは注射すると不安感や恐怖感が出ると言う研究報告があります。「腹をたてる」「腹をすえてかかれ」という言葉を何気なく使っていますが、おなかの状態と大脳は関連がある事がこのホルモンの発見で分かってきました。 緊張が続いている時に身体の力を抜いて腹式呼吸をしたり、おなかをマッサージするとリラックス出来るのはこのホルモンが分泌されるからでしょう。

メラトニン

2020.01.27 | Category: 内分泌

合成ホルモンにメラトニンがあります。強い抗酸化作用、血管脳関門通過、催眠作用、時差ボケの特効薬、ガン、免疫疾悪  、欝病等効く万能薬の様に宣伝されています。狂牛病の事もあり牛からの抽出では無く合成薬が殆どです。メラトニンに関しての効果は十分解明されていませし、軽い睡眠効果があると推察されている程度なのてす。このメラトニンは脳にある松果体から分泌されるホルモンですが、体内時計の周期に伴いその分泌量を変化させています。昼間の濃度の濃度は低く、夜になるとその濃度は高くなり体が眠りに入れる様に命令しています。更に体内時計は24.7時間の周期ですが、周期を24時間に調節する機能もメラトニンがしています。現在の様に昼夜の区別なく氾濫している中で、このメラトニンの分泌量や調整機能の不調が生体全体のリズムの乱れを誘発している事が明らかになっています。この乱れを調節する為に、時間医学の研究者は曙とたそがれ時の青緑色のLED光を目から取り入れる事を勧めています。この光によりメラトニンの時間調整機能力が作動し、生体時計の針と針を一致させるそうです。このLED器具も機種によっては3万円以内で購入出来る様ですが、やはり早起きは三文の得、早寝早起きは健康の基本です。

男女決めるのはホルモン

2020.01.26 | Category: 内分泌

受精卯の染色体がXXであれば女性、XYであれば男性が生まれます。つまりYの遺伝子を持てば男性になる筈ですが、事はそう簡単ではありません。胎児のごく初期では男性生殖器の元であるウォルフ管も女性生殖器の元のミュラ一管もあって、男性にも女性にもなれる部品を揃えています。しかし男性の場合、受精して6週間頃Y 染色体にある性決定因子が働いて精巣が形成されます。出来たて精巣がする最初の仕事は男性ホルモンを作る事で、これが受精後8週間頃です。これにより陰茎や精管、精嚢等が出来、ミュラ一管が退縮していきます。この男性ホルモンが働か無ければ、卵巣が出来てそこから女性ホルモンが働き、放っとけば体は女性になって行きます。またこの時期に分泌された男性ホルモンは全身を巡り、男性生殖器を形成するだけで無く脳にも影響を及ぼします(ホルモンシャワ一)。受精後の8~l2週頃に男性ホルモンを浴びた脳は男性脳となり、そうで無ければ女性脳となるのです。つまり、生まれるまでに細胞や器官、脳、行動までを左右するのはホルモンで、そのホルモンがどの遺伝子を働かせるかを決めているという分けです。この時遺伝子その物は変化している分けでは無く、ホルモンが個体の特性を決定するのだといえます。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒259-1137
神奈川県伊勢原市笠窪383-3

駐車場

5台あり

休診日

水曜日

ご予約について

当院は完全予約制となっております。