- Blog記事一覧 -11月, 2019 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉整体院の記事一覧

11月, 2019 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉整体院の記事一覧

オスグット病とサッカー

2019.11.30 | Category: 下肢

スポーツによる怪我でも下肢の陣害が多いものと言えばサッカーです。ゴン中山が恥骨結合炎で長期間の戦列離脱を余儀なくされました。サッカーのスボーツ外傷や障害は沢山ありますが、半月板損傷、膝内側の側副靭帯損傷、前十字靭帯損傷、後十字靭帯損傷、等膝周辺に集中する傾向があります。この原因として、サッカーの動き以前の問題としてグラウンドの問題があるのです。芝生のグラウンドでもこの様な陣害を起こすのに、学校や一般の競技場では土で膝や腰への衝撃が強過ぎるのです。衝撃を柔らかくする靴もありますが基本的には芝生のグラウンドが一番です。また、悪い環境とオーバートレーニングによるオスグッド・シュラッター病がサッカー少年の間で蔓延しています。10歳からl5歳の男子に多く、骨が完成していない段階で無理をし過ぎて膝の痛みが出て膝の脛骨粗面の骨端部が突出してきます。これは脛骨が完成していない年齢で大腿四頭筋が付看している脛骨の粗面に負荷をかけ過ぎる事によって起こります。子供の膝の病みには成長病もありますが、この様なオーバートレーニングによる事もありますので要注意です。

痛風

2019.11.29 | Category: 下肢

痛風は帝王病とも言われる様に美食によって起こります。肥満体質でビールと肉の好きな男性は要注意です。プリン体代謝異常による高尿酸血症で繰り返し起こる急性関節炎、腎障害をもたらします。血液中の尿酸値が高くなると第一中足指節間関節(母趾のつけ根)腔内や関節周囲で尿酸が結晶化する事で骨膜のインター・ロイキン(リンパ球活性化因)の濃度が高まり激しい痛みが現れます。関節の腫れや発赤等の激しい炎症が伴います。この他に捻挫、靴擦れ等の外傷や降圧利尿剤、肝臓エキスの過剰摂取等でもこの病気の引き金になる事もあります。この痛みは大体1~2週間で消失しますが、そのまま不節制な生活を続けてたり適切な治療をしないと、発作しばしば繰り返し、痛みの時間が長くなります。更に足関節、アキレス腱、膝関節まで広がり、身体のいたる所の関節や腱や耳等の軟部組織にも蓄積して痛風結節を作ります。ゴルフ等の運動した後に飲むビールは発作を誘発しやすいので尿酸値の高い人はくれぐれも用心して下さい。

偏平足

2019.11.28 | Category: 下肢

土踏まずは二足歩行のヒトだけにあるもので、足が地面に接する時のクッションの役目や、歩行のときバランスを取りながら重心を動かす場合のテコやパネの役目をします。足には縦、横各2の4つのアーチがあるのですが、偏平足とは足の母趾側の縦のアーチが浅く、いわゆる土踏まずが形成されていない状態をいいます。確かにこの骨のアーチが傭平な足は疲れやすく、精神的にも集中力を欠く傾向にあります。しかし実は外見上土踏まずが無かったり少ないからと言って偏平足だとは判断出来ないのです。裸足で生活している人々は足裏の筋肉が異常に発達している為土踏まずが見られ無い事も珍しくありません。また激しいスポーツをする人は足の筋肉や靭帯が発達して土踏まずが無い事もありますがレントゲン等で立派なアーチを確認する事が出来ます。肥満や妊娠によっても一時的に偏平な足裏になる事もあります。つまり足の骨がアーチを形成しているかどうかと言うのはレントゲンによってしか厳密には判断出来ない物なのです。子供の場合備平足なのは当たり前で、土踏まずが形成されるのは大体7歳頃。確かに昔よりも土踏まずの形成が遅れ気味になっていますが、これは運動不足と共に靴を履いている時間が長い事、硬い床を歩く事等が原因だと考えられます。

2019.11.27 | Category: 下肢

1950年代、イギリスのパーパラ・ロックウソドという美女が突然死しました。殺人では?という疑いもあったのですが検死の結果は殺人ではありませんでした。その謎を解いたのはアメリカの整形外科医のレジナルド・ペイン博士で、彼はパーバラが履いていたハイヒールが犯人だとしたのです。バーバラは1日の半分を12cmもあるハイヒールを履いていた為ひどい外反母趾でハンマートゥ、足の裏には大きなタコを作っていました。つまりハイヒールによる足への刺激が姿勢を狂わせ、ホルモンの異常な反応や分泌をもたらし、死に至らしめたと結論をしたのです。別の整形外科医のレミントン・プリストル博士は女性の胃腸障害患者の8割以上が日常的にハイヒールを覆いており、その人達の多くは血液循環が悪く、生理不頂のみならず流産の原因になると言っています。人の体重は素足の状態では踵にほぼ80%、指の付け根に20%ほどがかかっています。ところが10cmのヒールを履いた場合は足の付け根の体重は60%を超えます。しかもヒールが高くなっているので腓腹筋や臀筋が緊張します。歩くのも蹴り出しを強く出来ず、あおら無いで靴底を地面に置くと言うすり足の歩き方になってしまいます。当然体は前傾するので姿勢を保つ為には、膝が曲がり頭蓋は中芯軸より前方に移動し腰椎は生理学的前湾を保持出来なくなります。姿勢は毎日の事ですのでやがて本人は異常な姿勢に違和感すらも感じず、時期を遅れて姿勢が原因とされる多くの病気が発生します。

バビンスキー反射と赤ん坊

2019.11.24 | Category: 下肢

最も敏感な病的反射であるバピンスキ一反射は、足の裏の外縁部をこすると足の親指が背屈して、他の指は扇上に幾分開きながら低屈する現象です。脊髄損傷などの上行性運動ニューロンの疾患や脳性麻痺や脳血管障害等で起こります。この反射は生後半年位までの乳児期に見られますが、これは新生児の三ヶ月頃まで見られる手の握り反射と同様に脳の前頭葉の発達によって反射が抑制される為に消えて行きます。この反射はサルでは乳幼児期を過ぎても見られる事から、手と同様に足もつかむ行為に必要な樹上生活の名残だと言う人類学者もいます。直立二足歩行によって手足の機能分化が起こり、手は握る、つかむ事が主体になり、人は体重を支え二足歩行が専門になった為に足趾の機能が退化したのです。しかし、足趾の動作は訓練すれば手とほとんど同様の働きをする事が出来ます。手に障害を持った方の中には、健常者の手先以上に足先を器用に使う事が出来る人もいます。更に、とっさの時に役立つ反射という経路も日常生活の中では必要はありませんが,これも訓練次第で再現すると言う報告もあります。毎日足の裏をこするようにすると、この反射機能は戻り親指は背屈する様になるそうです。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒259-1137
神奈川県伊勢原市笠窪383-3

駐車場

5台あり

休診日

水曜日

ご予約について

当院は完全予約制となっております。