- Blog記事一覧 -10月, 2019 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉整体院の記事一覧

10月, 2019 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉整体院の記事一覧

顔の表情が感情を作る

2019.10.31 | Category: 感情

誰でもは楽しい事があると笑いますが、逆に笑う事によっても楽しくなる事が出来ます。アメリカの心理学者ウイリアム・ジェームスによると、不機嫌や憂鬱などのネガティブな情緒が起こっても、意志の力で楽しい表情を作ればネガティブな情緒は消えると言うのです。何故笑顔を作ると楽しい気分になるのでしょうか。これには心理学的に二つの理由があります。
①顔面フィードバック効果と呼ばれるものです。顔の筋肉は脳からの指令で動きますが、逆にその動きが脳ヘフィードバックされるのです。例えば、自然な微笑みでは大頬骨筋や眼輪筋の収縮が起こります。この組み合わせと収縮の程度は直ちに脳ヘフィードバックされます。すると脳内にある、その表情に相応した感情を起こすブログラムが呼び出され、笑顔の場合には楽しい感情が湧いて来るのです。
②脳の血液の温度に関するものです。脳の温度は、ほぼ一定で、自律神経の中枢である視床下部の真上にある海綿静脈洞が慟きます。顔の表情筋は、静脈洞に入る血液の量と鼻に入る空気の量を変化させます。この時に海綿静脈洞の血液の温度が変化して、快や不快などの感情に関係している脳内物質の量が変化するのです。微笑みの時温度は下がり楽しい感情を、嫌悪の表情は温度が上昇し不快な感情を生じます。
この様に、顔の表情が感情を作る事が出来るのです。

スポーツ観戦の攻撃性

2019.10.30 | Category: 感情

激しいスポーツを観戦するのは、カタルシスによって攻撃性を昇華させ、結局は攻撃性を減らす事が出来ると見られていました。しかし実は反対で闘争的なスポーツは観客をより攻撃的にします。例えばサッカーにおけるフーリガンはその典型的な例で、他にも野球を始めレスリングやボクシング、フットボールなどの闘争的なスポーツの観戦の後では、水泳や体操などの非闘争的なスポーツ観戦の後よりも敵気心を強くしているとの観察が報告されています。その様な時、ラフプレイに寛容な人はゲームが進むに連れて益々攻撃的になっていき選手の闘騒ぎを期待する気分が高まります。またホームタウンでの試合では、地元チームの攻撃の時、またヒイキチームが上位にいて相手チームが下位にいる試合等はよりエキサイトし,勝負の行方にも影響を与えるような興奮を見せるのです。ただ、ファンが荒れるのは選手同士の暴力沙汰がきっかけになる事が圧倒的に多い様です。試合内容が荒れてヒイキのチームが大負けしている時などはファンが最も荒れやすい時ですが、信じられない様な何十年ぶりの快挙と言う様な時もよく乱痴気騒ぎに走る事になります。

ストレスマネージメント

2019.10.29 | Category: 感情

北九州市の福岡教育大付属小倉小学校(483人)で、ストレスの原因を子供自身が探りながら、対応策も身に付けて行くと言う米国のストレス・マネージメント教育を授業に取り入れて成果を挙げました。“自分の心の傾向を知る事がストレスを受けた時に自分をコントロールするきっかけになる”という考えで、高学年を対象に心の傾向を調べる心理テストを実施。その答えを基に自分でグラフを作り、心のバランスの偏りをチェックします。例えば、「協調性に欠ける」と気づいた児童には「すみませんという言葉を意識的に使ってみて等のヒントを示します。2年生以上には毎学期、簡単な質問の抑鬱スクリーニングテストをしてストレス傾向の強弱を調べました。ストレス傾向が強いと出たら、担任教諭は養護教諭とも連携し、その子の「視線」「声」「身体症状」など、8つのポイントを決めて客観的な様子を観察し、-緒に遊んだり会話を交わすように心がける等、自然な関係を大切にするようにします。最初のテストで400人中約30人にストレス傾向が見られたのが、2回目では6人に減り、3回目は更に減少しました。この事は子供自身が適切なアドバイスによってストレスに対処して行く能力がある事を示しています。今まで日本の教育では、ストレスの原因を取り除く事とストレスの結果超こった出来事の事後処理しか対策がありませんでした。

遊びが心を豊かにする

2019.10.28 | Category: 感情

人は自分の感情をコントロールしたり他人の感情を理解して人間関係を上手くしようとします。この様な感情をコントロールする能力をEQ=心の知能指数といいますが、このEQの要素の中で最も大切なのが共感性です。この要素は単なる教育や躾だけでは身に付くものでは無く、幼児期からの多くの友達との遊び、喧嘩といった中で無意識の内に相手の気持ちが分かる様になり、社会生活をしていく上で欠かせない能力になっていきます。この能力が欠けていると集団の中で孤立したり、人の気持ちがつかめないので人が怖くなってしまう事すらあるのです。EQは扁桃核と前頭前野の働きで成り立っていると言われ、この関係が良ければ指教は高いのです。扁桃核は大腿辺緑系にあり、感情を伴う記億をし、情動反応の主役です。感覚器から入ってきた感覚は視床に行き、その視床から扁桃核に伝わった情報が感情を引き起こします。その扁桃核をコントロールするのが大脳新皮質にある前頭前野で、物事を整起して判断し、今何をしたら良いのかを意識的にコントロールします。この前頭前野はストレスに弱く、その働きが弱くなると、扁桃核の働きが過剰にります。

胃腸

2019.10.27 | Category: 胃腸

肩こりや背中や腰の痛みを主訴として来院される患者さんで、胃腸の具合が悪いという随伴症状を訴える方はかなりの数に昇るものと思われます。その内容は胸が焼ける、胃がもたれる.食倣が無い、口臭がある、ガスが出る等の不定愁訴から.胃炎.胃潰瘍、腸炎、頑固な便秘、過敏性大腸症候群と診噺され病院からの投薬を受けているケースも少なくありません.これらの疾患は明らかに肩こりや背中の痛みの原疾患であります。また胃腸の様々な不定愁訴の背後には冑癌や大腸癌など隠れているかもしれません.市販の薬の中で胃腸薬が最も売れている現状を考えると、胃朧障害をもたらす生活そのものが生活習慣病を誘発する最大の原因かもしれません。過剰なストレスと飽食の時代と言われて久しい我が国ですが、まさに胃腸は時代を映す鏡である訳です。最近の胃腸障害の研究では高齢化社会で激増している胃食道逆流症、さらに胃潰瘍や胃癌の原因菌と特定されたヘリコバクター・ピロリ菌などや難病指定になっているクローン病などの免疫疾患の増加や病原性大腸菌O-157などの病原微生物の感染の問題等です。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒259-1137
神奈川県伊勢原市笠窪383-3

駐車場

5台あり

休診日

水曜日

ご予約について

当院は完全予約制となっております。