- Blog記事一覧 -9月, 2019 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

9月, 2019 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

麻疹免役更新

2019.09.30 | Category: 免疫

子供が初めて麻疹に罹ると、全身の皮膚や肺の細胞にウイルスが到達し、全身に発疹が出ます。やがて治れば、原則としてその子は以後麻疹ウイルスには感染しません.B細胞やT細胞は、侵入した「外敵」に対応したレセプター(抗体分子)を備えていて、その一部は数ケ月から数年の寿命を持ち、免疫記憶を担当するメモリー細胞となります。そして再度の侵入にしては、すぐに抗体やキラーT細胞が作り出され、麻疹の症状を呈する前にウイルスは排除されます。免疫記憶がどれ位の期間維持されるかというのは「外敵」の種類によって異なり、麻疹の場合は数年、普通の風邪はせいぜい1年程度しか維持されません。数年しかメモリーが維持されない麻疹になぜ「二度なし現象」があるかといえば、それは免疫記憶が更新されるからです。運転免許証の書き換えの様に、有効期限内に新たな麻疹ウイルスの抗原刺激を受ける度、メモリー細胞が即座に対応し、抗体や感性リンパ球が作りだされ、その時メモリー細胞も新しく生まれ変わります。ところが最近では、子供の時に麻疹を経験していても、自分の子供が麻疹に罹った時、-緒に罹る親が見られる様になりました。少子化や核家族化等により感染の機会が減り、免疫記憶の更新を受ける事が少なくなったと考えられます。

麻疹免役更新

2019.09.29 | Category: 未分類

子供が初めて麻疹に罹ると、全身の皮膚や肺の細胞にウイルスが到達し、全身に発疹が出ます。やがて治れば、原則としてその子は以後麻疹ウイルスには感染しません.B細胞やT細胞は、侵入した「外敵」に対応したレセプター(抗体分子)を備えていて、その一部は数ケ月から数年の寿命を持ち、免疫記憶を担当するメモリー細胞となります。そして再度の侵入にしては、すぐに抗体やキラーT細胞が作り出され、麻疹の症状を呈する前にウイルスは排除されます。免疫記憶がどれ位の期間維持されるかというのは「外敵」の種類によって異なり、麻疹の場合は数年、普通の風邪はせいぜい1年程度しか維持されません。数年しかメモリーが維持されない麻疹になぜ「二度なし現象」があるかといえば、それは免疫記憶が更新されるからです。運転免許証の書き換えの様に、有効期限内に新たな麻疹ウイルスの抗原刺激を受ける度、メモリー細胞が即座に対応し、抗体や感性リンパ球が作りだされ、その時メモリー細胞も新しく生まれ変わります。ところが最近では、子供の時に麻疹を経験していても、自分の子供が麻疹に罹った時、-緒に罹る親が見られる様になりました。少子化や核家族化等により感染の機会が減り、免疫記憶の更新を受ける事が少なくなったと考えられます。

腸管免役

2019.09.28 | Category: 免疫

腸管は食べ物の消化吸収という過程で病原体の侵入が容易いなだけに腸管免疫系と呼ばれる特殊な防衛機構が備わっています。腸管粘膜面には粘液分泌、繊毛運動、上皮剥離等による機械的バリアーがあり、粘液にはラクトフェリン、リゾチーム、胆汁酸などの液性防御因子や好中球やマクロファージ等の細胞性防御因子があります。更に粘膜面では既に常在菌の持続的な刺激によって多量の分泌型lgAが産生されていて微生物と結合して、微生物が腸管粘膜に付着、侵入する事を防いでいます。この様に粘膜面の生物学的あるいは機械的なバリアーを突破しても、腸管には特殊なリンパ組織(GALT)がその後に控えているのです。このGALTには非業合性組成と集合性組成があります。この中で非集合組成には腸管上皮細胞の特有のリンパ球やT細胞が存在し、その下には粘膜固有層があり免疫細胞をストックしています。また集合組成としては腸管の断面を見ると消化吸収を司る器官の聞に挟まってリンパ節があり、これがバイエル板というリンバ系組織です。更に腸間膜にもリンパ節があり、これらが腸管の免疫系の中枢的な存在です。この様に腸管は幾重にもわたる防御機構によって守られているのです。

免役の適材適所

2019.09.28 | Category: 免疫

呼吸器と消化管は常に細菌等の異物と闘っていますが、戦いに使う武器は場所によって違います。まず肺胞ではマクロファージや好中球が活躍します。マクロファージは食菌力、好中球は殺菌力で闘います。マクロファージは細菌でもゴミでも、とりあえず何でも取り込んで無害化します。ところが腸ではマクロファージを中心に使う事は出来ません。マクロファージだと腸内の善玉菌も栄養物も異物とみなして食べてしまう事になるので敵か味方かを識別出来る免疫力が必要となるのです。つまりここでの武器は抗体です。抗体であれば栄養分や善玉菌とは結び付かず赤痢菌等の病原菌だけを殺す事が出来るのです。また異物と接する場の違いだけで無く病原菌の違いによっても活用される免疫も違ってきます。例えば肺でも肺炎菌に対してはマクロファージでは無く、好中球や抗体で闘います。この好中球も肺炎菌や緑膿菌は殺しますが、結核菌やカリニ肺炎菌は殺す事が出来ず、T細胞系の力が必要です。例えばエイズの末期では免疫力がガタガタになって結核やカリニ肺炎等の日和見感染で命を落とす事が多いのですが、ダメージを受けているのはT細胞系で好中球は保たれているので肺血症にはなりません。一方抗癌剤などで骨髄がダメージを受けると造血機能が落ちるので好中球等が減少するため敗血症や肺炎等になるのです。免疫は場所と相手によって戦略も違っている訳です。

免役の空白部位

2019.09.27 | Category: 免疫

光は透明な所で無ければ通過出来ません。ですから目玉も角膜から入った光が網膜に届くまでの間を硝子体と言う透明な物質で満たしています。もちろん目にも栄養は必要ですから、眼球の周りを包んでいる膜(虹彩、毛様体、脈絡膜を作っているブドウ膜)を通して栄養物質が補給されるのですが、その時酸素やグルコース等必要最低限の透明な物質だけを濾過して供給しているのです。つまり血管や赤血球はおろか白血球ですら光を真っ直ぐに通さ無くなるので、膜を通過させずに硝子体を透明に保つ事を優先させているのです。と言う事は眼球の中には免疫が届か無いと言う事になります。ですから細菌等にとっては最適の場所となる訳で、怪我や病気で目に細菌等が入れば大変になります。点滴で栄養を入れる中心静脈栄養等で真菌等が入った場合、他は何とも無いのに目だけが真菌性の眼内炎を起こす事もあり得るのです。しかし免疫が働か無いと言う事は拒絶反応が起こら無いと言う事でも有り、HLAの適合を考え無くても良いので角膜の移植にとってはやり易い事になります。角膜移植が早くから実用化されていたのはその為と言えます。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒259-1137
神奈川県伊勢原市笠窪383-3

駐車場

5台あり

休診日

水曜・不定休

ご予約について

当院は完全予約制となっております。