- Blog記事一覧 -胃腸 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉整体院の記事一覧

胃腸 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉整体院の記事一覧

ピロリ菌

2020.03.07 | Category: 胃腸

ヘリコバクター・ピロリ菌感染すると、胃粘膜が萎縮や腸上皮化生 (胃の粘膜が形態的・機能的にも腸の組織の性状を帯びる事)を起こし、胃酸の分泌が低下して消化下良なり慢性胃炎や胃・十二指腸潰瘍の原因となる事は。広く知られる様になりました。そこからの問題ですが国立癌センターで開かれた第I1回国際がん研究シンボジウムで、大分医大の藤岡教授はピロリ菌に感染させたスナネズミに発癌性物質を投与すれば冑癌ができる事を発表しました。ピロリ菌が冑癌の発症に大きく関わっているとされたのです。また因果関係が明確で無いとする説もあります。欧米の疫学調査でも、ピロり菌の陽性率が低下すると共に胃癌の患者が急減したという報告があります。世界で約半数がピロリ菌の感染者だと考えられ、日本では約6千万人が感染しているとされています。特に50歳以上に感染者が多く、60%が感染者と推定されます。日本では毎年20万人から25万人が新たに胃癌と診断されています。6千万人がピロリ菌に感染しているのに、25万人しか胃癌になら無いのであれば、ピロリ菌と胃癌の関係を疑問視する声が上がるのも仕方ないのかもしれません。困った事に最近では薬剤耐性ピロリ菌が出現しています。とりあえず現状では1994年、ピロリ菌感染は胃癌の発癌因子であると世界保健機関(WHO)によって認定されています。

胃腸

2019.10.27 | Category: 胃腸

肩こりや背中や腰の痛みを主訴として来院される患者さんで、胃腸の具合が悪いという随伴症状を訴える方はかなりの数に昇るものと思われます。その内容は胸が焼ける、胃がもたれる.食倣が無い、口臭がある、ガスが出る等の不定愁訴から.胃炎.胃潰瘍、腸炎、頑固な便秘、過敏性大腸症候群と診噺され病院からの投薬を受けているケースも少なくありません.これらの疾患は明らかに肩こりや背中の痛みの原疾患であります。また胃腸の様々な不定愁訴の背後には冑癌や大腸癌など隠れているかもしれません.市販の薬の中で胃腸薬が最も売れている現状を考えると、胃朧障害をもたらす生活そのものが生活習慣病を誘発する最大の原因かもしれません。過剰なストレスと飽食の時代と言われて久しい我が国ですが、まさに胃腸は時代を映す鏡である訳です。最近の胃腸障害の研究では高齢化社会で激増している胃食道逆流症、さらに胃潰瘍や胃癌の原因菌と特定されたヘリコバクター・ピロリ菌などや難病指定になっているクローン病などの免疫疾患の増加や病原性大腸菌O-157などの病原微生物の感染の問題等です。

ヘリコバクター・ピロリ菌

2019.10.26 | Category: 胃腸

胃の中は強い酸性であるため細菌は存在しないとみなされていたのですが、1984年にヘリコバクター・ピロリ菌が確認されて以来、胃炎や胃潰瘍の考え方は大きく変わりました。現在胃炎や胃潰瘍の9割はこのピロリ菌によるものとみなされています。ピロリ菌は4~8本の鞭毛を持つ短い螺旋状のグラム陰性菌で、胃の粘液を栄養源とする細菌です。ピロリ菌に感染すると、胃壁に好中球やリンバ球が浸潤してきて急性の炎症を起こします。それを放って置くと胃腺の萎縮が起こり更に上皮細胞が化成して慢性的な胃炎になってしまうのです。ピロリ菌は栄養源である粘液を摂取する為に、粘液細胞の上部にある粘液顆粒を切り取ったり、細胞の中で粘液顆粒を溶かしてしまいます。当然粘液細胞は死んで無くなりますからその部分は粘膜で覆われ無くなり、強い酸である胃酸に晒されて潰瘍になっていく訳です。このピロリ菌は遺伝子的に5つの違った種類があり病原としての活性に違いがあります。日本人の40才以上の約8割がピロリ菌の保菌者といわれていますが、全ての保菌者が胃炎や胃潰瘍になる訳では無いのも、このピロリ菌の遺伝子の違いによるものでしょう。ビロリ菌に感染している人の2~3%か慢性の消化性潰瘍に、0.5%が胃癌になると言われています。胃の中は強い酸性であるため細菌は存在しないとみなされていたのですが、1984年にヘリコバクター・ピロリ菌が確認されて以来、胃炎や胃潰瘍の考え方は大きく変わりました。現在胃炎や胃潰瘍の9割はこのピロリ菌によるものとみなされています。ピロリ菌は4~8本の鞭毛を持つ短い螺旋状のグラム陰性菌で、胃の粘液を栄養源とする細菌です。ピロリ菌に感染すると、胃壁に好中球やリンバ球が浸潤してきて急性の炎症を起こします。それを放って置くと胃腺の萎縮が起こり更に上皮細胞が化成して慢性的な胃炎になってしまうのです。ピロリ菌は栄養源である粘液を摂取する為に、粘液細胞の上部にある粘液顆粒を切り取ったり、細胞の中で粘液顆粒を溶かしてしまいます。当然粘液細胞は死んで無くなりますからその部分は粘膜で覆われ無くなり、強い酸である胃酸に晒されて潰瘍になっていく訳です。このピロリ菌は遺伝子的に5つの違った種類があり病原としての活性に違いがあります。日本人の40才以上の約8割がピロリ菌の保菌者といわれていますが、全ての保菌者が胃炎や胃潰瘍になる訳では無いのも、このピロリ菌の遺伝子の違いによるものでしょう。ビロリ菌に感染している人の2~3%か慢性の消化性潰瘍に、0.5%が胃癌になると言われています。

ピロリ菌の功罪

2019.10.25 | Category: 胃腸

消化性潰瘍や胃炎は対症療法によって一時的に症状が無くなっても8割ほどが再発しますが、ビロリ菌の除菌をした場合、8割以上再発は無くなります。この事でも多くの胃炎や消化性潰瘍がピロリ菌によるものだと言う事が分かります。ところが、一方でピロリ菌は胃食道逆流症等のディスペプシア(胃もたれや胃の痛みがあるのに、検査をしても症状の原因になりそうな病変が見つからない時、これを機能性胃腸症と呼ぶ)を抑える働きをしているのではないかと見られています。原因はよく分かっていないのですが、ピロリ菌がサイトカインなどに変化をもたらす事、ピロリ菌感染で生じるアンモニアが胃酸を薄めて結果として食道粘膜を守る事に慟く事等が考えられます。ピロリ菌の感染率が滅少しているアメリカではこの四半世紀に重症の胃食道逆流症や食道腺癌、胃噴門部癌などが7倍にもなっています。日本でもピロリ菌の除菌を行った後胃食道逆流症の発症;報告されています。それはビロリ菌感染して萎縮性の胃炎で胃酸のが少なかった所に胃炎が改善されて酸の分泌が増え、日本で少なかった胃食道逆流症等が増えたものとみられます。先進国は一般染率が低いのですが、その中で日本はズバ抜けて感染率が高い先進国です。ピロリ菌の感染は幼児期だけ成立すると考えられていますが今の若い人達には感染率か低くなってきているので、日本でも胃癌、消化性潰瘍、胃炎等が減って欧米並みの胃食道逆流症や食道癌が増えて来るのかもしれません。

胃食道逆流症

2019.10.24 | Category: 胃腸

ヘリコバクター・ピロリ菌によってほとんどの胃炎や消化性潰瘍が説明されようとしている反面、最近では胃食道逆流症が多くなっています。胃食道逆流症とは胃に留まるべき胃の内容物が食道部分にまで逆流する事で、胸やけや呑酸、上腹部痛、胃もたれ等の症状が起こります。胃と違って食道には強酸から守る粘膜はありませんから、胃酸の逆流によって食道は炎症を起こす事もある訳です。これまで器質的な変化が見られない胃の変調で“慢性胃炎”とされていたのも、胃食道逆流症と言う事で説明が付くものが多いとみられています。胸焼けだけが主な自覚症状である場合は大部分が胃食道逆流症であると考えられます。ただ、内視鏡で調べると食道部分に炎症があるとは限らず、器質的に変化が無くても胸やけ等の症状が出る事もあります。逆に炎症があるのに自覚症状かない場合もあって、所見よりも自覚症状を重視するようになっています。胃食道逆流症の原因としては食這の下部の括約訪が弛緩したり、食道裂孔ヘルニアが原因である事が多い様です。その為どうしても高齢の人に多く見られる様です。また最近の食事の傾向で脂防食が多くなった為胃酸の分泌が多くなっている事も原因である様です。ヘリコバクター・ピロリ菌によってほとんどの胃炎や消化性潰瘍が説明されようとしている反面、最近では胃食道逆流症が多くなっています。胃食道逆流症とは胃に留まるべき胃の内容物が食道部分にまで逆流する事で、胸やけや呑酸、上腹部痛、胃もたれ等の症状が起こります。胃と違って食道には強酸から守る粘膜はありませんから、胃酸の逆流によって食道は炎症を起こす事もある訳です。これまで器質的な変化が見られない胃の変調で“慢性胃炎”とされていたのも、胃食道逆流症と言う事で説明が付くものが多いとみられています。胸焼けだけが主な自覚症状である場合は大部分が胃食道逆流症であると考えられます。ただ、内視鏡で調べると食道部分に炎症があるとは限らず、器質的に変化が無くても胸やけ等の症状が出る事もあります。逆に炎症があるのに自覚症状かない場合もあって、所見よりも自覚症状を重視するようになっています。胃食道逆流症の原因としては食這の下部の括約訪が弛緩したり、食道裂孔ヘルニアが原因である事が多い様です。その為どうしても高齢の人に多く見られる様です。また最近の食事の傾向で脂防食が多くなった為胃酸の分泌が多くなっている事も原因である様です。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒259-1137
神奈川県伊勢原市笠窪383-3

駐車場

5台あり

休診日

水曜日

ご予約について

当院は完全予約制となっております。