- Blog記事一覧 -糖尿病 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

糖尿病 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

インスリンが動脈硬化を起す

2021.03.28 | Category: 糖尿病

インスリンはブドウ糖を筋肉細胞に取り込ませる作用だけで無く、肝臓でHDL(善玉)コレステロールを分解し、VLDL(悪玉)コレステロールを増やす作用、及びVLDLコレステロールを分解する酵素であるリポタンパクリパーゼの活性を高める働きがあります。

1型の糖尿病患者を除く糖尿病患者の血液中のインスリン濃度は高く、高インスリン血症と報告されています。

この高インスリン血症の状態が長く続くとVLDLコレステロールが増加して、リポタンパクリパーゼの活性も低下します。

結果的に高脂血症や低HDLコレステロール血症の発症に繋がります。

これは動脈硬化性疾患の起こりやすい状態で心臓病、脳血管障害と言った合併症に注意が必要になってきます。

更に腎臓でのNaの再吸収が高まり、交感神経系の緊張が起きて高血圧症が発症します。

ですから、インスリンの濃度が高い状態は糖尿病、高脂血症、高血圧と言った全身症状を引き起こし、更に内臓肥満であれば「死の四重奏」という、大変危険な状態になります。

予防には、高脂肪食の食生活を改め、適度な運動をする等してインスリンの濃度を下げる生活習慣にするしかありません。

運動の効用

2021.03.27 | Category: 糖尿病

インスリンが足りなければより有効に働かせなければなりません。

しかし糖尿病および糖尿病予備軍ではインスリン抵抗性も高まっているので働きが悪く、これをいかに改善するかがポイントになります。

糖尿病の治療にとって、運動は食事療法と共に車の両輪です。

極端な食事療法だけで肥満を解消しても体脂肪そのものは減少し難く、脂肪が減らなければインスリン抵抗性も改善し難いのです。

脂肪は単なるエネルギーの貯蔵庫ではなく、インスリン抵抗性を強めるサイトカイン等を分泌させる臓器でもあり、脂肪細胞の数は変わらなくても太った脂肪細胞を細らせればインスリン抵抗性が改善されます。

その運動は無酸素運動では血中の乳酸が蓄積して脂肪の分解が抑えられるのでウォーキングなどの有酸素運動が適しています。

1日の歩数とインスリン抵抗性の改善度は正の関係にあります。

ダンベル等のレジスタンス運動も負荷を軽くして有酸素運動的にすればOKです。運動強度は中以下が良く、軽くても激しくてもインスリン抵抗性の面からいえば効果は変わりません。

また運動効果は3日以内で低下、1週間で無くなりますから1回10~60分を週3~5回というのが無理なく妥当といえます。

特別に運動の時間が取れない忙しい人では日常生活の動きを活動的にし、とにかく歩数を稼ぐ事だけは心がける事です。

ただし1型糖尿病の人、合併症のある人には運動療法は薦められません。

また既に糖尿病薬を飲んでいる人は低血糖の危険性が伴うので、細心の注意が必要です。

糖尿病性の昏睡

2021.03.26 | Category: 糖尿病

インスリン発見の1922年までは、糖尿病患者は軽症以外のほとんどが糖尿病性昏睡で死亡していました。

高血糖性の昏睡にはケトアシドーシス性糖尿病性昏睡と高浸透圧性糖尿病性昏睡があります。

ケトアシドーシス性昏睡は、インスリンの極端な不足で筋肉が血中のブドウ糖をエネルギー源として利用出来なくなり、代わりに脂肪や蛋白質を燃焼してエネルギーとする時、脂肪の代謝産物であるケトン体が血液を強い酸性にします。

すると脳神経細胞への酸素供給が滞って意識が薄れるのです。また高浸透圧性昏睡は高齢者に多く、高血糖で多量の糖が腎臓に流れ込むと浸透圧の関係で血液から多量の水分を吸収して尿量が増え、血糖値が著しく高くなり脱水症状を起こして昏睡に陥ります。

いずれも極めて危険です。逆に低血糖性の昏睡は血液中のブドウ糖が極端に少なくなって起こる物で、インスリン注射や経口糖尿病薬を飲んでから食事までの時間が開き過ぎた時に起こります。

脳神経細胞は低血糖状態に敏感で、70(mg/dl)以下に下がると手足の震えや動悸、吐き気や脱力感が表れ、40以下になるとめまい・精神錯乱・物が二重に見える等の中枢神経症状が現れ、意識障害から昏睡、死に至ります。

意識があれば砂糖水や飴等を与えますが、回復しない場合はすぐに入院が必要です。脳の低血糖状態が長く続くと脳障害の後遺症が残る事があります。

糖尿病とミネラル

2021.03.25 | Category: 糖尿病

糖尿病の治療は食事療法が第一ですが、原則として食べてはいけないものはありません。

しかしカロリーにばかり目がいって軽視されがちな注意点があります。

カロリー制限をしていると食事量が少なくなりどうしてもミネラルが不足気味になる上に、糖尿病では尿への排泄が大変多くなっているので益々ミネラル不足になってしまうのです。

中でも亜鉛、マンガン、クロムは糖尿病にとって絶対に不足させてはいけないミネラルです。亜鉛はインスリンの構成成分です。

膵臓は腸からいち早く亜鉛を吸収します。膵臓はインスリンと亜鉛をβ細胞内に貯めて、むやみにインスリンが分泌されないようにしています。

亜鉛が不足すると膵臓の亜鉛は真っ先に枯渇し、インスリンがどんどん分泌されてしまうのです。

つまりインスリンの血中濃度を調整しているのです。亜鉛が不足すると糖尿病になります。マンガンはインスリン生成に関与しています。

クロムも大変重要なミネラルで、インスリンの作用を助けています。

インスリンが細胞に糖を取り込む時、インスリン受容体に働いて細胞の扉を開けますが、この時クロムが無ければ糖は細胞内に取り込めないのです。

つまり血中にインスリンが溢れていても働かないというインスリン抵抗の状態にさせてしまうのです。

これを食べれば大丈夫という特定の食べ物はありませんが、牡蠣はダントツに亜鉛が多く、上記のいずれのミネラルが多く含まれているものにはカボチャやスイカの種を始め松の実、アーモンド等のナッツ類、豆や精製度の低い穀物等があります。米や麦等、ミネラル摂取の面からだけでなく、インスリンの分泌量の面からも精製度の低い雑穀が望ましいといえます。

糖尿病と酸化ストレス

2021.03.24 | Category: 糖尿病

活性酸素が体に与える影響のことを酸化ストレスといいます。

体は活性酸素を処理するシステムを持っていますが、老化やストレス等によって処理が追い付か無くなる事があります。

その様に酸化ストレスがひどくなると、細胞内の伝達が異常になったり、DNAを傷つける様になります。

酸化ストレスは様々な病気に関係していますが、糖尿病にとっても大きな影響がある事が次々に分かってきています。

グルコースは反応性が高く、高血糖が続くと、蛋白質と反応してその過程で活性酸素が発生するとみられています。

またミトコンドリアでも高血糖の為過剰な活性酸素が作られている様です。

このような酸化ストレスによってインスリンを分泌する膵β細胞が破壊され機能異常が起こる事が確認されています。

更に糖尿病患者の体の中では様々な酸化ストレスが増加していて、反対に抗酸化活性が落ちている事も分かっています。

しかも血糖コントロールが悪ければ悪い程酸化ストレスが溜まっています。

だとすれば、抗酸化物質を摂取すれば糖尿病による障害が軽減されるのでは、と考えるのは当然の事で、実際ビタミンEの投与が効果的であるとの報告があります。

ビタミンEその物は血糖値に影響するわけでは無いのですが、網膜の血涙を改善したり、クレアチニンクリアランスで過剰な濾過が改善してるという様に、症状の改善や悪化を抑えるのに有効だといえる様です。

またβカロチンも改善効果がある様です。既に糖尿病の人はもちろん、境界型の人も抗酸化物質を充分に摂る事が必要です。

当院のスケジュール