- Blog記事一覧 -糖尿病 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

糖尿病 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

糖尿病が最小血管障害を起すわけ

2021.06.19 | Category: 糖尿病

糖尿病の三大合併症は網膜症、腎症こ神経障害ですが、これらはいずれも細小血管障害と関係しています。

では血糖が高い血液はどうして血管障害を起す様になるのでしょう。

最も有力視されているのが蛋白糖化反応亢進説です。プドウ糖と蛋白質は特定の酵素が無くても結合する事が出来ます。

血液の中にブドウ糖が沢山あると、それらは蛋白質と結合し、最終的には変化しにくい終末生成物と呼ばれる化合物に落ち付きます。

問題はその最終生成物が作られる過程で活性酸素が作られるのです。

これらの化合物や活性酸素は血管内皮細胞を傷付けたり、細胞内の脂質を酸化させる結果、血栓を形成したりして血管を閉塞させると言う訳です。

ですから当然三大合併症に限らず大血管障害にも繋がり、虚血性心疾患や脳血管障害を引き起こす可能性が高くなるのです。

糖尿病患者の虚血性心疾患では胸痛を感じない狭心症や心筋梗塞が多いのが特徴です。

更に糖尿病患者の脳梗塞はそうで無い人に比べて2~6倍も発症しやすく、無症状であっても小さな脳梗塞が多数ある場合が多いのです。

糖尿病のフットケア

2021.06.10 | Category: 糖尿病

糖尿病では血流障害によって末梢の毛細血管の閉塞が起こります。そのため細菌などに対する抵抗力も落ちていて傷が化膿しやすかったり水虫や爪白癬症になりやすくなっています。

皮膚も弱くなり少しの刺激でも傷つきやすい状態になっています。

しかも神経障害があると触覚、痛覚、温感覚が鈍くなっているために怪我や火傷をしやすいのに、気付かなかったり、痛みを感じにくい為に放置して症状を悪化させてしまうのです。

この様に、分かっていても見過ごされやすいのが足の病変で、一寸した油断から潰瘍や壊疸等の重篤な事態を招いてしまいます。

糖尿病の人はいつでも足の病変が起こりえる事を念頭において置かなければなりません。

糖尿病に罹患して10年以上の人や腎透析を受けている人は特にリスクが高いので注意が必要です。

例えば爪切りして深爪しないように爪用ヤスリで手入れします。

タコやウオノメを放って置くと内部に損傷が起こって二次感染が起こります。

もちろん自分で削ったりする事は危険なので必ず皮膚科で手当てしてもらわなければなりません。

皮膚を無理に剥がしたり軽石等で擦ったりするのは厳禁です。

またケガをしても知覚しにくいので靴下は必ず履いておきます。出血が分かるような薄い色の靴下が適当です。

ただし重ね履きは血行を妨げるのでよくありません。

こうした足の病変の大きな原因としては靴ずれが大きいので、靴の選び方もおざなりにはできません。

入浴する時も温感覚が鈍くなっているので火傷防止の為に必ず手で確認してから湯船に入るようにします。

アンカやコタツは直接身体に触れて低温火傷の危険性もあるので暖をとるのにはふさわしくありません。

インスリンが動脈硬化を起す

2021.03.28 | Category: 糖尿病

インスリンはブドウ糖を筋肉細胞に取り込ませる作用だけで無く、肝臓でHDL(善玉)コレステロールを分解し、VLDL(悪玉)コレステロールを増やす作用、及びVLDLコレステロールを分解する酵素であるリポタンパクリパーゼの活性を高める働きがあります。

1型の糖尿病患者を除く糖尿病患者の血液中のインスリン濃度は高く、高インスリン血症と報告されています。

この高インスリン血症の状態が長く続くとVLDLコレステロールが増加して、リポタンパクリパーゼの活性も低下します。

結果的に高脂血症や低HDLコレステロール血症の発症に繋がります。

これは動脈硬化性疾患の起こりやすい状態で心臓病、脳血管障害と言った合併症に注意が必要になってきます。

更に腎臓でのNaの再吸収が高まり、交感神経系の緊張が起きて高血圧症が発症します。

ですから、インスリンの濃度が高い状態は糖尿病、高脂血症、高血圧と言った全身症状を引き起こし、更に内臓肥満であれば「死の四重奏」という、大変危険な状態になります。

予防には、高脂肪食の食生活を改め、適度な運動をする等してインスリンの濃度を下げる生活習慣にするしかありません。

運動の効用

2021.03.27 | Category: 糖尿病

インスリンが足りなければより有効に働かせなければなりません。

しかし糖尿病および糖尿病予備軍ではインスリン抵抗性も高まっているので働きが悪く、これをいかに改善するかがポイントになります。

糖尿病の治療にとって、運動は食事療法と共に車の両輪です。

極端な食事療法だけで肥満を解消しても体脂肪そのものは減少し難く、脂肪が減らなければインスリン抵抗性も改善し難いのです。

脂肪は単なるエネルギーの貯蔵庫ではなく、インスリン抵抗性を強めるサイトカイン等を分泌させる臓器でもあり、脂肪細胞の数は変わらなくても太った脂肪細胞を細らせればインスリン抵抗性が改善されます。

その運動は無酸素運動では血中の乳酸が蓄積して脂肪の分解が抑えられるのでウォーキングなどの有酸素運動が適しています。

1日の歩数とインスリン抵抗性の改善度は正の関係にあります。

ダンベル等のレジスタンス運動も負荷を軽くして有酸素運動的にすればOKです。運動強度は中以下が良く、軽くても激しくてもインスリン抵抗性の面からいえば効果は変わりません。

また運動効果は3日以内で低下、1週間で無くなりますから1回10~60分を週3~5回というのが無理なく妥当といえます。

特別に運動の時間が取れない忙しい人では日常生活の動きを活動的にし、とにかく歩数を稼ぐ事だけは心がける事です。

ただし1型糖尿病の人、合併症のある人には運動療法は薦められません。

また既に糖尿病薬を飲んでいる人は低血糖の危険性が伴うので、細心の注意が必要です。

糖尿病性の昏睡

2021.03.26 | Category: 糖尿病

インスリン発見の1922年までは、糖尿病患者は軽症以外のほとんどが糖尿病性昏睡で死亡していました。

高血糖性の昏睡にはケトアシドーシス性糖尿病性昏睡と高浸透圧性糖尿病性昏睡があります。

ケトアシドーシス性昏睡は、インスリンの極端な不足で筋肉が血中のブドウ糖をエネルギー源として利用出来なくなり、代わりに脂肪や蛋白質を燃焼してエネルギーとする時、脂肪の代謝産物であるケトン体が血液を強い酸性にします。

すると脳神経細胞への酸素供給が滞って意識が薄れるのです。また高浸透圧性昏睡は高齢者に多く、高血糖で多量の糖が腎臓に流れ込むと浸透圧の関係で血液から多量の水分を吸収して尿量が増え、血糖値が著しく高くなり脱水症状を起こして昏睡に陥ります。

いずれも極めて危険です。逆に低血糖性の昏睡は血液中のブドウ糖が極端に少なくなって起こる物で、インスリン注射や経口糖尿病薬を飲んでから食事までの時間が開き過ぎた時に起こります。

脳神経細胞は低血糖状態に敏感で、70(mg/dl)以下に下がると手足の震えや動悸、吐き気や脱力感が表れ、40以下になるとめまい・精神錯乱・物が二重に見える等の中枢神経症状が現れ、意識障害から昏睡、死に至ります。

意識があれば砂糖水や飴等を与えますが、回復しない場合はすぐに入院が必要です。脳の低血糖状態が長く続くと脳障害の後遺症が残る事があります。

当院のスケジュール