- Blog記事一覧 -病気を予防する | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

病気を予防する | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

死を呼ぶ身体不活動physical inactivity

2021.06.20 | Category: 病気を予防する

最近では弱い運動強度という意味で身体活動という言葉が使われます。

従って”身体不活動”とは、体力をつけるための運動(exercise)が不足しているというだけで無く、体がエネルギーを消費する様な動き(physical activity)が充分で無く、その為に健康を維持出来ていない状態をいいます。

アメリカでの試算(日本ではこの様な試算は行われてい無いので)では、年間25万人が身体不活動の為に死亡しているとみなされ、それは死亡人口の12%に当ります。

日本でも1回30分以上の運動を週2回以上行っている人は4人に1人程度に過ぎないので、身体不活動による死亡もかなりの数に上るだろうと思われます。

つまり身体不活動による医療費も膨大な物に上っている筈なのです。

この身体活動の量は生活習慣痢に関係し、健康寿命の期間を左右します。

体力のレベルがある程度保たれていれば、高コレステロール、高血圧、慢性疾患を持っている等の危険因子があっても、体力のレベルが低い人よりも危険度は低くなります。

運動量と体力向上との関係で言えば、運動には容量依存性があり、運動すればするほど体力向上に効果的です。

体力が低ければそれだけ効果も上がりやすく、身体活動に費やすエネルギーが多いほど死亡危険率は低くなり、それは70才代までの全ての層について言えます。

週に3000kcal(ウォーキングなら11時間、ジョギングなら7時間半)以上も消費する様な活動量になると流石に効果は頭打ちになりますが、かなりの活動量が体力増強に役立つ事は確かです。

内臓脂肪はなぜ悪い?

2021.06.12 | Category: 病気を予防する

これまで脂肪といえば余ったエネルギーの備蓄倉庫位に考えられてきました。脂肪といっても、皮下脂肪と内臓脂肪とがあり、生活習慣病にとって悪いのは内臓脂肪だと言われています。

しかし単なる備蓄組織が何故生活習慣病に関係しているのか、脂肪の追いでなぜ影響の度合いが追うのか、ようやく明らかになって来た様です。

一言でいえば脂肪は単なるエネルギーの備蓄倉庫なのでは無く、様々な生理活性物質を産生する内分泌器官である事が分かってきたのです。

しかも脂肪組織の中でも内臓脂肪には特有の代謝特性があるというわけです。

内臓脂肪というのは腹腔内の、腸管膜周囲にある脂肪組織で、皮下脂肪と違って静脈が直接肝臓に入っています。

この内臓脂肪が蓄積すると、アディポサイトカイン(アディポとは脂肪という意味)を異常に分泌させるのですが、このアディポサイトカインが色々な悪さをする事が突き止められたのです。

例えばインスリン抵抗性を高める事、動脈硬化の悪玉因子として働く事等です。

また反対に、内臓脂肪が増えると糖尿病や動脈硬化を抑える作用を持つアディポネクチンの分泌を抑えてしまいます。

この他にも内臓脂肪は様々な生理活性物質を産生している事が分かって、この蓄積が機能異常になって生活習慣病をもたらすのです。

この内臓脂肪はアドレナリンやノルアドレナリンの刺激に対して皮下脂肪よりも強く反応するので脂肪分解の力が強い上に、過剰なエネルギーを脂肪に合成するのも早いので、付きやすい代わりに取りやすい脂肪ではあります。

ヘルシーピープル

2021.06.12 | Category: 病気を予防する

日本ばかりでなく2014年に3億189万人を超えた米国でも高齢化の波は確実に押し寄せています。100才以上の長寿者の人達も2000年の時に既に7万人を越えていて、2010年には13万人、2050年にはなんと80万人になると予想されているのです。

米国は意外にも長寿国であるのです。また、100才以上の人達の健康度も日本と遜色ありません。

高齢社会への対策として国民の健康の増進のための予防医学的目標を定め、1989年以来ヘルシーピープル2000、ヘルシーピープル2010、2000から2010の目標達成率は僅か19パーセントだそうです。現在はヘルシーピープル2020とキャンペーンを張っています。

がんの死亡率は10年版目標値では、がんによる死者数を人口10万人に対し158.61人と設定。これに対し20年版では人口10万人に対し160.6人に引き上げている。

健康な体重については、10年版は、理想とされるBMI値(18.5以上25未満)の成人を成人人口の60%とかなり高い目標を掲げたが、20年版では 33.9%に設定。肥満人口が増える中、肥満人口減少率と同じく、10年版の教訓から実現可能な範囲へとかなり控えめに押さえています。

現在国民の費やす医療費は1兆ドルですが、目標達成ににより数億ドルの医療費削減を見込んでいます。

そのために栄養補助食品や抗酸化栄養素の大量摂取、習慣的な運動プログラム、ライフスタイルの改善をあげています。

このようなキャンペーンの結果、健康食品、ビタミン、ミネラルの売れ行きが飛躍的な伸びを上げています。

政府はこのキャンペーンを成功させるために栄養補助食品の安全性や効果の研究などに大学や研究所にどんどん補助金を出しているのです。

これによる健康産業を育てるというもう1つの米国の世界戦略があることも見逃せません。

体質と生活習慣病

2021.01.06 | Category: 病気を予防する

人の体型や体格の基になる遺伝的要素として「体質」があります。この体質の分類のーつに胚葉性によるシェルドンの分類があります。

それによると、受精した卵子が分割して行く過程で内胚葉、中胚葉、外胚葉の三つの組織に分かれて、内胚葉由来は内臓になり、中胚葉由来は骨や筋肉、外胚葉由来は神経系・皮膚になるというものです。

その発達過程において、それぞれの発達の速度には個体差がある事に着目して、それを体質の分類にしたのです。

内胚葉体質では内臓(消化器系)がよく発達し、効率よく食べ物を体内に貯えられるので肥満タイプです。

中胚葉体質では運動器(筋肉や骨)がよく発達し、スポーツ選手にはこの体質の人が多く見られます。

外胚葉体質は、神経系や表皮の発達がよく、感覚神経系が優れています。もちろん、この混合型があり内・中胚葉型は脂肪も筋肉も多いタイプです。

また内・外胚葉型は太ったり痩せたりを繰り返します。生活習慣病のリスクファクターである肥満は内胚葉がよく発達した人であり、このタイプはじっとしていてもお腹が空いて来るので間食の傾向が顕著です。

また、運動が苦手ですので、自転車や水泳等と言った体 重の負荷が軽減する運動が向いています。

中胚葉体質の人は中高年になり運動量が減ると体脂肪が付いて来てしまい動脈硬化、血液粘性、不整脈になりやすいので生涯に渡る持続的な運動が必要です。

外胚葉タイプは生活習慣病とは無縁の様に見えますが、ストレスを感じやすく喫煙や飲酒の習慣が過度に付きやすい傾向があります。

善玉腸内細菌は病気予防の強い味方

2021.01.05 | Category: 病気を予防する

病気予防の強い味方と言えるのが、我々の腸に定住している腸内細菌で、善玉菌のビフィズス菌です。

大腸菌は約100種類以上あり100兆個も腸内に棲息しています。善玉菌は腸管内感染や慢性腸疾患(便秘や下痢)を防ぎ、ビタミン合成やコレステロール合成の抑制、生体の免疫力を高め癌の予防にも役に立っています。

例えば、肉食をすると癌を作る前駆物質が6~7種類は出来てしまいますが、ビフィズス菌300億を一緒に飲むと、前駆物質が出来なかったと言う報告もあります。

逆に悪玉菌と言われるウエルシュ菌、大腸菌が腸内で優勢であると、肝臓や腎臓の障害、動脈硬化、老化、癌等になりやすくなります。

特に、腸内細菌によりアミノ酸から腐敗産物のアミンが作られ、それが発色剤等に使用されているま亜硝酸塩と一緒になると強い発癌性を持つニトロソアミンが作られます。

また、動物性アミノ酸に多く含まれるトリプトファンは腸内で分解される過程でインドール、スカトール等の臭いガスを作り、これも癌に関与しています。

また、脂肪を多く摂ると胆汁酸が増えて、これも悪玉菌と結託して発癌促進物質を作ります。

毎日の快便と無臭のおならは健康のバロメーター、その為にも食物繊維をしっかり摂り善玉菌の繁殖を助ける事が必要です。

食事の内容は基本的には言うまでも無く和食中心にして、乳製品もしっかり摂り、肉より魚、1日30品目以上でバランスを心掛ける事が大切です。

当院のスケジュール