- Blog記事一覧 -未分類 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

未分類 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

ショック症状

2021.06.16 | Category: 未分類

ショックと言う状態は、突然おこる身体全体の末梢循環不全によって起こる症候群の事を言います。

ショック状態の身体的症候としては四肢冷感、冷や汗、意識障害、チアノーゼ、頻脈、呼吸困難それに血圧低下等が現れます。

その原因、発生機序、血行動態等から次ぎの様に分類されています。

発熱、嘔吐、下痢、外傷、出血等で急激に循環血液量が低下する為に血液や 血漿の減少、脱水等によるものを低容量性ショックと言い出血性ショックがその代表です。

また心筋梗塞や重篤な不整脈が原因で心筋障害や心臓や血管の圧迫閉塞によって起こる心原性ショック。

主にグラム陰性桿菌のエンドトキシンによって起こる細菌性ショック、敗血症ショックとも呼ばれる事もあります。

また、循環血液量を超えた血管拡張が起こり、体内の血液分布がまばらになってしまい、相対的に循環血液量が低下してしまう血管運動性ショックがありますが、その代表的な物がアナフィラキシーショックです。

この血管運動性ショックを起こす中には麻酔や脊髄損傷、ワクチン、ペニシリン、更に消化管に出血を起こすワーファリン、ステロイド剤、アスピリン等の薬剤の服用でも起こる事があります。

更に急激な疼痛刺激によっても起こる事があります。

この疼痛刺激によってもショック症状が起こると言う事は、施術する者として常に留意する必要があります。

ショック症状が起こった時には、直ぐに呼吸、血流量、血圧等を安定させる事が必要なので、迷わず救急車を手配する事が重要です。

サレルノ健康規則

2021.06.13 | Category: 未分類

西洋でもヒポクラテスの頃から医術の原理を養生法、薬剤学、外科の三部分に分けていました。

外科の象徴が鉄の輪、薬剤学は蛇、そして養生法を表すものは杖でした。

そして、この養生法に関して言えばアラビア医学から強く影響を受けています。

養生の書として日本の「養生訓」に匹敵するものといえば、13世紀の中世に産まれた「サレルノ健康規則」です。

20世紀にはいった1915年にもドイツで「サレルノ大学の医学的教訓詩」という題名で翻訳出版されているほどポピュラーなものです。

この本は、多くの詩篇からなっていて、大変読みやすく、朗読にも向いています。

最初の頃は200から300の詩で構成されていましたが、後の版では詩の数が数千にもなったそうです。

著者は不祥です。巻頭の言葉は簡潔で力強い言葉で歌い上げています。

 

「汝逞しくあらんと欲せば/次に告げるところを聞け/心を圧す憂いを捨てよ 怒りとは/賤しきことなり、聞けよ/僅かな食べ物のみを摂りて/強き酒には心せよ/食し終えたらば好んで立ちあがれ/真昼の眠りを控えよ/尿を長く堪えることなく/腸に動きを感ぜぱ、これに従え/我汝に教えるそのまま行なえば/長き人生を旅することならん。」

養生法の原理として「医師よりも良きものは三つの原則、つまり安静、明朗、節度」でそれに関する生活や食事の戒めの詩が続いています。その中でも養生生活の格言として独立して、諺として現在まで伝わっているものも数多くあります。

例えば「食事の後は憩うべし/さも無くば1千歩を歩むべし」「入浴、葡萄酒、性愛は/我々の身体を滅ぼす。/しかれども生命を作るのは入浴、葡萄酒、性愛なり」。

このサレルノ健康規則はまた旅行用と船乗り用、老人用等も作らていました。

期待される再生医療

2021.06.10 | Category: 未分類

IPS細胞の利用は角膜等から応用され将来的にはあらゆる臓器の再生を可能にするかもしれませんが、現時点ではまだ皮膚や骨や血管といった部分組織の再生が実用化に至った段階で、内臓や手足などの高度な複合組織の再生は、研究が始まったばかりです。

組織の再生には、①細胞、②細胞の足場となる支持体、③細胞増殖・分化因子の3つの要素が必要です。

皮膚を再生するには、コラーゲンのスポンジシートに皮膚のもとになる細胞を播いて培養したものを使ったり、シートを皮膚が欠損した部分に直接張ればよく、その周辺の正常な皮膚から繊維芽細胞がスポンジ内に入り込み、真皮組織が再生されていきます。

他にも関節軟骨の再生や歯周病で失われた歯周組織の再生は臨床に応用され、心臓の部分組織や食道・気管・小腸・膀胱・角膜や網膜や毛髪などほとんどすべての組織の再生が研究されています。

また今まで治療法が見つからなかった病気治療の応用にこの再生医療が注目されています。

バージャー病は喫煙者に多く、手足などの血管に血栓が詰まり、血流が悪くなって激しい痛みや痺れが起こり組織が壊死してしまう病気ですが、血流を改善する薬やバイパス手術でも治る人は少なく、悪化して手足を切断するケースも多い難病です。

骨髄に存在する血管内皮前駆細胞を利用した再生医療が「血管新生治療」で、集めた前駆細胞を患部の手足の病変部にまんべんなく注射するだけです。

両足だと150ケ所程度、数日後には血流が改善して痛みも治まってくるといい、8割もの高い効果が出ています。

また骨髄をとるための技術や設備が必要な腰椎穿刺ができなくても、血液中にもわずかに含まれる前駆細胞を集める方法でも可能で、糖尿病などの慢性閉塞性動脈硬化症にも活用されています。

PNF

2020.02.18 | Category: 未分類

筋肉には運動神経の他に、感覚神経が延ぴています。この感覚  神経が、筋肉が今どういう状態にあるかを中枢神経に伝え、それによって反射的な収縮連動が起こります。この感覚装置は筋線維の中にある筋紡錘です。この筋紡錘を徒手的に刺激する事により、神経、筋の反応を高める運動療法をPNF (Proprioceptive Neuromuscular Facilitation)「固有受容性神経促通法」テクニックと言います。 筋紡錘や腱の中にあるゴルジ腱器官の固有受容器に刺激をして筋肉の収縮を高めるのです。PNFは1940年に米国の神経生理学者カバットが理論化し,50年代にノットとボスの2人PT(理学療法士)が手技として確立しました。主に脳血管障害や脳性麻痺などによる神経障害 、筋力低下、協調性不全、関節可動域制限または、日常生活に必要な運動機能を向上させるためにPTが正しい刺激と操作を加え、正常な生体反応を引き出す治療法なのです。そのテクニックには対角線(ななめ)の動き、螺旋(ひねり)の動きという3大元的な動きを組み合わせてできた促通のための上肢、下肢、頸、体幹などの運動パターンが特徴的です。また反応を促通するために受容器を手で刺激したり、口頭での指示、筋肉に対しての抵抗、ストレッチ、牽引、圧縮などの方法があります。このPNFはスポーツにおいても連動機能を向上すると言う事でこの分野でも使われる様になりました。

麻疹免役更新

2019.09.29 | Category: 未分類

子供が初めて麻疹に罹ると、全身の皮膚や肺の細胞にウイルスが到達し、全身に発疹が出ます。やがて治れば、原則としてその子は以後麻疹ウイルスには感染しません.B細胞やT細胞は、侵入した「外敵」に対応したレセプター(抗体分子)を備えていて、その一部は数ケ月から数年の寿命を持ち、免疫記憶を担当するメモリー細胞となります。そして再度の侵入にしては、すぐに抗体やキラーT細胞が作り出され、麻疹の症状を呈する前にウイルスは排除されます。免疫記憶がどれ位の期間維持されるかというのは「外敵」の種類によって異なり、麻疹の場合は数年、普通の風邪はせいぜい1年程度しか維持されません。数年しかメモリーが維持されない麻疹になぜ「二度なし現象」があるかといえば、それは免疫記憶が更新されるからです。運転免許証の書き換えの様に、有効期限内に新たな麻疹ウイルスの抗原刺激を受ける度、メモリー細胞が即座に対応し、抗体や感性リンパ球が作りだされ、その時メモリー細胞も新しく生まれ変わります。ところが最近では、子供の時に麻疹を経験していても、自分の子供が麻疹に罹った時、-緒に罹る親が見られる様になりました。少子化や核家族化等により感染の機会が減り、免疫記憶の更新を受ける事が少なくなったと考えられます。

当院のスケジュール