- Blog記事一覧 -感情 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院- Part 2の記事一覧

感情 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院- Part 2の記事一覧

多動症(注意欠損多動障害)

2019.11.12 | Category: 感情

今、小・中学校では「学級崩壊」が問題になっていますが、そうならないまでも1学級に必ず1~2人の落ち着かない子供がいます。先生の話に集中出来ない、忘れ物が多い。飽きっぽい、すぐカッとなる、軽率な行動を取る、等が挙げられます。こうした行動の原因は、家庭の躾や愛情不足のせいだと考えがちですが、これは脳の微細な働きの障害に基づく、れっきとした(注意失陥多動症)という”障害”なのです。多動症は発達障害の中でも極めて発症頻度が高く、全児童の3~6%に存在し、男女比率も3~6:1と男児に多いのです。主要症状は、多動、注意障害、興奮性、衝動性です。こうした子供は何をするにも失敗しやすいので、よく叱られてばかりいますが表面的にはしょげたりしないので、周囲の人はその子が内心は深く傷つき劣等感が強いと言う事に気が付きません。次第に学校社会から脱落し非行に走りやすく、非行少年の多くが多動症児である事は一般には余り知られてはいません。多動症の原因はまだ解明されていませんが、遺伝は重要な因子で、他にもアレルギ一体質や食品添加物等が挙げられています。治療は薬物療法、治療教育、心理療法等が柱となります。薬物にはリタリンという中在刺激剤が有効で、抑制系ニューロンを賦活させます。副作用を心配する声もありますが、児童精神医学の先進国であるアメリカでは既に常識になっています。薬を飲まないで放って置くと問題がより深刻になるケースが多くなります。

アレキシサイミア

2019.11.11 | Category: 感情

感情が心身に影響を与えていると言う事は普段の生活で誰でも感じてます。この、感情と心身の疾患との関係を明らかにする基本的な概念がアレキシサイミアで、I970年前半にハーバード大学医学部精神科教授のピーター・シフニオスが提唱しました。最初は心身症の患者の臨床的な観察から発展していき、心身症の因子として内的葛藤より、むしろ感情あるいは情動の認知的処理における障害である事を示唆する報告がなされました。そこから発展して現在アレキシサイミア構成概念は下記のように定義されています。

①感情を認識し、感情と情動喚起に伴う身体感覚を区別する事の困難
②他者の感情について語る事の困難
③空想の乏しさに明らかな、限られた想像過程
④刺激に規定された外面性思考の認知様式

とあります。現在までの臨床研究でも、感情の障害は心身症だけでなく身体表現牲障害、薬物依存、PTSD(心的外傷ストレス障害)、過食拒食症や様々な精神疾患、更に癌や心疾患などの身体疾患との関連も報告されています。まだまだ、学問的には研究途上ですが、感情制御や調整の障害という観点から心と体の疾患を捉える考え方は、現代社会が抱える問題である衝動的な行動や犯罪にも新たな視点が提供される可能性があります。

高齢者の感情

2019.11.08 | Category: 感情

高齢になると多かれ少なかれ若い頃とは違った感情を生きる事になります。頑固や、わがままは老化の一つと見なされたりしますが、脳梗塞などの脳血管障害によって人格に変化か起こる場合も多いのです。ハッキリした発症が自覚されなかったり知能に影響がみられない場合などは、脳血管障害が起こったとは気づかれないでしょう。こういう場合、ケチな人がよりケチに、怒りっぽかった人はカンシャク持ちに、キチンとしていた人は回りくどくなったり、涙もろくなったりします。これは脳のダメージによって感情を抑制するカが衰えて、それまでの性格がより極端に現れるようになった為と考えられます。男性の場合などは性欲が亢進した様に感じられる事もあります。また鬱病も多くなります。脳血管障害を起こした後の1年関に鬱病と診断きれた患者は、一般の鬱病の率よりも遥かに高い(30~65%)事も分かっています。つまり高齢者の性格の変化の裏には脳の気質的変化による物も多いと考えられるのです。また人格に変化をもたらすのはパーキンソン病や内分泌の異常等がありますから、性格の変化を単なる老化として見過ごさないように。

高齢者の感情感情を作る物質

2019.11.07 | Category: 感情

意欲は視床下郎が、感情は大脳辺縁系が、知能は前頭葉と側頭葉が担い、これらの働きが協調し合って人間らしい感情を生み出しています。そしてそれらを刺激するのが神経伝達物質で、主なものはドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなどです。脳幹のA系列から出ているA10神経はドーパミンを分泌するのですが、このA10神経は脳幹から視床下部、大脳辺縁系、前頭連合野と側頭葉へと伸びる精神系だけを通っている特異な神経です。ドーパミンは快感を強くもたらす物質で、これら通り道の脳の各部に快の刺激を与えながら人間らしい情動を作っている訳です。ドーパミンが分泌きれると、心地良くくつろいだ様な気分の快感を生じますが、強いエクスタシー的な快感ではありません。その為、人間ではやる気の源にもなっています。ノルアドレナリンはこのドーパミンを酵素によってちっと変えるだけで作られるものですが、怒りのホルモンとも言われる様に怒っている時に多量に分泌されます。またセロトニンは最近になって情動に関しているらしい事が分かってきた物質で、B系列の神経から分泌され、A系列で生じた快の気分や怒りを鎮まらせる働きをしています。これらの神経伝達物質がうまく分泌されなかったり、分泌されても上手く取り込まれなかったり、処理されない場合に感情障害をもたらすのです。精神分裂病にはドーパミンが、セロトニンは鬱病と関係している事も分かっています。

怒りを克服するには

2019.11.06 | Category: 感情

怒りの感情は、大脳辺縁系の中でも「好き嫌いの脳」と呼ばれる扁桃核で生まれます。視床に届いた五感の情報は扁桃核に伝わり、次に「理性の脳」である大脳新皮質へ送られます。時として情動が理性を吹き飛ばす事があるのは、「好き嫌いの脳」が「理性の脳」より一瞬早く反応を始める為だと考えられています。ですから情動が起こるタイミングや内容をコントロールする事はほとんど不可能なのですが、情動の表し方や接続時間はコントロール出来ます。怒りを押し殺す事は必ずしも良くありませんが、感情の強さや持続時間をコントロール出来ないと、抑うつ状態になったり荒れ狂りたりする等、病的な状態に陥る事があります。怒りを克服する方法としては怒りの原因(人や状況)を心の中から追い払う事で、それにはまず。「自問自答法」で理性的に状況を振り返って、大した問題では無いと思い直す方法があります。次に自分の心にストップをかける「ストッブ法」で、怒りが残ったら、「ストップ」と心の中で叫んで思考を停止し、怒りの感情や衝動をパスさせます。それでも気分が治まらない時は「紛らわせ法」を使い、何か別の事に注意を向けてこみあげてくる怒りをそらす事で、元の原因を消し去るのです。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒259-1137
神奈川県伊勢原市笠窪383-3

駐車場

5台あり

休診日

水曜日

ご予約について

当院は完全予約制となっております。