- Blog記事一覧 -循環器 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

循環器 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

ワーファリンに注意

2021.06.19 | Category: 循環器

動脈硬化や心筋梗塞などの循環器系の薬にワーファリンがあります。

この薬は血液凝固に必要な血漿蛋白質合成に必要なビタミンKの働きを抑える事で、血液を固まりにくくさせる物です。

しかしこのワーファリンを服用するには細心の注意が必要です。

まず服用を忘れると心筋梗塞等の症状が悪化したり、反対に飲み過ぎると出血しやすくなります。

更に様々な食べ物、薬の相互作用が大変大きいのです。

食べ物の筆頭は納豆で、ビタミンKを多く含む上に納豆菌が腸内でビタミンKを作る為に最も禁忌の食べ物とされています。

他にブロッコリー、ほうれん草、トマト、アスパラガス、キャベツ、レタス、海藻類がビタミンKを多く含みます。

更に他の薬との飲み合わせに問題が多く、例えばH2ブロッカー系の胃薬を一緒に飲むとワーファリンの分解が遅くなり、その為に薬効が増強され出血傾向となります。

効果が増強する物には他にアルコールや解熱鎮痛剤、抗生物質、消炎剤、アスピリン等があって、消化管・鼻・歯茎からの出血、傷口からの多量の出血、月経過多、血痰、赤色またはコーラ色の尿、赤色又は黒色便、立ち眩み、ふらつき、皮膚の内出血等の副作用が出る事があります。

歯科治療で抜歯後等は解熱鎮痛剤のボルタレンを処方される事があるのですが、致命的な合併症を引き起こす事もあり、大変危険です。

その他糖尿痢、痛風、甲状腺等の薬との飲み合わせも注意しなければなりません。

こんな薬が薬の名に値するのか疑問ですが、実際には多くの人が飲んでいる薬なのです。

血管の病気とその兆候

2021.06.19 | Category: 循環器

既往歴、生活習慣病の有無、血液の検査数値等の問診で血管の病気はある程度推測出来ます。

しかし、実際の身体に表れる身体の変化は視診や触診がなにより大切です。

血管は先天性の異常もあるし、動脈硬化、血栓症、感染、血管の炎症、腫瘍、外傷等様々な原因で障害されます。

血管の障害により血栓や塞栓が生じると、血液の循環が阻害されてその先の末梢の部位が虚血になったり、その部位が心臓や脳であれば致命的な梗塞が起こります。

また血管に表れる病気は血管が詰まる閉塞性病変だけで無く血管が膨らんでしまう動脈瘤や静脈瘤のような拡張性病変もあります。

特に四肢に表れる血管病変は視診が重要です。

血行に何らかの障害があれば、下肢などの皮膚に色調の変化(蒼白あるいは紅斑)、チアノーゼ、腫脹、浮腫、硬化、肥厚、乾燥等が表れます。

更に手足の先の潰瘍や壊死の形成に進む場合もあります。

慢性的な動脈病変の場合には、栄養が障害され足が細くなったり、爪の変形、脱毛もよく起こります。

また虚血の状態を知るには重力に抗するように手足を挙げると皮膚は蒼白になり、下げると暗紫色に変色する事もあります。

更に正常の足に比べると皮膚の色の回復する時間が長くなります。

また、血管の病気がある側の皮膚温はおおむね冷たく、両手で両下肢を触り皮膚の温度の左右差を見る事も大切です。

動脈を触知できる脈の強さも左右で違ってきますから、脈を見る事も重要です。

この様な視診や触診で四肢に表れた状態は全身の状態を知る上でも大切です。

ぬるい湯が血栓予防

2021.06.18 | Category: 循環器

高齢者は臓器、組織共に衰えて行きますが、知覚もかなり鈍くなる傾向があります。

ですから入浴時、体感的には気持ちょいと感じられるお湯も、実際にはかなり高い温度になっている場合が多いのです。

ところが、このお湯の温度は血液の粘性と密接な関係を持っていて、お湯の温度が42℃を越えると血栓の生成を促進すると言われています。
その危険因子は

1)凝固因子である血小板を活性化させる物質は42℃以上の熱い湯の中で血中濃度が高まる。
2)血栓を溶かす働きをするプラスミンの生成を促進する物質は38~40℃で増えます。しかし42℃以上では阻害する物質が増える。
3)血液の粘度が最も高いのが42℃の全身浴。最も低かったのが38℃の全身浴。
4)熱い湯は交感神経を刺激して血圧を上げる作用がある。

等です。この様に高齢者の熱い風呂の危険性は明らかです。

お湯の温度が39~40℃で心臓に負荷を掛けない為にみぞおちの下まで浸かる半身浴がお勧めです。

また、余り長湯をせず、一回3~5分位にして、身体を洗ったり、水を飲んだりしながら、何回かに分けた入浴が良いと思います。

特に高血圧症、糖尿病等動脈硬化の可能性のある高齢者にはぜひこの様なアドバイスをしてください。

高齢者の血圧コントロール

2021.06.18 | Category: 循環器,老化

日本の65歳以上の3人に1人は高血圧で、血圧が高いほど心臓血管病や脳卒中の危険が増します。

一般に血圧は加齢に連れて自然と高めになり、70~80歳にもなれば程度の差は有るものの動脈硬化が進行します。

全身の細胞に行き渡らねばならない血液が血管の内径が小さくなる為に減少するのを、心臓のポンプの力を強める事で補う為に血圧が高くなると考えられます。

老人科専門の診療所等の治療方針では、比較的若い高齢者に対しては中年と同様に生活指導と平行して降圧剤等でとにかく血圧を低く保つようにしますが、70歳以上の高齢者に対しては投薬は慎重に行う要です。

食事・運動・嗜好の指導等の非薬物療法が主流で、血圧がとても高ければ少量の投薬から始めます。

高齢になればなる程薬による問題が起こる率が高いのです。

若者に比べて薬が体内に残る時間が長く、始めの内血圧が下がら無くても2、3カ月後に急に下がったりする事や、病院で多数の薬をもらっている人の場合「多剤併用」による副作用が起き易い事が大きな問題になっています。

降圧剤を服用している高齢者が急に元気が無くなったり、フラついたり、呆けた要な時はすぐに血圧を確認します。

収縮期血圧がかなり下がっていれば転倒やせん妄を起こす危険があるので注意が必要です。

足の脈拍を診る

2021.06.18 | Category: 循環器

高齢の方で、脚の痺れや冷えがあり、歩くと太腿やふくらはぎが痛み、休憩すると痛みが取れる等の間欠性は跛行の症状を訴える人がいます。

この場合加齢による筋肉の衰えや座骨神経痛だけで無く、足の動脈が徐々に詰まって行く閉塞性動脈硬化症に注意する事が必要です。

歩行する為には筋肉に酸素が必要になりますが、動脈の内径が狭い為に、血液が十分に行か無いので酸素不足になり、この様な症状が現れ、休憩すると血液が供給されるので痛みが無くなるのです。

この時は関節が痛くなる事はありません。更に動脈硬化が進むと安静時も痛くなり、放置すると壊死を起こし、切断する事になりかねません。

脚の痺れ、冷え、歩くと痛いと言う症状を訴える場合には、閉塞性動脈硬化症が無いか、必ず左右の脚にある動脈の脈拍の強さを比較したり、足の色が紫や白色になっていないか、感覚麻痺が無いか等確認する事です。

治療法には血管拡張薬や、抗血小板、抗凝固薬、更に悪化するとバイパス手術といった対症療法が行われます。

また血液循環を良くする運動が治療と予防にもなり、運動する事でバイパスの内径が広くなります。

痛くなるまで歩く事も大切で、痛くなったら休み、を繰り返して歩行距離を伸ばし新しいバイパスを発達させる事が大切です。

当院のスケジュール