- Blog記事一覧 -循環器 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

循環器 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

クモ膜下出血

2020.04.30 | Category: 循環器

クモ膜下出血は時、場所を選ばず突然前触れも無く激しい頭痛から始まる事が多い疾患です。

嘔吐したり、項部硬直(発病して数時間後に現れます)があったり、意識を失う事もあり、そのまま死亡する事も珍しくありません。

中には数日で頭痛等の症状が治まる事もあるのですが、再び出血する事が多く、この場合の死亡率は4割にも達します。

原因の8割はくも膜下腔にある脳動脈に出来た瘤(動脈瘤)が突然破裂して脳を障害するものです。

40~50代の働き盛りに多い病気で、50歳以上では10万人につき、年間約60人にもなります。

警告症状としてはやはり頭痛ですが他の原因による頭痛との区別は大変付きにくいものです。

また眼瞼下垂(片方のまぶたが下がる)が現れる事もあります。頑固な治りにくい肩凝りや首の痛みも見られます。

その場合、強い力で揉んでもらったりすると、胸に圧力がかかって胸圧が上がったり、頚の血管等が圧迫されて悪化する場合があるので注意を要します。

家族にくも膜下出血を起こした人があれば特にこうしたサインには注意が肝心です。

脈は波動なのだ

2020.04.05 | Category: 循環器

東洋医学では脈の状態を診る脈状と、脈診の部位によって経絡の虚実を比較して診る方法の二つの脈診があります。

血管を流れる血液の状態を知る事により、脈その物の深浅、緊張度、太さ、調子、速度等から病状を考えます。

そこで脈とは何かという事で循環動態という医学の分野の面白い報告があります。実は脈は波動であるという事です。

海岸に打ち寄せる波は、岸に次々打ち寄せてきます。しかし波間に浮かぶ物はただ上下しているだけで進んでいる様に見えません。進んでいる様に見えた波も波形が連続的に位相を変化させているだけです。

つまり海の表面を粗密波が伝播している現象なのです。

心臓の拍動が伝わる現象を見ると正にこの粗密波の伝播であると言うのです。

この波を起す震源地になるのが大動脈弁口部です。

威勢よく血液が通過する時弁口部に振動が発生して、この振動が血管壁を伝播して行くのです。

と言う事は、手首の動脈で触れた拍動は血液では無く、毎回血液が心臓から飛び出す時に発生する振動が動脈壁を通って手首に行く現象なのです。

因みにこの脈波の伝播の速度は、血流速度のおよそ秒速0.7メートルの約10倍の秒速メートルと言う事です。

特に「素問」の三部九候診にある9か所の拍動を診る古典的な診療法は、各部位の血管壁の波動の微妙な変化を感じた昔の人達の素晴らしい切診技術であった訳です。

動脈硬化原因異説

2020.04.04 | Category: 循環器

粥状動脈硬化の原因は、血管の内皮が傷付き単球やマクロファージ等が血管壁に入り込み、変性したLDLを取り込んで泡沫細胞として粥腫となる、というのが一般的ですが、血管を構成している蛋白質の変性に原因があるという説があります。

動脈の内側には薄い膜があり、その下に内皮細胞が並んでいます。

その細胞の間には微小管孔という赤血球も通せないほど小さな3~5ミクロンの孔があり、その孔は動脈壁に内側から栄養や酸素を与えている、つまり血管の血管であると考えられます。

その微小菅孔は蛋白質で出来ていて、微小菅孔を出入りする血漿成分を取捨選択していますが、それらの組繊蛋白が変性した為に動脈壁は栄養不足、酸素不足になり動脈硬化を起すと訳けです。

組織蛋白(エラスチンやコラーゲン、糖蛋白、グリコサミノグリカンス等)が変性するとヒスチジノアラニンら微量物が出来て変性した蛋白質を繋ぎ合わせます。

更に別の異種蛋白も出来て、この蛋白が脂肪やカルシウムと親和性かある為に、コレステロールなどの粥腫を構成する事なると言うものです。

動脈硬化の原因や促進要因に高血圧、高脂血症、糖尿病があるのは勿論ですが、これらの疾患の全てで動脈硬化が生じる訳ではありませんから、動脈硬化を発症するに至るのは出来の悪い蛋白が作られ易い事があるのかもしれません。

動脈硬化が出産促進?

2020.04.03 | Category: 循環器

妊娠すると胎児は母親から栄養を貰いながら10ヵ月をかけて育っていきます。

その母親からの栄養は胎盤から胎盤動脈、臍帯動脈を通って胎児に届けられるのですが、その胎盤動脈が発生してから役割を終える出産までの過程は、人の動脈の一生と同じ過程を辿ります。

動脈は、発生した後成長成熟し、やがて老化し動脈硬化となって行きます。胎盤動脈は10ヵ月の間にそれと同じ様な過程を辿るという分けです。

胎児が成長してそろそろ出産という2~3週間前からは胎盤動脈の内腔が厚くなり、出産時には全く閉塞状態になっています。

その組織学的特徴は人の動脈硬化の特徴と同じなのです。

流産や早産で10ヵ月に満たずに胎児が母体から出た時、その胎盤動脈は閉塞を起しており、10ヵ月経っても陣痛が無く、止むを得ず陣痛促進や帝王切開の処置をした時の胎盤動脈は閉塞が起こって無い事が多いそうです。

出産の時期は直接的にはホルモンによるものだとしても、この胎盤動脈の動脈硬化が影響している事は確かです。胎盤動脈の耐用期間を10ヵ月と決めて、妊娠期間で出産出来るよう、ホルモンだけでなく、栄養補給の装置の面からもプログラムしているのでしょう。

高血圧と腎臓

2020.03.20 | Category: 循環器

人類は進化の過程で、海中から陸上に生活の場を移したのですが、この事を可能にした臓器のひとつが、泌尿器系の腎臓なのです。腎臓と血圧の関係で言えば血液や体液の流れを円滑にする為に働きますが、言い替えれぱ塩分が容易に摂取出来ない環境でかつ重力に抗して生きる為に、腎臓と血圧は密接に連動して働いているのです。塩分を殆ど摂取し無い民族を調査すると、高齢者になっても高血圧にはなりません。しかし、塩分に含まれるナトリウムは細胞の代謝に絶対必要な物です。そこで腎臓の重要な機能の一つにこのナトリウムをいかに体内から出さない様にするかがあります。所でで、塩分を過剰に摂取するとなぜ血圧が上がるのでしょうか。実は本態性高血圧の人は元々尿細管のセンサーがかなり高い血圧をかけないと塩分を排泄しない様にプログラミングされているからだと考えられています。つまり、本態性高血圧の人は、元々塩分を体内から排泄させない能力が通常の人より勝っているとも言えるのです。海洋民族と遊牧民族の様に環境における塩分の摂取量が異なる地域のこのプログラミングに違いが出て当然です。高血圧の無い民族も文明化して塩分を摂取する事になると、その能力の為に高血圧になってしまうのです。腎臓のこの機能を考えると、塩分が血圧にいかに悪いかがうなずけます。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒259-1137
神奈川県伊勢原市笠窪383-3

駐車場

5台あり

休診日

水曜日

ご予約について

当院は完全予約制となっております。