- Blog記事一覧 -不定愁訴 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

不定愁訴 | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

男の更年期

2021.07.05 | Category: 不定愁訴

男の厄年を過ぎた45歳から50歳代は、仕事の責任も重くなり、家庭でも色々な問題が発生して精神的な重圧は益々高くなります。

また、この頃から男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が徐々に低下する事で、ホルモンバランスが崩れ、それが引き金になって、様々な不定愁訴が引き起こされます。

主な症状としては顔がほてる、のぼせる、汗をかく、動悸がする、めまいがする、頭痛、肩が凝る、手足がしびれる、腰が痛い、眠れない、気分が滅入る、イライラする、集中力が無くなる、忘れっぽくなる、性欲が減少する等です。

この年代の男性にとって仕事は第一ですが、この様な不定愁訴が出ると仕事から脱落するのでは無いかと言う不安から不安神経症になったり、しばしば死の恐怖、動悸、呼吸困難と言った不安発作が見られる事があります。

この不安定な精神面から不眠になる事もあります。

またこの年令は酒量も徐々に増える傾向にあり、高血圧、糖尿病と言った病気になって行くケースがあります。

更にテストステロンの減少にあわせ50歳を超えた男性の4人に1人は前立腺肥大症が現れ、残尿感、頻尿といった排尿障害が表れてくるのです。

この年代はまさしく男のクライシス(重大局面)と言えるのです。

シュガーブルースは現代病

2021.07.04 | Category: 不定愁訴

脳と神経系にとって最も重要な栄養素は、燃料となるブドウ糖です。

脳にブドウ糖が安定して供給されないと、疲労・いらいら・めまい・不眠・集中力低下・物忘れ・うつ症状・情緒不安定・かすみ目といった不定愁訴が現れます。

脳に必要な物がブドウ糖なら、ブドウ糖と果糖で出来ている砂糖を摂れば、効率よく利用されると思いがちです。

実際、その様なCMがテレビで放映されていましたが、砂糖のように純度の高い精製炭水化物を頻繁に摂ると、かえって脳の働きが悪くなるのです。

脳にブドウ糖を安定的に補給する為には、血液中にいつも一定の値のブドウ糖が含まれなくてはならず、血糖値は常に監視されています。

身体はあらゆる食物を消化吸収してエネルギーに換え、余ったものは貯蔵グリコーゲンとして肝臓や筋肉に蓄え、必要な時にいつでも取り出せるようにしています。

砂糖を始めとしてハチミツや精製された小麦で作られたパン・ケーキ・クッキー・菓子類やジュース等は、加工の過程で吸収されやすい単糖類に変わっているので、消化を余り必要としません。

食べるとすぐに糖類が血流に入り、血糖値が急速に上がりますが、身体は血糖があふれるのを避ける為に血糖値を下げようとして、膵臓からインスリンを分泌します。

すると血糖値は反動で低くなり過ぎて食後1~3時間はかえってエネルギーが落ち込みます。

いつも菓子やケーキ等の精製炭水化物食品を食べていると、糖不耐性と言って血糖値を安定に保つ事が出来なくなり、かえって脳が栄養不足状態に陥ってしまうのです。

砂糖の摂り過ぎで起こる不定愁訴を砂糖病(シュガー・ブルース)といいますが、こんな症状が出たら、食生活を振り返ってみるのも大切かもしれません。

冷房病と不定愁訴

2021.07.03 | Category: 不定愁訴

天気によって不定愁訴が表れる事はよく耳にします。

特に温度や湿度の極端な変化や季節の変わり目、低気圧が通過する時等に神経痛、胃腸障害、頭痛、腹痛、月経異常等が表れたりします。

これらの自然現象で起こる不定愁訴は天気が好転すると治まりますが、厄介なのが夏季の冷房のかけ過ぎによって起こる不定愁訴です。

かなりの人が悩んでいるのですが、オフィスや乗り物、デパートや飲食店の冷房は暑がりの人や代謝の良い若い人に合わせて設定されている為に温度が低めです。

また何度も出入りを繰り返すと、身体の体温調節が上手く行かなくなり、それによって全身の倦怠感を起す事もあります。

それでは冷房がいけないかと言うと、そうとも言いきれません。高温多湿の日本の夏は、身体が消耗しやすく、眠りも浅くなり、食欲も減退してしまう嫌な季節です。

昔から「夏バテ」「夏痩せ」という言葉もある程です。この様な夏の暑さから身体を守る為に、エネルギーを使い過ぎない様に体内の代謝量を低下させているのです。

ですから、身体は疲れやすいので昔からお盆休みや夏休みがあるのです。このような季節を乗り切る為には冷房を上手く利用する事も大切なのです。

個人差はありますが、27度前後が適温だと言われています。

室内の温度に肌寒さを感じない程度が目安になります。また「夏かぜ」の原因として室内の空調がありますので、ハウスダストには注意が必要です。

甲状腺機能低下に注意

2021.07.02 | Category: 不定愁訴

更年期の時期に、更年期障害とよく似た症状が出る病気に慢性甲状腺炎(橋本病)があります。

自己免疫疾色の一つで免疫細胞が甲状腺を標的に攻撃する為甲状腺機能が徐々に低下して行き、甲状腺ホルモンが滅少して行きます。

同じ甲状腺の自己免疫疾患でも機能が亢進するとバセドウ病ですが、慢性甲状腺炎の方が数的にも多く、症状も他の病気と紛らわしかったりするので見逃されやすいので注意が必要です。

甲状腺ホルモンは新陳代謝を活発にするホルモンですから、これが不足すると体温が低くなって寒がりになり、皮膚は乾燥してカサカサで粉をふいた様になります。

心臓の鼓動も減り、便秘になります。

更に甲状腺ホルモンは精神の活動にも影響を与えている為気力が無くなったり、動きも鈍くなって来ます。

その為うつ病と間違われる事もあるのです。

また体内のあらゆる物質の代謝がゆっくりになっていますから、コレステロールの分解が遅くなり、高コレステロールになりやすくそれが動脈硬化や高血圧にも結び付いてきます。

甲状腺の機能低下はゆっくりと進み、一つ一つの症状は老化に伴う些細な物と見られる為、高齢者の場合は余計に見逃される恐れがあるのです。

上記のような不定愁訴も、更年期障害や老化の兆候としてだけで無く、甲状腺機能低下の可能性も考慮する必要があります。

動悸・息切れありますか?

2021.06.29 | Category: 不定愁訴

中高年になってからは普段余り運動をしないと言う人は、少し激しく体を動かしただけで息が荒く心臓の動悸がなかなか治まら無かったりしますが、これは加齢による体力低下で心配の無い物です。

また運動していない安静時、心臓に「ドキン」「ドドドッ」「脈が飛ぶ」といった症状があると誰でも不安になりますが、こう言ったたまにある期外収縮による不整脈も多くは放置して置いても大丈夫です。

この種の不整脈の回数が正常の脈拍の10%以下なら全く問題なく、若い女性や神経質で完璧主義の人に出やすい傾向があり、ストレスが多い人にも見られます。

回数が多く息苦しいと言う場合は、念のため検査をした方がいいでしょう。

また動悸や息切れが起こるので病院で検査をしても何の異常も見つから無いと言う場合、よくあるのが更年期に多い自律神経失調症によるものです。

のぼせやほてり・発汗を伴うなど、人によっては毎日朝晩問わず症状があり、多くの場合は更年期の割と早い時期に起こって一定期間を過ぎれば良くなります。

日常生活に支障がある様なら、漢方療法・自律訓練法等が有効です。

風邪を引いた時、特にインフルエンザにかかって1週間位の間に、心臓がドキドキし息苦しいといった症状が現れたら要注意です。

インフルエンザのウイルス感染によって起こる急性のウイルス性心筋炎で、ショック状態や失神等の危険な状態になる場合もあります。

軽く済んで治ったように見えても、不整脈が後遺症として残る事があるのです。

当院のスケジュール