- Blog記事一覧 -アレルギー | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

アレルギー | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

アレルギーの主役IgE

2020.12.03 | Category: アレルギー

体に入った異物はT細胞が認識して免疫反応が始まります。ヘルパーT細胞は抗体を作る様に働き、サプレッサーT細胞は抗体産生を抑制する様に働きます。

このバランスが上手く行けば体を守る免疫として作用し、マイナスに働けばアレルギー症状を起こすのです。

ヘルパーT細胞がサイトカインを作ってB細胞に働きかけると、B細胞はlgE抗体を作り始めアレルギーを起こす様になるのです。

lgEは体中にある肥満細胞や血液中の好塩基球と結合してヒスタミン等の毒性の強いアミン化合物を分泌させて様々なアレルギーの症状を起させる訳です。

lgE抗体は最も多い抗体であるlgG抗体の1万分の1の量しか無いのに激しい反応を起こし、時にはアナフィラキシーショックで死に至らせる事もあるのです。

元々lgE抗体は寄生虫感染用に体が用意した物ですが、寄生虫がほとんど居なくなってしまった今、攻撃の矛先が自分に向けられる様になったのだと考えられます。

ところでlgG抗体はもっぱら細菌等の侵入によって多量に作られますが、lgGが沢山作られるとlgEの産生は抑制されます。つまり体が細菌と闘っている間はlgEは余り作られないのです。

しかし衛生的で抗生物質が使われる様になった体は細菌とも闘う必要が少なくなり、lgEの産生を押さえ込む事が出来なくなってアレルギーに悩まされる様になったと言えるのです。

アレルギーと遺伝

2020.12.02 | Category: アレルギー

アレルギー疾患は遺伝的な素因が関係していることは両親や兄弟や祖父母の内誰かがアレルギー疾患を持っているとなりやすい事でも明らかです。

疫学的な調査によると、一般的に一人の子供がアレルギー症状を発症する確率は20%です。

しかし、片親がアレルギー体質が有れば50%になり、両親共アレルギー体質を持っている場合は66%に上ると言われています。

最近の遺伝子研究で特定の染色体の遺伝子とアレルギー疾患が明らかにされてきました。

それによると染色体の4番には気道過敏症、6番には好酸球数、7番には気道過敏症、11番、13番、16番にはアトピー素因の病因遺伝子がある事が分かって来ました。

この様に複数の遺伝子が病因遺伝子として存在していて、それらが複合的に関与して多様な病態を作ると考えられています。

遺伝的素因との関係がハッキリしている病気にはアレルギー以外に肥満、癌、糖尿病、高脂血症等もありますが、生活の質(QOL)を高める事でかなり予防する事が出来ます。

アレルギー体質も同じで、特に食生活や環境衛生に注意する事で、病気の発生を遅らせる事が出来ますし、発症しないまま一生を送る事が出来ます。

つまり、アレルギー体質が遺伝しても、疫学的には半分の人にしか発症しない病気と言う風にも考えられるのです。

アレルギーと肥満細胞

2020.12.01 | Category: アレルギー

アレルギーは皮膚や粘膜に出やすいのですが、それは肥満細胞がアレルギー反応に深く関与しているからです。

肥満細胞と言っても脂肪を貯め込んでいる白色細胞や褐色細胞ではありません。細胞質の部分が大きく多くの化学物質の顆粒を含んでいる為肥満して見える為にこの名前があります。

この肥満細胞はlgE受容体を持つ細胞の1つで、特に気道や皮膚等の身体の表面に近い部分に多数存在しています。

異物が侵入すると免疫系のB細胞が放出したlgE抗体が肥満細胞の受容体と結合すると、そこにブリッジ構造をつくります。

このブリッジ構造によって細胞内に変化が起こり、アレルギー反応を起す多くの化学伝達物質が放出されます。

今まではこの化学物質の中でアレルギーを引き起こす犯人はヒスタミンと考えられていました。

最近の研究で更に新しい共犯者の物質が関係している事が明らかになっています。

それは肥満細胞にあるアラキドン酸から生成されたロイコトリエン、プロスタグランジン、トロンボキサン等です。

これらの化学物質も炎症を引き起こす事は分かっているのですが、その具体的な作用については十分に明らかにされていません。

また、アレルギー反応を引き起こすこれらの化学物質をケミカルメディエーターと言いますが、肥満細胞の他に、白血球の中の顆粒球(特に好酸球と好塩基球)にも存在しています。

しかし、肥満細胞の存在していない所ではアレルギーは発症しないと言われている様に、アレルギーの中心的な役割を果たしているのは肥満細胞である事は間違いないところです。

アレルギーマーチ

2020.11.30 | Category: アレルギー

アレルギー体質を持つ子は成長する時期に従って色々な症状を次から次に発症して行く事が多く、これをアレルギーマーチと言います。

8割以上が最初の症状はアトピー性皮膚炎で、たまに気管支喘息から始まる事もあります。

アトピー性皮膚炎から気管支喘息、アレルギー性鼻炎へと移行したり複数の症状を併発すると言うのが最も多いパターンです。

こうしたアレルギー体質は親からの遺伝的要素が大変大きいものですが、その事を踏まえた上で、胎児の頃からアレルギーマーチを防ぐ工夫が必要でしょう。

食べ物が抗原になる感作は胎児期から起こりますから、妊娠8ヶ月以降から抗原性の強い卵を食べるのを控える(母乳の場合は授乳8ヶ月まで)だけでもアトピー性皮膚炎や喘息の発症を半分ほどに抑える事が出来ます。

また牛乳も抗原性が高いのでアレルギー体質の母には妊娠中には奨められません。lgE値が高いとアレルギーになる可能性が高いのですが、牛乳はこの値を高める事も分かっています。

離乳期以後は食べ物だけでなくダニやペット、その後も花粉等で感作されますが、lgE値の上昇が落ち付く6歳頃までは抗原性の強い食べ物や環境をコントロールして最初のアレルギー症状を発症させない事が、アレルギーマーチの連鎖を防ぐ有効な予防と言えるでしょう。

アナフィラキシー

2020.11.29 | Category: アレルギー

アナフィラキシーとは抗原が体内に入って急激に起こる全身性のアレルギーで、時にアナフィラキシーショックを起こして死をもたらす事もあります。

よく聞くのはハチ毒によるアナフィラキシーショックで、毎年日本でも30人から50入が死亡しています。

アナフィラキシーは以前に特定のアレルゲンによってlgEが出来ている所に、また同じアレルゲンが入って肥満細胞が刺激され、細胞内の化学物質(ヒスタミン等)が一気に放出される事で起こります。

症状としては呼吸困難、血圧低下、喘息様発作、意識障害等の全身症状を起こす物です。

ほとんどはその物質を取り入れて5分から15分以内に起こる事が多く、ショックは半数で1時間以内、大部分は5時間以内に治まるか死亡します。

死亡の原因は7割が呼吸器障害、2割強が循環器障害による物です。起因する物質はペニシリンなどの薬剤を始め、昆虫毒や食品等多岐に渡ります。

また運動誘発アナフィラキシーは運動の最中や後にアナフィラキシーショックを起こす物で、大抵は運動前に特定の食べ物を食べた後に発症する事が多い様です。

食べ物としては海老や蟹等の甲殻類によるのは10代~20代に多く、中年以降では小麦製品による事が多い様です。

疲労や睡眠状態、風邪を引いていた等のコンディションによっても影響を受けやすいのですが、一生繰り返すと事は少ないようです。

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒259-1137
神奈川県伊勢原市笠窪383-3

駐車場

5台あり

休診日

水曜日

ご予約について

当院は完全予約制となっております。