- Blog記事一覧 -くすり | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

くすり | 伊勢原市笠窪 鶴巻温泉治療院の記事一覧

サプリメントを飲むタイミング

2021.06.20 | Category: くすり

サプリメントは生活の中に定着していますが、飲み方のタイミングで、より効果を上げる事が出来ます。

基本的に、サプリメントは食後に飲みます。食後は消化液も沢山出ているので成分もより吸収されるからです。

ビタミンA、D、Eは脂溶性で、体内に留まるので1日に1回でも良いのですが、ビタミンCやB群は水溶性で3時間もすれば余分な量は排泄され始めます。

ですから1日の内でも分散させ、少量を毎食後に飲むのが理想です。

飲み合わせの点で言えばビタミンB群はどれもが協同して働きますから、B1だけとかB2だけと言うよりもB群が万遍無く入っている物が良いでしょう。

又ビタミンA、C、Bは協同して抗酸化の力をより発揮しますから一緒に取りましょう。

その時、鉄剤はビタミンEと一緒に摂ると効果を消し合ってしまいます。両方飲んでいる人は8時間以上の時間以上の時間差を取って飲むべきです。

もっとも鉄剤は自己判断で飲むミネラルではありません。

鉄の過剰摂取は免疫を傷め、癌の発生に関係するのであくまで医療上必要となった場合にだけ飲むべきです。

カルシウムの場合は午前中と寝る前に飲むのがベターです。

ビタミンCやビタミンDと一緒に摂るとより効果的ですが、ビタミンDはあえてサプリメントとして摂る必要は無いでしょう。

全体にミネラルは食物繊維と一緒だと吸収され難くなりますが、これはサプリメントの成分だけで無く食品の場合でも同様です。

生活改善薬

2021.06.20 | Category: くすり

1998年以降、アメリカで開発された新しい薬が次々と日本でも発売され、話題となりました。

主なものに勃起不全改善薬のパイアグラ、発毛剤のミノキシジル(リアップ)、うつ病薬のSSRIなどがあり、これらの薬はアメリカではライフデザイン・ドラッグ(生活改善薬)と呼ばれています。

これらの薬に共通するのが、飲まなくても生命にかかわるものでは無いけれど、「生活や人生を豊かにしてくれる」働きがあります。

これらの新薬は元々アメリカの医薬品開発の最先端の研究から生まれたもので、バイアグラは心臓病の血管拡張剤として、ミノキシジルは血圧降下剤として開発されました。

思わぬ副作用の方が効果があると分かって、急きょ開発用途を変更して誕生したのです。またうつ病薬のSSRIはアメリカで爆発的人気になり、その代表的なものがプロザックです。

SSRIは日本でば99年6月に発売されましたが、アメリカのように気軽に精神科医にかからない為か、それほどの人気にはなっていません。

また低用量の経口避妊薬ピルは申請から9年たってようやく日本でも承認され、99年9月から発売されました。

そして2000年春にアルツハイマー病の治療薬「アリセプト」が発売され、予防や進行防止に効果を上げています。

これらの薬の他にも、スイスで開発された肥満治療薬「ゼニカル」は、膵液の消化酵素リパーゼの働きを抑えて脂肪を7割しか吸収させないようにした画期的な薬です。

生活改善薬

2021.06.19 | Category: くすり

1998年以降、アメリカで開発された新しい薬が次々と日本でも発売され、話題となりました。

主なものに勃起不全改善薬のパイアグラ、発毛剤のミノキシジル(リアップ)、うつ病薬のSSRIなどがあり、これらの薬はアメリカではライフデザイン・ドラッグ(生活改善薬)と呼ばれています。

これらの薬に共通するのが、飲まなくても生命にかかわるものでは無いけれど、「生活や人生を豊かにしてくれる」働きがあります。

これらの新薬は元々アメリカの医薬品開発の最先端の研究から生まれたもので、バイアグラは心臓病の血管拡張剤として、ミノキシジルは血圧降下剤として開発されました。

思わぬ副作用の方が効果があると分かって、急きょ開発用途を変更して誕生したのです。

またうつ病薬のSSRIはアメリカで爆発的人気になり、その代表的なものがプロザックです。

SSRIは日本でば99年6月に発売されましたが、アメリカのように気軽に精神科医にかからない為か、それほどの人気にはなっていません。

また低用量の経口避妊薬ピルは申請から9年たってようやく日本でも承認され、99年9月から発売されました。

そして2000年春にアルツハイマー病の治療薬「アリセプト」が発売され、予防や進行防止に効果を上げています。

これらの薬の他にも、スイスで開発された肥満治療薬「ゼニカル」は、膵液の消化酵素リパーゼの働きを抑えて脂肪を7割しか吸収させないようにした画期的な薬です。

禁煙薬

2021.06.19 | Category: くすり

タバコの煙には4000種類の物質が含まれ、その中に200種類の有害物質があり、特にタール、ニコチン、-酸化炭素、ニトロソアミン、ベンツピレン、アンモニア等の発癌や粘膜刺激症状を引き起こす物質が含まれています。

そのタバコを止められ無くしているのがニコチンで、身体内に非常に吸収されやすく、煙を吸い込んで数秒で脳に達し、ほとんどの脳内神経伝達物質に影響を与えます。

不快感を和らげて快感をもたらしますが、一定のニコチンが体内に無いと逆に不安になります。

長期間喫煙しているとニコチンが常態化して脳内神経伝達物質の分泌量にも影響を与えます。

血旅中のニコチンがある一定量を保っていないと脳細胞の活動レベルが下がり、不安、いらつき、眠気等の症状がでるのです。

ニコチンは喫煙終了後約30分で半減するので次の1本が欲しくなります。

依存症の人が禁煙すると、24時間以内にニコチン願望、欲求不満や怒り、不安、集中困難、落ち着きの無さ、徐脈、食欲増加の離脱症状が現れます。

禁煙補助薬としてニコチンパッチ、二コチンガムという、ニコチン代替療法剤を使い、少量のニコチンを外部から持続的に補給し離脱症状を抑えながら、習慣、癖などの日常生活を含めた禁煙指導をするという方法や商品名チャンビックスの様なニコチン受容体作動薬があります。

ニコチン受容体を刺激する事で少量のドーパミンを放出させて離脱症状を減らす薬でバレニクリンの薬理作用です。

副作用として抑うつ、自殺行為が一部に見られこれらの補助薬は医師の処方が必要です。

吸入薬を内服すると

2021.06.19 | Category: くすり

我が子に喘急用の吸入薬硫酸サルブタモールを飲ませ、殺害を図ったとして逮捕された准看護婦の母親の事件がありました。

普通に処方されている、喘急用の気管支拡張剤をお茶等に入れて飲むと死ぬ事があるのかと言う事で、喘息の発作時に「ベネトリン吸入旅」(製品名)を使用している人々から「この薬は安全なのか」と言った問い合わせが数多く殺到しました。

基本的には同じ薬でも吸入するのと内服するのとでは体内への吸収量と作用範囲が大きく異なります。

吸入薬は専用の吸入器(ネブライザー)に少量入れ、吸気と共に吸い込みます。

喘息の薬ならば末梢の気管支粘膜に直接働きかけて、気管支を拡張させます。

その働きは局所的なので毎日適量を吸入するだけでは、効果が他の臓器に及ぶ事はありません。

吸入用の薬をもし内服すれば、胃腸の粘膜から吸収され、静脈から心臓を介して全身を巡るので、作用が全身に及びます。

硫酸サルブタモールには交感神経を刺激する働きがあるので、過度に服用すれば心悸亢進や不整脈を始め様々な交感神経緊張の症状が表れます。

吸入する時は用量をきちんと守れば決して危険な薬ではありません。

事件であった様に、もし吸入薬を点滴で体内に入れたとすれば、肝臓で分解されてしまう前により強力に直接的に全身の各器官に作用するので、内服の10分の1の量で同じ働きがあり、生体にとっては極めて危険な結果になります。

当院のスケジュール