- Blog記事一覧 -治療家は禁煙を

治療家は禁煙を

2021.06.14 | Category: 呼吸器

呼吸器専門の医師ですら喫煙者というほどですから禁煙指導はどうしても甘くなりがちです。

タバコが原因の疾患を持つ患者さんに対してでも、ニコチン依存度の高い医師では禁煙指導を行わない事が多く、指導をしてもその成功率は低いという報告があります。

このことは我々治療家にも当てはまるでしょう。禁煙を成功させる為にはまずタバコの依存度を確認する必要があります。

依存度が高ければ禁煙が失敗する可能性も高く、長期の計画が必要になるからです。

タバコの依存といっても、ニコチンの依存度が高いのか、タバコを口にするという習慣に対して依存度が高い(心理性が強い)のかでも対処法は違います。

ニコチン依存度が高ければニコチンガムやニコチンパッチを使うことが有効ですが、心理性が強い場合は必ずしもニコチンを補う必要はないからです。

さらにタバコの害はしっかりと繰り返し認識する事も禁煙の動機を持続させる為に大切です。

インターネットには禁煙をサポートするサイトがたくさんありますから、これらを大いに利用してください。


当院のスケジュール