- Blog記事一覧 -STDの垂直感染

STDの垂直感染

2020.12.11 | Category: STD

女性のSTD感染で問題になるのは妊娠・出産時に母から子への垂直感染が起こる事です。

一般的に胎児は胎盤によって病原菌から守られていますが、胎児は免疫その物が不十分な事、母親自身が妊娠中は免疫許容の状態にあって免疫が低下する為、感染が憎悪し易くなっています。

垂直感染のパターンは様々ですが、胎盤感染では梅毒の先天梅毒見がよく知られている所です。

梅毒は細菌と原虫の間の微生物=トレポネーマによる物ですが、胎盤を通して感染する物にはウイルスによる物が多く、妊娠初期の感染では胎児の奇形や先天異常等が起こります。

クラミジア、カンジタ、単純ヘルペス、淋菌、トリコモナス等の細菌や真菌の場合は分娩時の産道感染によって感染が起こります。

産道感染が懸念される場合には帝王切開で出産しなけれぱならない事もあります。

また母乳による感染が心配される物には成人型T細胞白血病、B型肝炎等があり、キャリアの母親の授乳は避け、人工栄養にせざるを得ません。

HIVの場合は胎盤、産道、母乳の全てから感染し、小児AIDSを発症させるので深刻です。

新生児が垂直感染を受けているかどうかは成人の様な所見を表わさないので中々見分けが難しいのですが、早発陣痛、早期・前期破水、羊水の異常(混濁や異臭)、胎児の仮死、母体の発熱等が見られます。


当院のスケジュール