- Blog記事一覧 -二重まぶたで

二重まぶたで

2020.09.30 | Category: 上肢

肩コリ解消眼瞼下垂症という、まぶたが上がらなくなる病気を持つ人には激しい屑コリと頭痛持ちの人が多くいます。

ところが眼瞼下垂の手術をした途端に肩コリも頭痛もピタッと治ってしまった事から、「まぶたを二重にすれば肩コリが治る」という新しくユニークな発想で高い治療効果を挙げているのが、信州大学形成外科の松尾教授です。

まぶたを上げようとすると眼瞼挙筋が働きますが、この筋肉はまぶたの裏にある瞼板と眼の上の皮膚の下部に付いています。

二重まぶたの人は瞼板の上の皮下に筋肉がある為、まぶたが折り畳まれた状態になります。

そして眼瞼挙筋のすぐ横にミューラー筋という交感神経を緊張させるスイッチの役目をする筋肉があります。

眠くて眼がショボショボする時、まぶたをこするとこのミューラー筋を剌激して交感神経が緊張しやすくなり、意識して眼をカッと見開くと、頭が冴えて来るのです。

この時、眉毛を挙げると前頭後頚筋が縮み、うなじの筋が緊張してこれも肩コリの原因になります。

普段からまぶたが腫れぼったい一重まぶたの、人は、緊張しやすく肩コリも起こしやすいのです。歳を取ると肩こりになりやすいのは、まぶたが下がって来るせいとも考えられます。

信州大学では1500例余りの手術の結果、80%以上の患者が治癒もしくは著しい効果をあげています。


当院のスケジュール