- Blog記事一覧 -ヘルニアの最新治療

ヘルニアの最新治療

2020.09.26 | Category: 上肢,腰痛

頚、肩、腕の痛み、しびれの原因の一つに頚椎椎間板ヘルニアがあります。

ご存じの様に椎間板ヘルニアは椎間板が断裂してそのすき間から髄核が脱出して神経机を圧迫し神経症状を出します。

治療は薬物療法、温熱療法、牽引療法といった保存療法や、手術療法になるのですが、そこにレーザーを使った治療法が注目されているのです。

これはPLDD、(椎間板ヘルニア減圧術・Percutaneous Laser DiscDecompression)という治療法で、MRIでヘルニア箇所を確認して針を椎間板に刺し、その針の中に絹いファイバーを挿入してレーザーを誘導して照射します。

レーザーの熱エネルギーで髄核を蒸散させて空洞を作り、内圧を下げて脱出している髄核が元に戻り神経根の圧迫をなくそうという治療法です。

この治療法は腰椎のヘルニアにおいては普及してきていますが、頚椎に関してはかなりの熟練が必要です。

今までの頚椎椎間板ヘルニアの手術は4~6週間の入院とその後のリハビリが必要ですが、レーザー治療は局部麻酔で、10数分間のレーザー照射と2日間の入院で済み治療効果も良いそうです。

ただしヘルニアの初期、中期の段階では効果があるのですが、ヘルニアが長期化して軟骨が骨化した物や、極めて大きな物は困難です。

現在のところこの治療法には保険適用もなく、一回のレーザー治療は20~30万円の費用が必要です。
腰椎の最新のヘルニア手術ではベアリングを入れる手術があります。

腰椎の椎体固定術では固定関節の上位関節に負担がかかり私の所に4.5間3.4間2.3間の3度手術をされて医師から今度1.2間の手術を勧められ断った患者さんがいました。

最近は人工椎間板置換術が出来て海外では行われています。

人工椎間板置換術は椎間板の変性による症状を治療し、脊椎の可動性を最大限保存する手術法です。

ドイツのカリン・ビュートナー(Bttner)-ヤンツが1980年代初に開発した方法で、手術器具及び技術の発展により患者の満足度もとても高い方法です。

手術方法は最小侵襲無出血手術法で約4~5cmほど微細に腹部を切開し患部に接近する為、出血及び筋肉損傷が小さいです。

損傷した椎間板をハイドロジェットなどの自動吸引機を利用して早く安全に除去し、その部位に人工椎間板(Artificial Disc)を挿入します。

輸血は必要無く、挿入した人工椎間板の位置を確認すると手術が終わります。最大の長所は人工椎間板置換術は関節の可動性をそのまま維持する為、動きが自由である。

手術した翌日から歩く事が出来る。隣接した脊椎も退行性変化を最小化し、脊椎再手術の確率を減らす事が最大の利点です。


当院のスケジュール