- Blog記事一覧 -醒脳開竅法

醒脳開竅法

2020.09.20 | Category:

脳の病気で多いのが脳出血や脳梗塞の脳血管障害です。

その障害が起こると運動麻揮、失語症といった後遺症があるので、早期から積極的なリパビリが重要になってきます。

その時に鍼療法が有効である事が報告されました。97年I1月に米国立衛生研究所(NIH)から、鍼療法に関して脳卒中後のリハビリにおいて代替治療的治療、あるいは総合的な管理計画の中に含めて鍼を利用すれば役立つ可能性があるとしています。

また、98年に第47回全日本鍼灸学会で脳神経外科の専門病院禎心会病院物理療法科の石井睦宏氏らは、「脳血管障害に対する中医学的鍼治療」と題して、95年1月から96年12月までに脳血管障害で同病院に入院した患者237名のうち、197名(脳梗塞137名、脳出血60名)にリハビリと中国式鍼治療を行ったところ脳梗塞は78%、脳出血は71%で麻痺状態が自覚的、他党的に改善。手の開きや、上肢挙上などの機能改善は35%、下肢の機能改善は90%にみられたと報告し、脳血管障害後遺症の麻痺に高い効果があると発表したのです。

この時の中国式の鍼治療とは、天津中医薬大学第一附属病院の石学敏院長が脳血管障害の治療に開発した醒脳開竅法という独特なものです。

内関・人中・三陰交のわずか3つを主穴とし、症状により若干のツボを補助穴として用いる治療で、中国では約3000名の入院患者で治癒と著効が75%もあると報告されています。


当院のスケジュール