- Blog記事一覧 -がん

がん

2020.08.07 | Category: がん

20世紀中にはがんは制圧されるという希望的観測もありました。
しかしそのメカニズムが明らかなるにに連れてそう簡単な事では無い事も分かってきました。
現在の治療法をみても、手術とその周辺的な分野として放射線療法、化学療法、免疫療法がメインであり飛躍的な進展はしていません。
遺伝子研究によるがん関連遺伝子の存在やウイルス 感染と発がんのメカニズムなどの解明により、可能性として遺伝子診断や遺伝子治療などの新たな治療法もでてきました。
しかし、がん治療の劇的な展開を迎えるにはまだ先のようです。
確かに技術レベルの向上とノウハウの蓄積によって胃がん等の様に生存率が高くなっているがんもありますが、それでもがんによる死亡率が抑えられ無いのはなぜでしょう。
寿命が延びれば遺伝子が異常になりやすい為 がんが増えるという極めて当たり前の理由も ありますが、やはりがんを誘発する因子が我々の外都環境で増えつづけていることと身体の内部環境の悪化も見逃すことはできません。
がんが増え続ける原因を考えるとやはり、この環境という言葉に突き当たります。現在のがん治療はどれも決定打でほありません。
だからこそ様々な予防法や治療法が模索されています。心理療法・内分泌療法、温熱療法、漢方療法、食事療法、我々の治療も含めて代替療法と言われる部分も多く存在しているのです。

当院のスケジュール