- Blog記事一覧 -がんは熱に弱い

がんは熱に弱い

2020.08.05 | Category: がん

徹底的な温熱療法で末期の妻を救ったという鍼灸師の先生の例がありました。

確かに、がん組織は熱に弱く、例えば42度くらいの熱でも壊死させることが可能なのです。というのもがん組織周辺に熱を与えても正常な組織は血流によって熱は運びさられてしまいます。

しかし、がん組織の新生血管は正常組織の血管より貧弱なため熱を運ぶ事がたいして出来ないので腫瘍部分だけが余計に温度が高くなります。

この事を利用して、深部加湿装置を使ってがん治療を都立駒込病院では実際に行っています。

ここではサーモトロンという温熱装置を使いますが、直径25センチの電極を上下、あるいは左右にあてて、8メガヘルッのラジオ波を照射する仕組みになっています。体は電気抵抗がある為ラジオ波が入ると熱を発生させます。

同病院の放射線診療科では患部組織に42度位の熱を与えるこの温熱治療と放射線療法を併用して手術を嫌がった、患者さんの子宮がんの治療に成功しています。

今のところ、この治療は患者さんに熱によるハードな負担をかけるので、基本的には手術不能か手術拒否または放射線単独では根治が望めない場合に限りやっているそうです。

また、皮膚がんのメラノーマに血液を体外循環装置で加温して病巣部に流す温熱灌流療法が効果をあげています。


当院のスケジュール