- Blog記事一覧 -微弱直流の威力

微弱直流の威力

2020.07.29 | Category: がん

我々の治療法にも,微弱電流を流すハリ通電や低周波治療等がありますが、がんの治療にもこの通電治療があります。

話しは結構古くスウェーデンの医師が35年前に最初に試みました,

腫瘍の中心部位に直接、一本の白金のハリの電極を差し込み、他の一本は腫瘍近くにいれ・数ミリアンぺアという微弱な電流を流すというものでした。

肺の転移性悪性腫瘍と肺がんに試みています。ハリの本場の中国でも89年に導入されて患者さんを治療しています。当時中国ではその成果は完全消失も含めて、7O%以上の有効率を示したと誇張して報告しています。

日本では、90年代に名古屋大学医学部の伊藤医師によりラットによる動物実験がおこなわれて、16匹中は13匹で腫瘍が消失、縮小した報告があります。

通電するとなぜがん化した細胞だけが消失したり縮小したりするのか科学学的根拠は明らかではありませんが、通電によって正常細胞の成長を早めたり遅らせたりできる事が1950年代から分かっていました。

またがん細胞に通電するとアポトーシス(細胞の自殺メカニズム)が動作することが実験では明らかになっています。我々の治療とも深く関わりのある微弱電流ががん治療の分野でも利用されているのです。


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒259-1137
神奈川県伊勢原市笠窪383-3

駐車場

5台あり

休診日

水曜日

ご予約について

当院は完全予約制となっております。