- Blog記事一覧 -癌と漢方薬

癌と漢方薬

2020.05.01 | Category: がん

漢方薬は人体の代謝、聳養、ホルモンの状態や免疫能力、生体リズムを正常化させる点に目標を置くので、体に優しい薬剤を選んで体調を整える様にします。

1980年、アメリカ国立癌研究所の癌治療部門の中に、BRM(バイオロジカル・レスポンスーモディファイア、生物反応修飾物質)の研究を進める委員会が発足しました。

BRMとは癌患者の反応力を変えて癌を封じ込める薬物や治療方法で、その本質は「癌退縮の条件を人工的に誘導する事」です。

漢方薬の持つBRM作用については①癌に対する免疫を高め②インターフェロンを誘導③インターロイキンを誘導④TNF(腫瘍壊死因子)を誘導⑤癌の細胞膜の性質を変え⑥悪液質の進行を押える、等があります。

癌患者の全身状態は癌の病巣の状態や広がりの程度により、束洋医学で言う、気虚(気力が無い等)・血虚(顔色が悪い等)・水深(むくみ等)の状態になるので、これを改善する薬を選んで治療する訳です。


当院のスケジュール