- Blog記事一覧 -クモ膜下出血

クモ膜下出血

2020.04.30 | Category: 循環器

クモ膜下出血は時、場所を選ばず突然前触れも無く激しい頭痛から始まる事が多い疾患です。

嘔吐したり、項部硬直(発病して数時間後に現れます)があったり、意識を失う事もあり、そのまま死亡する事も珍しくありません。

中には数日で頭痛等の症状が治まる事もあるのですが、再び出血する事が多く、この場合の死亡率は4割にも達します。

原因の8割はくも膜下腔にある脳動脈に出来た瘤(動脈瘤)が突然破裂して脳を障害するものです。

40~50代の働き盛りに多い病気で、50歳以上では10万人につき、年間約60人にもなります。

警告症状としてはやはり頭痛ですが他の原因による頭痛との区別は大変付きにくいものです。

また眼瞼下垂(片方のまぶたが下がる)が現れる事もあります。頑固な治りにくい肩凝りや首の痛みも見られます。

その場合、強い力で揉んでもらったりすると、胸に圧力がかかって胸圧が上がったり、頚の血管等が圧迫されて悪化する場合があるので注意を要します。

家族にくも膜下出血を起こした人があれば特にこうしたサインには注意が肝心です。


当院のスケジュール