- Blog記事一覧 -便秘と欝病

便秘と欝病

2020.04.25 | Category: 自律神経

人は誰でも緊張の高まった状態になると、どうしても自律神経系の交感神経優位の状態になります。

欝病の状態は、それ自体が強い緊張とストレスを生体に与え続けてしまいます。

当然、自律神経のバランスは崩れ、交感神経優位の状態が恒常的に続きます。内臓の働きを促す副交感神経の働きは抑制され、その結果便秘に悩まされる事になります。

ですから、欝病かそうで無いかは、便秘があるか無いかで見分ける事が出来るとも言われています。

また、欝病の薬である向精神薬の中には、アセチルコリン作動性を抑制する効果(抗コリン作用)を持っている物が多いのです。

このアセチルコリン系は、自律神経の神経伝達物質であり、副交感神経に作動します。

この抗コリンの副作用として、口の渇き(口腔粘膜の粘着性の分泌による)と便秘です。この事で、欝病の患者さんは、治療薬を飲むと、益々便秘に苦しめられてしまうのです。


当院のスケジュール