- Blog記事一覧 -感染症

感染症

2020.01.17 | Category: 感染症

今年は今のところインフルエンザの大流行には幸いにもなっていませんが昨年は中国で拡大した鳥インフルエンザ(H7N9型)で死者も出ました。中国では数値からかなり死亡率が高く、台湾でも感染者が発生して大陸を越え日本で水際の防衛は困難と思われます。台湾の感染者は重症と報道であり、恐ろしい事に鳥との接触は無かったとされています。感染症は昔からありコレラ、ペスト、赤痢、結核、インフルエンザ等の感染症はいとも簡単 に多くのヒトの命を奪ってきたのです。感染したら死の宣告を受ける事と同じでした。西洋医学の歴史を振り返ると人類が勇敢にも感染症に戦いを挑み、病原微生物を地球上から抹殺しようとしました。「魔法の弾丸」と呼ばれた抗生物質によって細菌との戦いに勝利したように思われ薬品やワウチンの開発によって感染者数は激減していきました。医学の分野では感染症の研究は片隅に追いやられ、研究者もどんどん少なくなつているそうです。しかし世界的にみると年間1700万人が感染症で死亡しています。パンデミックが起こればこの数倍の死者数となります。エイズ感染も発展途上国では以前と感染者数は高く先進国の感染者も横ばいの現状です。現状病原微生物の根絶への戦いは負けたといえます。病原菌は新たに無毒(感染しても重症化しない)→弱毒化→強毒化と変化をし毒性が高くなっており、更に全ての抗生物質がまったく効かない耐性菌が生まれてきています。このままでは事態は深刻な状況に至るのは明らかで治療薬が無い病原菌の蔓延がSFの世界では無く現実の世界で起こり得かもしれません。


当院のスケジュール