神奈川の鶴巻温泉治療院は医師も推薦する気功治療院です。

症状別ページ

養生法

icon721.gif

貝原益軒の「養生訓」
 
日本では江戸時代中期から後期にかけて養生に関する本が沢山出版されています。病気の予防や治療、栄養、育児等に関する知識を一般に向けて優しく説いた物が多く、日本人は古くから養生本が好きな様です。その多くの養生書の中でもその大元にあると考えられる本が貝原益軒の「養生訓」で、杉田玄白を始め、多くの医師や学者に影響を与えています。現代では'01年の始めにNHKの人間講座で取り上げられて再評価されています。いわば現代につながる東洋的養生の考でしょう。貝原益軒は儒者であり医者であり、薬学者でもありました。本人自身は病弱な体質だったようですが、人生も80代になってから「養生訓」を始め旺盛な仕事を残しています。つまり自らの身体で実証した経験則が養生訓でもあるのです。益軒は幸福は人生の後半にあるのだから養生に勤めて老いを楽しまなければならないといいます。この養生訓は8巻からなり、朝起きての身繕いの仕方から寝る姿勢まで実に細かく養生法を語っていますが、「べからず」ばっかりの禁欲的な堅苦しさだけの教えではありません。あくまでも人生を楽しむ為の養生なのです。益軒は人間の根本は「気」であり、その気の滞りが病気を呼び、元気を減らすと考えているのですが、この考え方はヒポグラテスにも通じるものがあります。養生訓全体に渡って最も強調されているのが、「身を動かし、気を巡らす」という事です。「心は楽しむべし、苦しむべからず。身は労すべし、やすめ過すべからず」とする教えは決して古くはない、現代にも通用する養生法だといえるでしょう。
 
icon722.gif

養生の基本は呼吸
 
養生という言葉は道教の神仙術の養生法から生まれましたが、この神仙術では呼吸を養生の要として考えています。「胎息」「服気」「行気」「錬気」などの呼吸の技法があり、全てを包摂して「調息」と呼んでいます。そして、呼吸して身体に流れるものが「気」であり、それは「内気」と「外気」に分けています。内気は元々母親の体内から臍帯を経て胎児に充満していく呼吸をいい、「胎息」といいます。ですから、神仙術では「臍」を大切にしているのもこの「胎息」があるからです。また「外気」とは、体外にある気の事になります。調息の中の「服気」は「内気」を飲み込む事で、普通の呼吸で一緒に出て行きそうな内気を三つの丹田に満たす呼吸法です。その丹田の内気を自分の望む体の部分に到達させる技が「行気」です。「錬気」は行気とは逆に体の内気を自由に流れに任せるやり方です。そして道教では、外気を鼻から吸いこみ口から吐き出す普通の呼吸を、気が鼻から腎臓に下りて行き、五臓と六腑を巡るといいます。ところが、修練していない普通の人々は関所の源(関元)を通り抜ける事ができないので、気はそこで止まってしまう、といいます。そこで養生の修練で関所に気を通し、臍下三寸にある下丹田、もしくは「気の海」(気海)にそれを導くようにする事が、外気を巡らす術になるのです。この修練をする時には、宇宙が空気を吸う時の時間である「生気」でやるべきで、宇宙が空気を吐く時の「死気」の時間には修行してはならないと書かれています。この生気と死気の時間については2つの説に分かれるところです。昼間を死気、夜を生気という説と真夜中から正午まで生気で死気は正午から真夜中までとする説です。ですから、日の出の直前はどちらの説でも生気の時間内であり、日没も生気に入れるかどうかが意見の分かれるところです。
 
icon723.gif

西式健康法
 
戦前戦後を通じて最も大衆的な広がりと知名度をもった健康法といえば西勝造が提唱した西式健康法です。子供の頃から病弱で、20才まで生きられないと言われ医師にも見放された事から、発起して16才から研究を始め、37才の時に西武健康法の六大法則を完成して、世間に広く受け入れられました。この六大法則の三番目の法則に「金魚運動」がありますが、これは現在もこの運動機器が広く普及しています。まず、第一に脊柱を正し内臓機能を高める「平床寝台」。つまり硬い床に寝る事を勤めています。第二に頚椎を守る為の「硬枕利用」。第三は胃腸を整える為の金魚運動。第四は血液循環を高める為の「毛管運動」。第五は身体の友右の手足の神経や筋肉の状態を整える「合掌合蹠法」。そして最後に座して背筋を伸ばし「良くなる。能くなる。善くなる」と念じながら左右に身体をゆすりながら腹を前に突き出す「背腹運動」があります。また、健康法の四つの基本原則として、第一に皮膚を鍛える事が重要として裸療法と温冷浴を勧めています。第二に食養として生水の常用、生野菜食、朝食の廃止を唱えています。第三は四肢の内の足の健康を重視、そして最後はこれらを統括する精神の力を挙げています。西勝造は医師では無く土木技術者でしたので、当時は医師の側からかなり批判を浴びましたが、政財界の多くの著名人が支持して、西の豊富な医学的知識に裏打ちされた著作により、それらの声を圧倒しました。戦後も西式健康法は現代医学との対決姿勢を明らかにして、独自の養生法を提唱しつづけて、更にその理論を継承した後継者たちが西医学研究所と診療所を開き現在まで続いています。
 
icon724.gif

サレルノ健康規則
 
西洋でもヒポクラテスの頃から医術の原理を養生法、薬剤学、外科の三部分に分けていました。外科の象徴が鉄の輪、薬剤学は蛇、そして養生法を表すものは杖でした。そして、この養生法に関して言えばアラビア医学から強く影響を受けています。養生の書として日本の「養生訓」に匹敵するものといえば、13世紀の中世に産まれた「サレルノ健康規則」です。20世紀にはいった1915年にもドイツで「サレルノ大学の医学的教訓詩」という題名で翻訳出版されているほどポピュラーなものです。この本は、多くの詩篇からなっていて、大変読みやすく、朗読にも向いています。最初の頃は200から300の詩で構成されていましたが、後の版では詩の数が数千にもなったそうです。著者は不祥です。巻頭の言葉は簡潔で力強い言葉で歌い上げています。「汝逞しくあらんと欲せば/次に告げるところを聞け/心を圧す憂いを捨てよ 怒りとは/賤しきことなり、聞けよ/僅かな食べ物のみを摂りて/強き酒には心せよ/食し終えたらば好んで立ちあがれ/真昼の眠りを控えよ/尿を長く堪えることなく/腸に動きを感ぜぱ、これに従え/我汝に教えるそのまま行なえば/長き人生を旅することならん。」養生法の原理として「医師よりも良きものは三つの原則、つまり安静、明朗、節度」でそれに関する生活や食事の戒めの詩が続いています。その中でも養生生活の格言として独立して、諺として現在まで伝わっているものも数多くあります。例えば「食事の後は憩うべし/さも無くば1千歩を歩むべし」「入浴、葡萄酒、性愛は/我々の身体を滅ぼす。/しかれども生命を作るのは入浴、葡萄酒、性愛なり」。このサレルノ健康規則はまた旅行用と船乗り用、老人用等も作らていました。
 
icon725.gif

太極拳
 
エアロビックダンスでは数秒しか耐えられないお年寄りでも、無理なくできる養生法として太極拳があります。健康体操として広がっていますが、元は中国武術のひとつです。中国武術を大別すると外家拳(硬拳)と内家拳(柔拳)になります。外家拳は骨格、筋肉などの身体を鍛錬して動きが直線的で激しい武術です。内家拳は内臓、感覚、精神などの内面を修練し、動きが緩やかで円運動を中心とする武術です。太極拳はこの内家拳に属します。史料によると明末武将の陳王庭がはじまりといわれ、道教の吐納術(呼吸法)、太極陰陽説、経絡説が取り入れられています。陳家から派生した太極拳は楊家、呉家、武家、孫家等の流派に分かれていきますが、基本的鍛錬では、リラックス、心の平静、腹式呼吸、意識の動作への集中、動作の柔軟性、緩慢性等がどの流派でも求められます。この鍛練法が身体に良いという事で注目され、1956年に毛沢東主席の「体育活動を発展させ、人民を向上させよう」という事で、楊式太極拳をベースに各流派の長所を取り入れ編成し、中国国家体育委員会により「簡化24式太極拳」が作られたのです。太極拳は動きの中で静を求め、気を丹田に沈めるという大切な考えがあり、意識を運動に集中させてリラックスして行う事が求められます。そしてゆっくりと意識的に日頃使わない部位を動かすことにより、全身の血行を良くし、筋肉が柔軟になり、筋力が増加します。また、腹式呼吸で深くゆっくりと呼吸する事により自律神経の調整、横隔膜の上下運動で内臓が強化されるのです。姿勢を低くして行えばかなりきつい全身運動になるので、若者からお年寄りまで幅広い年代でできる養生法です。
 
icon726.gif

五感と養生法
 
人間の五感、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚は外界の情報を得るのに極めて重要な役割を担っています。健康で生き生きとした大脳の働きを維持するには、これら五感からバランスの良い刺激を受ける事が大切です。しかし現実の生活は、本やテレビ・ビデオ・パソコン等視覚からの情報が多くを占め、嗅覚・味覚・触覚の情報は少なくなっているのが現状です。しかし人間は本来、五感のバランスを保ちたいという無意識の欲求を持っている様で、例えばグルメブームや激辛ブームの様に味覚に関する関心が高まったり、ガーデニングで生命を育てる手触りを実感したり、自然の色彩や香りを楽しみたいというのはその現れかもしれません。アロマテラピーがもてはやされるのも、失われた香りをオフィスや生活の場に取り入れ、日常のストレスから癒やされたいという大脳の欲求が働いている様です。眼を酷使するような生活による疲れやストレスは、他の五感を刺激することで相反的に癒す事ができるのですが、とりわけ森林浴等は養生効果が大です。豊富な縁は視神経の興奮を静め、鳥のさえずりや葉ずれの音に聴覚を働かせる事によって視覚の疲れをとり、更に森林内に満ちるテルペンの香りを嗅ぐ事によって身体の内分泌機能を高めて副交感神経の働きを優位にします。深呼吸をする事で自律神経のバランスを整える、清流の水を味わうなど、五感の全てをバランスよく刺激する事で大きな養生効果が生まれます。
 
 
icon727.gif

マクロビオティック
 
日本の食養生の中でも大きな影響を与えているのが桜沢如-(1892~1966)のマクロピオティックでしょう。桜沢は、石塚左玄(明治時代の軍医であり食養家)を源にして中国の陰陽を組み込んだ独自の生命観「無双尿剛をうちたて、玄米正食(穀物菜食)を中心にした食養法をつくりました。食養法というよりも生活全体の規範といったほうがいいかもしれません。その食事の考え方の基本は次の5つです。
「身土不二」
自分が生きる環境の範囲内の食物を食べる。つまりその土地でとれる旬の食物を食べること。
「一物全体」
食物は全体を食べる。玄米、玄麦、精製しない砂糖、塩など。野菜も皮など全体を食べる。
「穀物菜食」
肉食しない。
「陰陽の調和」
食事に限らず、様々な物事、生活を調和させる
「正しい食べ方」
よく噛むこと。少なくとも30回。以上が基本となります。
 
桜沢はこの考え方を海外にも積極的に広げ、ジョージ・オーサワの名で広く知られています。マクロピオティックは桜沢以後、医師や栄養士、東洋医学者、民間の健康法の指導者など、様々な人に受け継がれています。そして解釈の違いやその個人独自の方法等も加味されて○○式食事法等と呼ばれる多岐に渡る食事法として広がりをみせています。西洋のカロリー中心の栄養学の反省から日本の伝統食を再認識、普遍化しようという流れといえます。しかし一部には現代医学に対する不信のあまり個人の条件や環境を無視した極端な偏食を導き、かえって自然食による弊害が発生している事も無視できません。本来のマクロビオティックでは基本に沿いながらも科学的、栄養学的な考え方も退けない、融通無碍の食養生として発展していく事を目指すものといえるでしょう。
 
 
icon728.gif

健康法としてのヨーガ
 
ヨーガとはサンスクリット語で「結びつける」とか、「馬を馬車に繋ぎ止める」の意味で、間の五感を統一し、解脱の境地に高める「行」を指します。5000年前の北インドに起源を持つヨーガはその後いくつもの流派が生まれ、信仰を中心にしたもの、倫理・道徳、あるいは呪文を中心にしたものと様々です。現在日本で普及しているヨーガはラージャ・ヨガが(王様のヨーガといわれる瞑想を中心に精神的な面を追及する古典ヨーガ)と、ハタ・ヨーガ(からだを健康にする事によって至福の瞑想状態に導くというヨーガ)を一緒にした近代ヨーガともいうべきヨーガが普及しています。しかも指導者によって重点とする部分や方法も違ってくるので日本でも実に多くのヨーガがあります。一般的にヨーガは、「調身」、「調息」、「調心」の3つの方法が中心となります。「満身」はアーサナ(体位法)を用いて身体を整える方法で、いわゆるヨーガ的ポーズです。アーサナでは、伸展(ストレッチ)、緊張(筋に力をこめる)、圧迫(ねじりなど)、逆転(逆立ちなど)を用いて体を整えていきます。特にストレッチは身体の緊張を解いて瞑想に適したからだの状態を作るもので、スポーツの世界で体系化されているストレッチはヨーガのストレッチから多くのものを取り入れています。調息とは呼吸法のことで、ヨーガの呼吸法は腹式呼吸を中心として100種類以上あるといわれます。正しく行う呼吸法によって自律神経を調整し、心身ともに強化します。調心は瞑想によって精神を集中させ拘りのない自由自在の境地へと導きます。
 
 
icon729.gif

タラソテラピー(海洋療法)とは
 
タラソテラピーとは「海」と「治療」という2つのギリシャ語からの造語で、古代バビロニアに始まりギリシャ・ローマ時代後に一旦衰退、再び17世紀に盛んになりました。1961年にフランス厚生省が「海水や海藻や海洋性気候の治療効果を、治療目的に使用する自然療法」と定義し、欧州ではリハビリテーション技術を取り入れた治療法及び養生法として広く知られています。フランスを主にヨーロッパには80ケ所に昇るタラソテラピーセンターがあり、リウマチや脳疾患等の後遺症のリハビリテーションを行う病院やリハビリセンター、保養や体力向上やストレス解消‥の養生を目的として家族で利用できる健康増進センター、美顔や美容などエステティックを目的とする美容センターの3種があります。各センターには専門医が常駐し、23種類の基本療法から各人に合った個別プログラムが組まれます。主な療法にはプールを利用した入浴療法や運動療法、海藻や海泥に浸かったりパックする海藻・海泥療法、海産物による食事療法や日光浴・砂浴もあり、加えて理学療法・作業療法、心理・色彩・音楽・芳香等の療法が組み合わされて行われます。環境の良い海岸に在るこれらのセンターはホテルとの併設も多く、利用者が心身共にリラックスできる様に配慮され、健康増進センターには多くの利用者が養生を目的に訪れます。日本で行われている海洋療法は湯治の一部として行われ、汐湯湯治・汐蒸し風呂・カジメ(海藻)湯などがあり、指宿温泉の砂風呂は有名です。しかし一般にはタラソテラピーというとエステの海藻や泥パックなど美容目的との印象が強く、治療や養生に活用されていないのが現状です。
 
 
icon730.gif

温泉療法
 
温泉国である日本ですが、一般の人が湯治など、病気治療に温泉を利用する様になったのは江戸時代辺りからです。それが明治時代になって西洋医学的に温泉の効用が理解される様になり、研究も進みました。しかし戦後、薬物療法や外科療法の発達で療法としての温泉利用は下火になりましたが、生活習慣病や人口の高齢化等によって補助療法としての温泉が再認識される様になっています。日本よりも温泉医療として進んでいるドイツやフランスの研究が影響しています。一口に温泉といっても、その定義は・(温泉源から採取する時の)温度が25℃以上・溶けている物質(ガス性でない物)の総量が1000㎎/kg以上のどちらかを満たす物となっています。そこで、成分限や質、組成の面で薬理学的にいっても治療効果があると見られる温泉は療養泉として区別され、環境庁自然保護局監修・鉱泉分析法指針として基準が決められています。泉質名が付いている温泉は療養泉の基準を満たしているという事で、効能を謳っていても泉質名が付いていない温泉は療養泉では無いという事になります。分類の仕方は昭和53年に改定されて以来、新旧の表示が混在していますが、一般的には単純泉、塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、二酸化炭素泉、鉄泉、硫黄泉、酸性泉、放射能泉の9種類に分けられている事が多い様です。それぞれの泉質によって効能に違いはありますが、神経痛・筋肉、関節痛・関節のこわばり・五十肩・運動障害・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進等に効用があります。禁忌症状としては急性疾患(特に発熱時)・活動性の結核・悪性腫瘍・重い心臓病や腎臓病・呼吸不全・高度の貧血・妊娠中(特に初期と末期)・感染症・衰弱・栄養不良等があります。
 
 
icon731.gif

白隠の軟酥の法
 
中国の気功法は調心、調息、調身によって心身のバランスを安定したものにするという考えが基本にあります。ところで、天台宗の開祖である中国の智者大師はこの三つに飲食と睡眠を加えて、五つの調和と調節を坐禅の修業に採り入れました。その修行の為の手引きになるのが「天台小止観」で、心と身体の調節法として、具体的な養生法ともいえるのです。この天台小止観を下敷きにしてこの坐禅のやり方や心構えを説いた日本の書物で有名なのが道元禅師の「普勧坐禅儀」や恵心僧都「止観坐禅記」等です。これらは坐禅を主眼にして説いていますが、これに対して調息を主眼にしているのが江戸時代の白隠禅師の「夜船閑話(やせんかんな)」です。この中で呼吸法の重要性と身体の上虚下実の実現の為の臍下丹田を充実させる事の大切さを説いています。また、軟酥の法は現在の自律訓練法等共通するイメージトレーニング法です。軟酥という微妙な色合いと清々しい香りの妙薬が自分の頭の上にあると念じて、その軟酥に頭の先から次第につま先までゆっくり溶けて行く事を想像する様にします。この時に身体の中の五臓六腑の滞りや痛みやしこりがすべて流れ落ちる事をイメージします。その流れ出て行く音が聞こえ、それが全身を降りて行き、次第に両脚が温かくなる様に想像します。このイメージを何度も繰り返すと心身とも軽やかになり、気血の滞りも消えて、内臓は調和して、皮膚も光沢を増して行くと説いています。
 
 
icon732.gif

薬膳という考え方
 
日本でも馴染みになった「薬膳」ですが、初めて薬膳という言葉が使われたのは中国でも1970年頃。1980年に漢方薬店が漢方に沿ったスタミナ健康食のレストランが最初の薬膳レストランだといいますから、案外新しい言葉です。とはいえ、中国では既に3000年前から食物によって病気を予防したり治療する医師が一番の名医だという考え方がある様に、食養の考え方は現代に至って薬膳として結実しているわけです。薬膳では日常の食品や薬草のひとつひとつには五味(酸・苦・甘・辛・鍼)と四気(熱・温・(平)・涼・寒)があるとして、これらのバランスを重視します。それも単なるバランスを取るというよりも陰陽五行の木火土金水に対応して、相生相剋の関係として考えていきます。この五味四気は西洋医学的に証明されているわけではありませんが、経験則として積み重ねられてきたものです。寒の食べ物は熱の食べ物と合わせる事でその害を無くしたり、暑い季節は「冷」の、寒い季節は「熱」の食べ物を、更には人の陰陽、虚実にも対応させて処方していきます。また薬膳は単に漢方薬を料理に加えて料理したものではありません。組み合わせが正しくなければ時としてマイナスに作用する場合があり、それは薬膳でも同様です。薬膳では病気治療の為の「食療」と病気にならない様にする「食養」とがあります。中国では治療を目的として処方される事が多い様ですが、日本では食養という面で受け入れられているといえます。
 
icon733.gif

ガーデニングで心の養生
 
草花や野菜を植えたり年間を通じて植物の世話をしていく事は、入の心にゆとりと安らぎ、楽しみとやりがいを与えてくれます。ガーデニングのこういった養生効果は欧米では古くから知られていて、医療や福祉の現場で治療やリハビリテーションを目的として植物や園芸作業を用いるのが園芸療法(ホーティカルチャー・セラピー)です。老人ホームや身体障害者や知的障害者の施設、精神病院などで実際に活用され、大いに効果を上げています。もともとアメリカでは傷痍軍人の社会復帰を目指す為の方法として行われ、その指導にあたる人の資格として園芸療法士の制度が設けられました。ヨーロッパでは園芸療法士の資格制度はありませんが、それに準ずる人たちが指導を行い、日本ではリハビリテーションの一環として作業療法の中に園芸作業があります。さて最近の日本でブームになっているガーデニングですが、世の中が不況になり騒然としてくればくる程、人は身近に安らげるものを求める傾向にあります。遠出をしなくても戸外で自然に触れ、美しい草花に接する事ができれば、人は不安やストレスが随分と癒やされます。植物の香りを嗅ぐといい気分になったり気持ちが落ち着いたり、実際に血圧が下がる等身体面でも効果が現れるので、身近な養生法として期待できます。
 
icon734.gif

ウオーキング 
 
運動して筋肉を鍛える事は全身の養生になります。筋肉は第2の心臓といわれるように心臓循癩器系に影響しています。特に筋肉の70%が脚にあるのでウォーキング等で下半身を鍛える事は重要です。脚の血液は静脈の静脈弁が逆流を防ぎながら、筋肉ポンプ作用で心臓に戻ります。老いは足腰からといわれますが、その筋肉が衰え減少してくると筋肉ポンプ作用も低下して、心臓に負担をかけて血圧の上昇に繋がるので、下肢の筋肉を鍛える事が養生になるのです。また、歩いたり、立ったり、座ったり、交互に手と足を動かす、身体のバランスを取る等、脚、腰、背中等の筋肉や腱から、身体の姿勢を正そうとし脳に情報が行き、その刺激が脳の活性にも役立つのです。運動不足でその情報が少なくなってくると脳の機能低下の原因になったり、起立時にバランスを崩して転倒し、骨折を起こす危険が増加するのです。女性では閉経後に骨組夥症対策として、食べ物からカルシウムを摂りますが、その吸収を良くする為には適度な運動が重要です。運動をして荷重をかけると骨芽細胞の活性化と骨の圧電位の発生により骨形成が促されるのです。閉経後の女性が1日平均25分以上のウォーキングをする事で骨量の低下を防止するだけで無く増加させたという研究報告があります。ウォーキングは下半身の筋肉増強、骨の強化と共に血液循環を改善し、脳の活性化に役立つ養生法です。
 
 
icon735.gif

睡眠のリズム
 
睡眠は、脳や身体の疲労回復をする為に必要な生理現象で、心身の養生として基本的な事です。生体には、午後1~2時頃の小さな眠気と夜間の大きな眠気が12回あり、それが自然な睡眠リズムです。夜間の睡眠では深い眠りが起きる最初の3時間に成長ホルモンが分泌されます。このホルモンは思春期の身体作りに必要ですが、その後も脳や身体の組織の修復、強化、増殖には欠かせません。しかし加齢が進むと眠りが浅くなり、このホルモンの分泌が減少してくるので、夜の睡眠をしっかり取る事が養生に繋がってくるのです。夜の深い睡眠をとるひとつとして15~30分の昼寝です。老人大学という高齢者の集まりで、心理テストから意欲的なグループと消極的なグループを選び、睡眠の状態を調べたところ、意欲的なグループの方が昼寝を取る率が高かったのです。更に昼寝には決まった時間に取る積極的昼寝と襲って来る眠気に負けて昼寝を取る消極的昼寝があり、老人を二つのグループに分けて、夜間の睡眠の状態を調べたところ、積極的昼寝をとった方が、不眠の訴えが少ない事が分かりました。睡眠リズムをきっちり守る事で、夜の睡眠がスムーズに行くからと考えられています。また睡眠には体温リズムも関係し、昼間活動的に運動すると体温は上昇し、夜になると低下しますが、その変動が大きい程熟睡できます。運動する時間帯は最も活動が高まる午後が良いとされています。最近では2000~3000ルクスの人工光線が人の生体リズムを強く同調させる事が分かり、昼間の太陽光線を浴びる事が夜間の深い睡眠を取る為には必要不可欠なのです。この事からも日中は活動的に運動をし、趣味を持つ等意欲的な生活で生体リズムを強化する事で、質の良い睡眠をしっかり取ることが養生に繋がるのです。
  • 所在地〒259-1137 神奈川県伊勢原市笠窪383-3
  • アクセス小田急線 鶴巻温泉駅より徒歩8分
  • 責任者溝口 潔
  • 営業時間9:00~19:00 / 年中無休
メールでお問い合わせはこちらから

ページ上部に戻る