神奈川の鶴巻温泉治療院は医師も推薦する気功治療院です。

症状別ページ

不定愁訴

icon459-.gif



水と不定愁訴
 

人間の身体の60%は水です。その・内訳は細胞内に72%、細胞外に20%あります。骨でさえその30%は水なのです。乳幼児では体重の80%が水分ですが、老人になると50%以下に低下しています。段々水気が無くなる事が老化だという事も出来ます。つまり老化によって身体の新陳代謝が衰えると、体内で作られる水の量が減少して、消化器での水分の吸収効率も悪くなり、おまけに水分は尿として出て行きやすくなる為に、益々体内の水分が失われる事になります。その過程で水分不足から来る血液濃度の高まりが血液を流れ難くさせ、それに伴って不定愁訴も起こる訳です。また、その様な状態が長く続くと血管壁も硬化しやすくなります。老人の不定愁訴の裏にはこの慢性的な水分不足が隠れている事があります。特に喉の渇きに鈍感になり、水分補給を怠る傾向があります。寄生虫の研究者として知られている藤田紘一郎さんは、世界中の水を実際に飲んで研究していますが、「良い水」を補給して老化を防ぐ事を提唱しています、良い水の条件は、有害な物質を含まない。ミネラル成分をバランス良く含む。水の硬度は極端に高過ぎない。酸素と炭酸ガスが充分溶け込んでいる。弱アルカリ性の水。水分子のクラスターが小さい。酸化・還元電位が低い事をあげています。(クラスターとは水の構造の最小単位の事。水は現在5~10個の水分子が水素結合で結ばれていると考えられています)

icon460.gif



ホットフラッシュと冷え
 

ホットフラッシュというのは更年期の不定愁訴の中でも最も多い症状で、更年期障害の人の7割にみられます。突然起こる身体の熱感で、顔面、東部、上胸部などの中心部から末梢へ広がります。持続時間は2~3分で、同時に汗をかく事が多いのですが、必ずしも発汗を伴う訳ではありません。また回数も強さもまちまちです。更年期にはエストロゲンが減少しますが、その為にエストロゲンを増加させようとして下垂体機能が充進し、ゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)を沢山分泌するようになります。こうした内分泌のバランスの混乱が自律神経系にも影響を与える事が原因とされています。しかし最近では自律神経の末端から分泌される神経ホルモンの一つ(CGRP:カルシトニン遺伝子関連ペプチド)がホットフラッシュに関係していると言う事も分かってきました。エストロゲンには血管の拡張維持の働きもあるのですが、エストロゲンの低下によって末梢の循環が悪くなって冷えとして感じられます。するとCGRPが分泌過多になり反応しやすくなって今度はホットフラッシュとして感じられるのです。つまりホットフラッシュと冷えはひとつの出来事の裏表として考えられる訳です。ただし、ホットフラッシュや冷えを始めとする更年期の不定愁訴はエストロゲンの減少だけで説明出来る物では無く、心因的なストレスとも密接に関係しているので心身両面からの対処が必要です。

icon461.gif



睡眠と質
 

最近、睡眠にまつわる不快を訴える人が多くなっています。日本人の睡眠障害に関する調査によると、不眠は男性で17.3%、女性で21.5%にものぼります。また睡眠の質の悪さでは男性17.8%、女性20.2%と、5人に1人は睡眠障害を抱えて睡眠薬の使用率男性3.5%女性5.4%という結果が出ています.特に最近注目されているのが睡眠時無呼吸症候群と言われる物で、睡眠時に呼吸が止まる無呼吸型、換気量が半分以下に低下する閉塞型、それらの混合型等があります。いずれも10秒聞、1時間あたり5回以上、1晩で30回以上起これば睡眠時無呼吸症候群と見なされます。睡眠時の無呼吸は心臓や循環器の疾患と結び付く事が多く、閉塞型の無呼吸症候群では半数が高血圧となっています。これと言って原因がなく、ただ高血圧の症状だけがあると言う本態性の高血圧では3割に睡眠時無呼吸が発生が発生しているとも言われています。また睡眠時には不整脈が起こりやすくなります。無呼吸が起こると呼吸が再開する時に微小覚醒が起こるので、睡眠が分断された状態になります。したがって日中に居眠りをしたり、単純作業の時に注意が瞬時的に低下する等の影響が生じてしまいます。また抑うつ気分になったり焦燥感、不安感、更には無分別な行動や猜疑心等精神的な変化が起こる場合がある事も報告されています。男性、肥満、加齢が危険因子ですが、閉経後の女性でも危険度は高まります。いびきをかくと指摘される人は、無呼吸が起こっていないかを家族に観察してもらうと良いでしょう。

icon462.gif



血液と不定愁訴
 

血液が酸性の状態(アシドーシス)になるのは、過労に陥った時、あるいは細胞が老化した時です。要するに身体の老廃物が血液に沢山含まれている状態といえるでしょう。当然、不定愁訴も出て来やすいと言えます。ところが、このアシドーシスは食べ物の影響で一時的に表れる事があります。砂糖、あんこ等の糖類、肉類等の蛋白質、いわゆる酸性食品を沢山食べると血液は酸性に傾きます。この状態では骨や歯のカルシウムが血液中に溶け出て来る事も明らかになっています。ですから血液を酸性にする様な偏った食事を常に摂っていると倦怠感等の不定愁訴も出て来やすい事になります。食事の方はいわゆるアルカリ性食品と言われている新鮮な野菜や海藻や柑橘系の果物をバランス良く摂る事で血液を酸性にしない様にする事が必要な訳です。血液がアルカリ性の状態(アルカローシス)は休息を充分に取った時、また細胞が若い状態の時と言われています。血液がこの状態であれば不定愁訴は起きにくいのです。アルカリイオン水と言う物がありますが、厚生省が承認している医療用物質生成器で作られたアルカリイオン水の効能には、胃酸過多、消化不良、慢性下痢、腸内異常発酵の予防としていますので、血液をアルカローシスにする事は不定愁訴の予防になる訳です。

icon463.gif



更年期症状の数字
 

更年期障害というのは閉経前後の時期に、器質的な原因が見当たら無い様な不定愁訴を中心とした症候群と言う事が言えます。自律神経症状や精神症状が絡み合って表れるので、これらを区別するのは難しい所があります。こうした更年期障害の度合いを指数にして評価する方法はいくつかありますが、この調査票は日本人女性に即した調査票になっており、筒単なので患者さんの状態を把握する助けになるものです。合計点が25点以下なら異常無し、50点を超えたら更年期障害、66点以上であれば治療が必要と見なされます。患者さんにも治療する側にとっても症状を客観的に捉える事が出来る上に、治療前と治療後との比較も出来ます。ただし、症状の強度が非常に強くても症状の種類が少ないと点数も低くなるので、その点では注意が必要です。
1.png
icon464.gif



動悸・息切れありますか?
 

中高年になってからは普段余り運動をしないと言う人は、少し激しく体を動かしただけで息が荒く心臓の動悸がなかなか治まら無かったりしますが、これは加齢による体力低下で心配の無い物です。また運動していない安静時、心臓に「ドキン」「ドドドッ」「脈が飛ぶ」といった症状があると誰でも不安になりますが、こう言ったたまにある期外収縮による不整脈も多くは放置して置いても大丈夫です。この種の不整脈の回数が正常の脈拍の10%以下なら全く問題なく、若い女性や神経質で完璧主義の人に出やすい傾向があり、ストレスが多い人にも見られます。回数が多く息苦しいと言う場合は、念のため検査をした方がいいでしょう。また動悸や息切れが起こるので病院で検査をしても何の異常も見つから無いと言う場合、よくあるのが更年期に多い自律神経失調症によるものです。のぼせやほてり・発汗を伴うなど、人によっては毎日朝晩問わず症状があり、多くの場合は更年期の割と早い時期に起こって一定期間を過ぎれば良くなります。日常生活に支障がある様なら、漢方療法・自律訓練法等が有効です。風邪を引いた時、特にインフルエンザにかかって1週間位の間に、心臓がドキドキし息苦しいといった症状が現れたら要注意です。インフルエンザのウイルス感染によって起こる急性のウイルス性心筋炎で、ショック状態や失神等の危険な状態になる場合もあります。軽く済んで治ったように見えても、不整脈が後遺症として残る事があるのです。

icon465.gif



甲状腺機能低下に注意
 

更年期の時期に、更年期障害とよく似た症状が出る病気に慢性甲状腺炎(橋本病)があります。自己免疫疾色の一つで免疫細胞が甲状腺を標的に攻撃する為甲状腺機能が徐々に低下して行き、甲状腺ホルモンが滅少して行きます。同じ甲状腺の自己免疫疾患でも機能が亢進するとバセドウ病ですが、慢性甲状腺炎の方が数的にも多く、症状も他の病気と紛らわしかったりするので見逃されやすいので注意が必要です。甲状腺ホルモンは新陳代謝を活発にするホルモンですから、これが不足すると体温が低くなって寒がりになり、皮膚は乾燥してカサカサで粉をふいた様になります。心臓の鼓動も減り、便秘になります。更に甲状腺ホルモンは精神の活動にも影響を与えている為気力が無くなったり、動きも鈍くなって来ます。その為うつ病と間違われる事もあるのです。また体内のあらゆる物質の代謝がゆっくりになっていますから、コレステロールの分解が遅くなり、高コレステロールになりやすくそれが動脈硬化や高血圧にも結び付いてきます。甲状腺の機能低下はゆっくりと進み、一つ一つの症状は老化に伴う些細な物と見られる為、高齢者の場合は余計に見逃される恐れがあるのです。上記のような不定愁訴も、更年期障害や老化の兆候としてだけで無く、甲状腺機能低下の可能性も考慮する必要があります。

icon466.gif



冷房病と不定愁訴
 

天気によって不定愁訴が表れる事はよく耳にします。特に温度や湿度の極端な変化や季節の変わり目、低気圧が通過する時等に神経痛、胃腸障害、頭痛、腹痛、月経異常等が表れたりします。これらの自然現象で起こる不定愁訴は天気が好転すると治まりますが、厄介なのが夏季の冷房のかけ過ぎによって起こる不定愁訴です。かなりの人が悩んでいるのですが、オフィスや乗り物、デパートや飲食店の冷房は暑がりの人や代謝の良い若い人に合わせて設定されている為に温度が低めです。また何度も出入りを繰り返すと、身体の体温調節が上手く行かなくなり、それによって全身の倦怠感を起す事もあります。それでは冷房がいけないかと言うと、そうとも言いきれません。高温多湿の日本の夏は、身体が消耗しやすく、眠りも浅くなり、食欲も減退してしまう嫌な季節です。昔から「夏バテ」「夏痩せ」という言葉もある程です。この様な夏の暑さから身体を守る為に、エネルギーを使い過ぎない様に体内の代謝量を低下させているのです。ですから、身体は疲れやすいので昔からお盆休みや夏休みがあるのです。このような季節を乗り切る為には冷房を上手く利用する事も大切なのです。個人差はありますが、27度前後が適温だと言われています。室内の温度に肌寒さを感じない程度が目安になります。また「夏かぜ」の原因として室内の空調がありますので、ハウスダストには注意が必要です。

icon467.gif



シュガーブルースは現代病

脳と神経系にとって最も重要な栄養素は、燃料となるブドウ糖です。脳にブドウ糖が安定して供給されないと、疲労・いらいら・めまい・不眠・集中力低下・物忘れ・うつ症状・情緒不安定・かすみ目といった不定愁訴が現れます。脳に必要な物がブドウ糖なら、ブドウ糖と果糖で出来ている砂糖を摂れば、効率よく利用されると思いがちです。実際、その様なCMがテレビで放映されていましたが、砂糖のように純度の高い精製炭水化物を頻繁に摂ると、かえって脳の働きが悪くなるのです。脳にブドウ糖を安定的に補給する為には、血液中にいつも一定の値のブドウ糖が含まれなくてはならず、血糖値は常に監視されています。身体はあらゆる食物を消化吸収してエネルギーに換え、余ったものは貯蔵グリコーゲンとして肝臓や筋肉に蓄え、必要な時にいつでも取り出せるようにしています。砂糖を始めとしてハチミツや精製された小麦で作られたパン・ケーキ・クッキー・菓子類やジュース等は、加工の過程で吸収されやすい単糖類に変わっているので、消化を余り必要としません。食べるとすぐに糖類が血流に入り、血糖値が急速に上がりますが、身体は血糖があふれるのを避ける為に血糖値を下げようとして、膵臓からインスリンを分泌します。すると血糖値は反動で低くなり過ぎて食後1~3時間はかえってエネルギーが落ち込みます。いつも菓子やケーキ等の精製炭水化物食品を食べていると、糖不耐性と言って血糖値を安定に保つ事が出来なくなり、かえって脳が栄養不足状態に陥ってしまうのです。砂糖の摂り過ぎで起こる不定愁訴を砂糖病(シュガー・ブルース)といいますが、こんな症状が出たら、食生活を振り返ってみるのも大切かもしれません。

icon468.gif



男の更年期
 

男の厄年を過ぎた45歳から50歳代は、仕事の責任も重くなり、家庭でも色々な問題が発生して精神的な重圧は益々高くなります。また、この頃から男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が徐々に低下する事で、ホルモンバランスが崩れ、それが引き金になって、様々な不定愁訴が引き起こされます。主な症状としては顔がほてる、のぼせる、汗をかく、動悸がする、めまいがする、頭痛、肩が凝る、手足がしびれる、腰が痛い、眠れない、気分が滅入る、イライラする、集中力が無くなる、忘れっぽくなる、性欲が減少する等。この年代の男性にとって仕事は第一ですが、この様な不定愁訴が出ると仕事から脱落するのでは無いかと言う不安から不安神経症になったり、しばしば死の恐怖、動悸、呼吸困難と言った不安発作が見られる事があります。この不安定な精神面から不眠になる事もあります。またこの年令は酒量も徐々に増える傾向にあり、高血圧、糖尿病と言った病気になって行くケースがあります。更にテストステロンの減少にあわせ50歳を超えた男性の4人に1人は前立腺肥大症が現れ、残尿感、頻尿といった排尿障害が表れてくるのです。この年代はまさしく男のクライシス(重大局面)と言えるのです。

icon469.gif



ビタミンB群足りてますか?
 

現代の日本で栄養が極端に不足している人は滅多に見られませんが、ビタミンやミネラルが僅かに欠乏している為に慢性的な不健康になっていると言う人は少なくありません。中でもビタミンBのグループは神経に働くものが多く、いわゆる不定愁訴として訴えられる症状とも大きく関係しています。ビタミンB群の不足に共通する症状としてはだるい、疲れやすい、眠れない、食欲不振、イライラ感、憂鬱感等がありますが、その他の症状としては次の物があります。
B1の不足
脚気、動悸や息切れ、足のむくみ、手足の痺れ感等
B2の不足
口角炎、光がまぶしい、目がかすむ、顔が脂症になる
B3の不足
ペラグラ皮膚炎、口内の異常、皮膚が日光に弱くなる、めまい、興奮しやすい
B5(パントテン酸)の不足
自律神経が失調しやすい、胃が弱る、頻脈、動悸、怒りっぽい、居眠り
B6の不足
口内炎、脂漏性の皮膚炎、吐き気、筋肉の震え、神経過敏
B12(葉酸)
悪性貧血、頭痛、手足のしびれや痛み、動悸、息切れ、めまい、神経過敏、鬱、集中力・配 置力低下
健康意識が高くなっている反面、特に一人暮らしや高齢者の場合はインスタント食品の多用、偏食、食事量の減少等によってビタミン、ミネラル等の微量栄養素が不足しやすいので注意が必要です。

icon470.gif



VDT症候群と不定愁訴
 

職場等でディスプレイを長時間見つめて仕事をしている人に頚・肩のコリ、腰痛、目の痛み、イライラ、全身倦怠、食欲不振等の不定愁訴が多くなっています。この様な症状をまとめてVDT(visual display temlinal )症候群と呼んでいます。VDT症候群が起こる原因は、画面を凝視する時間が長い為に瞬きの回数が極端に少なくなる事が節目こ挙げられます。また、眼球を固定する為に眼球に付いている6つの筋肉が疲労しやすい事や、常に同じ距離の物を見つめる事等があります。更に、コンピュータは湿気に弱いので、室内の湿度を低くする必要がある為に、眼球の表面の水分が蒸発しやすい事等が挙げられています。またVDTを作業する場所は元々紙とペンで事務的な作業をしてきた机がほとんどで、そこにいきなりCRTやキーボード等が所狭しと置かれているのが平均的な職場の風景です。その為に視線移動という面から見ると視線は大きな移動を要求されて疲れやすくなります。作業環境の劣悪さはそれだけ目の疲労の蓄積になるのです。ところで通常目が疲れたと感じる人の約60%はドライアイと言われていますが、VDT症候群の原因のーつにドライアイがあると考えられています。このドライアイは涙液の量的な減少、質的な異常により目の表面に慢性の角結膜炎を起している状態です。ドライアイには20才台と40才台に好発年齢があります。この20才台にはVDT作業者が多く含まれています。ですから、点眼による目の保温も予防になるのです。


icon472.gif



更年期には高麗人参
 

漢方では女性の生理に伴う不快症状を「血の道症」と言い、更年期症状もこれに含まれます。漢方薬の中には血の道症に効果がある物が多く、よく使われる漢方薬では虚弱体質で、神経質、イライラ、不安、不眠と言った不定愁訴がある場合には加味逍遥散、比較的体力があり、興奮しやすく、動悸、のぼせ、不眠がある場合は、柴胡加竜骨牡蠣湯がよく処方されます。その他には十全大補湯、半夏厚朴湯、女神散、柴胡桂枝湯等もよく用いられます。防衛医大の産婦人科の戸出健彦教授が更年期障害の治療で高麗人参を処方して効果を挙げた報告があります。簡易更年期指数(SMI)で66.6点の閉経直前(平均年齢51.21歳)の患者9人に高麗人参の粉末製剤を毎日6g、3ヶ月間服用したところ28.4点に減少したのです。通常66.6点あると6ヶ月の計画的な治療が必要になるのですが、28.4点という数字は、食事や運動に注意を払い日常生活で無理をしない様に、というレベルです。古くから高麗人参は不定愁訴に効果が高いと言われていましたが、実際更年期障害による精神症状、身体症状にもかなり効果がある事が報告されたのです。しかし、湯液では患者さんの体質や症状によって証を立ててから漢方薬を決めますから、出来れば専門家に相談して服用するのが望ましいでしょう。

icon473.gif



疲れの話
 

「疲労感」はほとんどの病気に見られる一般的な症状です。少し動いただけで疲れてしまう、という場合はまず糖尿病を疑います。糖尿病の初期の自覚症状の内一番多いのが疲れやすく喉が渇く事なのです。次いで多いのが肝臓病ですが、中でも急性肝炎で最初に自覚される症状は激しい疲労感で、これに吐き気や食欲不振を伴います。慢性肝炎や肝硬変の場合、激しくは無いが慢性的な疲れが続きます。また腎障害は初期には無症状ですが、重症になるほど疲労感が出てきます。心臓疾患でも、心臓の働きが次第に落ちて来ると息苦しさや身体のむくみと共に疲労感が出て来ます。他にも甲状腺機能の低下・亢進や膠原病、癌やうつ病、神経症や心身症等でも全身的で慢性的な疲れを訴える事がよくあります。更年期の女性では約7割の人が疲労感があるといいますが、これはホルモンや自律神経の変調を正そうとして、体全体が無理をした結果、疲労感や無気力感、精力の減退として表れた物です。ただ更年期の疲労感の多くは病的な物では無いので、疲れを感じたら「甘えてはいけない」等と頑張らずに、小まめに休養を取る様にして乗り切る事です。過労は更年期の症状も強くするので心身をリラックスさせて睡眠を充分取る様に心がければ、症状は軽くなるでしょう。

icon474.gif



お腹にはリラックス
 

日本人の胃腸の病気で2~3人に1人はいると言われているのが過敏性腸症候群です。原因は細菌感染、アレルギー性腸炎、抗生物質の服用による腸内細菌の異常、便秘薬の乱用、過労、睡眠不足等ですが、特に大きな要因は、精神的ストレスです。職場や家庭でのトラブル、受験や昇進によるプレッシヤー、社会への不適応、人間関係の悩みで自律神経のバランスが崩れた為に起きると言われ、10代から30代の若い人に多いのが特徴です。症状は下痢便秘交代型、下痢型、便秘型、粘液排泄型等があり、最も多いのが下痢便秘型です。主に食事の直後、腹痛を伴った便意をもよおしますが、トイレに行っても思うような排便が無く、便が出きら無い感じが残る為に1日に何回もトイレ通いを繰り返します。また、お腹が張る、おなら、げっぷ、胸やけ、胃もたれ、疲れやすい、不眠、肩こり、頭痛、等の不定愁訴を伴います。便秘症状が続いたと思うと、一転して下痢が起こります。それが治まるとまた、便秘と、交互に繰り返すのです。精神的ストレスが関係しているので、薬の効果はあまり期待出来ません。大切な事は、この病気をよく理解し納得し、ストレスを緩和すれば症状が改善される事があります。食事は刺激の強い物を避け、睡眠を十分摂って規則正しくゆとりのある生活を送る事です。
  • 所在地〒259-1137 神奈川県伊勢原市笠窪383-3
  • アクセス小田急線 鶴巻温泉駅より徒歩8分
  • 責任者溝口 潔
  • 営業時間9:00~19:00 / 年中無休
メールでお問い合わせはこちらから

ページ上部に戻る