神奈川の鶴巻温泉治療院は医師も推薦する気功治療院です。

症状別ページ

STD

icon394.gif



最近のSTD事情
 

1958年に売春防止法が施行されて以来性病は半減しました。その後社会や性風俗の変化等によって増加傾向にありましたが、エイズの出現以来STDの患者は減少していました。ところが95年頃からまたSTDの感染者が増えていて、疾患の内容も種類もこれまでの、いわゆる性病とは違って来ています。以前は局所に強い症状が現れて感染を知る事が出来たのが、最近ではクラミジアの様に無症候性のSTDが多くなって、感染に気付きにくくなっています。例えば性器クラミジア症は男性の場合にはほとんど症状がでない事もあって女性への感染を増やす結果となり、女性ではSTDの半分近く、第1位になっています。初期には軽い風邪位の症状しか表わさないHIVも無症候性と言えるでしょう。また感染部位が性器だけに留まらず口腔、肛門等に及んでいる事も特徴として注目されます。性風俗においてはエイズキャンペーン以来性交によるSTDの感染が減少する傾向にあるものの、フアッションマッサージ等性交を伴わない新たな性サービス等の出現で咽喉等性器以外の感染をもたらし、またそれが感染源になって増加しています。また年齢的には20才代の患者数が最も多いのですが、10代後半の患者も増えて来ています。これはSTDが歓楽街の特殊な疾患では無く、一般家庭へ広がっている事を意味しています。更に東京都で言えば全国平均の2倍もの感染率であり、STDは大都市集中型の疾患である事も特徴と言えるでしょう。

icon395.gif



感染症の中のSTD
 

感染症には空気感染や経口感染更に接触感染など様々な感染ルートがあります。病原体からみれば、感染しても宿主から新たな宿主に伝染するルートが必要であり、そのルートが無い限り、病原体は生き残る事が出来ません。新たな宿主に伝染する繰り返しが起こる事を感染環といいます。ですから、伝染病の予防は原理的に、この感染環を断ち切る事にあります。昔は患者の隔離というやり方や、予防接種もまた感染環を中断させる方法である訳です。一方、病原体からみれぱ宿主を致命的な所まで追い込む事は自殺行為でもある訳ですから、最も理想的には常在微生物として宿主と共生する事です。性病の性交感染がSTDというより広い概念になったのは、性的活動の多様化によって病原体の感染ルートが性器だけで無くなったからです。人間以外の動物では活発な性的活動をしていませんので、性的接触は感染環として効率的なルートとはいえません。動物の世界ではSTDは基本的には起こらないとも言えます。つまりSTDはすこぶる人間的な病といえます。またSTDの感染環の維持にはもう1つの特徴として二次的病巣があります。これは梅毒や淋病もそうですが感染は粘膜ですが、関節や骨や血管など別の臓器に病変を作ったり、あるいはエイズウイルスやB型C型ウイルスや性器ヘルペスの様に別の臓器に潜伏しながら感染の機会をうかがっている物もあるのです。これらの事を考えると感染環を作り上げる新たな病原体がSTDに加わる事は間違いのない所だと思います。

icon396.gif



STDの皮膚症状
 

治療家は常に患者さんと接触するので、様々な感染症にさらされる事が多いと言えます。患者さんの中には当然STDの患者さんもいて、患者さん自身STDに感染している事を知ら無いと言う事もありえます。STDを見逃さない事は患者さんにとっても治療家の身を守る上でも大切です。一番の判断の材料になるのは皮膚症状と言う事になりますが、普通見かけない様な発疹に接した場合、まず梅毒やHIVの可能性を考えます。梅毒では感染後3ヵ月から3年位までの間に爪の甲大の淡い紅斑、いわゆる梅毒性のパラ疹が体幹に出ます。その後紫紅色の丘疹が多発しますが、いずれも自覚症状はありません。また後頭部から側頭にかけて不完全な脱毛をきたす場合もあります。淋菌に感染すると、悪寒や関節痛など風邪の様な症状と一緒に四肢の関節の周囲に出血性の丘疹や水泡、膿泡等が見られますが、この症状は女性に多いものです。サイトメガロウイルスやヘルペスウイルスに初めて感染した場合、伝染性の単核症様の症状(悪寒発熱、頭痛、吐き気、リンパ節腫脹疼痛など)が見られ、抗生物質の投与によってじんま疹が誘発される事があります。HIVの感染でも単核症様の症状がありますが風邪くらいに思われ見逃される事が多い様です。HIV感染では3~6週間後に5~10mm位の紅斑や浮腫性の紅斑が、体幹の上の方や手掌・足の底に見られる事があります。これらSTD感染の可能性は患者さんの風体や身なりで判断する事は危険で、子供や高齢者でもSTDの可能性がない訳では無い事も頭においておく必要があります。

icon397.gif



クラミジア
 

クラミジアは細菌の一種で、トラコマティス、シッタシイ、ニューモニエ等全部で4種があります。この内トラコマティスはかつて戦後の日本で、トラコーマ結膜炎を起こす事で知られていました。しかし現在では、若い女性を中心に世界的に最も蔓延しているSTDの一つとみなされています。男性が感染した場合は排尿時にしみたり膿が出たりという尿道炎や副睾丸炎の症状で気付く事もありますが、半数は症状が出ません。女性の場合は4分の3は自覚症状が無く、気付か無い内に卵管炎等を起こして卵管がつまり、不妊症になってしまいます。更にそのまま放置してしまうと、癌になるという報告もあります。気付くのは下腹部が痛んだりした場合で、卵管性の不妊症の6~7割にクラミジアが関係しているのです。愛知医大の婦人科外来患者1700人以上のデータによると、平均13%がクラミジアに感染していて、特に20才未満の若い女性の感染率が高かったのです。妊婦がクラミジアを持っていると、出産時に新生児が産道で感染して結膜炎や肺炎になる事があります。妊婦の尿中には病原体が出て来るので、遺伝子診断法で調べる事が出来ます。男性で精液に血が混じる「血精液症」がありますが、ほとんどが細菌感染による炎症で、80%にクラミジア抗体が見つかっています。性風俗業の女性はかなりの高率で口の中にクラミジアや淋菌等を持っていると言う事です。

icon398.gif



癌とSTD
 

癌の発生には、素因(遺伝的な体質)に環境的な因子が加わって発生するという説や、化学物質や放射線等が突然変異を引き起こす説等色々とあります。ウイルスによって癌が引き起こされると言う説は、科学的に認められるまでには50年以上もの長い年月がかかりましたが、今では数多くの癌ウイルスが発見されています。その中でも医学的に因果関係が立証された人の癌ウイルスは5種類です。肝臓癌を起こす感染力の強いB型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルス、バーキッド・リンパ腫と言う悪性のリンパ腫や上咽頭癌等を起こすEBウイルス、子宮頚癌を起こすヒトバピローマ・ウイルス、そして成人T細胞白血病(ATL)を起こすHTLV- I ウイルスです。これらのウイルスの他にも尖圭コンジローマを起こすウイルスも、陰茎癌や子宮癌を引き起こすのではと考えられています。これら癌ウイルスが、細胞をどの様に癌化させるのかと言うメカニズムについてはまだよく分かってはいませんが、問題なのはこれらのウイルスのどれもが性行為によって感染する事です。EBウイルスはSTDの範囲には入れられていませんが、EBウイルスが原因の伝染性単核症は別名「キス痢」と呼ぱれ、唾液で簡単に感染してしまいます。STDで最も恐るべきはエイズだと思われていますが、癌になるおそれのあるSTDが沢山ある事は知って置くべきでしょう。

icon399.gif



性器ヘルペスウイルス
 

性器ヘルペスウイルスには単純ヘルペスウイルスの1型と2型があります。この性器ヘルペスは男女共にこの10年間で漸増していて、STDの中でクラミジアに次いで第2位を占めています。性器ヘルペスは性行為やそれに類似する行為でも感染し、2~7日位の潜伏期があり、その後に様々な症状が出て来ます。初感染の症状は、発熱、リンバ節腫脹等の全身症状を伴い、ヘルペス一般の特徴である神経走行に必ずしも一致せずに左右対称性に性器とその周辺に小水痘が現れます。また排尿困難や排尿痛が起こり、次第に患部がびらんし、不規則な形状になって行き、膿を持ったり、潰瘍性の病変になったり、かさぶたが出来たりします。また、口内炎や咽頭炎を併発する事も多く、頭痛や頚部硬直が表れたりします。全軽過2、3週間で自然治癒しますが、性器ヘルペスウイルスは仙髄神経節に行き潜伏していて、疲れ、精神的ストレス、性交、紫外線等で再発します。約8割が腰痛や下肢の痺れ等の前駆症状が数日前から起こり、性器の痒みや違和感や疼痛を感じます。元々、単純ヘルベスの生物学的な特徴として、人に感染する部位が1型は上半身で2型は下半身という棲み分けになっていたのですが、オーラルセックス等性行為の変化によって領域が曖昧になって来たと言われています。

icon400.gif



STDの垂直感染
 

女性のSTD感染で問題になるのは妊娠・出産時に母から子への垂直感染が起こる事です。一般的に胎児は胎盤によって病原菌から守られていますが、胎児は免疫その物が不十分な事、母親自身が妊娠中は免疫許容の状態にあって免疫が低下する為、感染が憎悪し易くなっています。垂直感染のパターンは様々ですが、胎盤感染では梅毒の先天梅毒見がよく知られている所です。梅毒は細菌と原虫の間の微生物=トレポネーマによる物ですが、胎盤を通して感染する物にはウイルスによる物が多く、妊娠初期の感染では胎児の奇形や先天異常等が起こります。クラミジア、カンジタ、単純ヘルペス、淋菌、トリコモナス等の細菌や真菌の場合は分娩時の産道感染によって感染が起こります。産道感染が懸念される場合には帝王切開で出産しなけれぱならない事もあります。また母乳による感染が心配される物には成人型T細胞白血病、B型肝炎等があり、キャリアの母親の授乳は避け、人工栄養にせざるを得ません。HIVの場合は胎盤、産道、母乳の全てから感染し、小児AIDSを発症させるので深刻です。新生児が垂直感染を受けているかどうかは成人の様な所見を表わさないので中々見分けが難しいのですが、早発陣痛、早期・前期破水、羊水の異常(混濁や異臭)、胎児の仮死、母体の発熱等が見られます。

icon401.gif



エイズ感染と発症の間に
 

エイズウイルス(HIV)に感染すると1~2週間後に、風邪に罹った様な発熱や喉の痛みが現れますが、2~3週間でこれらの症状は一旦治まります。これは免疫機構が働き出し、中和抗体や細胞性免疫によってウイルスが血中から排除されるからです。普通のウイルス感染ならここで終わり、症状は無くなりますが、HIVは遺伝子の組み込みと言う性質を使ってヘルパーT細胞の中に生き残ります。この後、4、5年から長い人で10年以上、抗体陽性のまま無症状に経過します。以前はこの無症候期、HIVは細胞の中で大人しく眠っていると考えられていましたが、今は研究の結果この期間もHIVは細胞中で自分の複製を作り続け、その数は1日に100億個に昇る事が分かったのです。感染したヘルパーT細胞はHIVの作用と免疫機構の標的となって、敵からも味方からも破壊されていきます。宿主側は失われたヘルパーT細胞の再生にやっきになりますが、ゆっくりとヘルパーT細胞は滅少していきます。つまり宿主がまだ抵抗出来る力が残っている間が無症候期なのです。HIVはとても変異しやすく、その確率はウイルスが1回複製されると、必ず1カ所は親ウイルスと違うという位高いのです。エイズ発症後の後期の変異ウイルスは、無症候期の時のウイルスに比べて増殖力、細胞破壊性、病原性、どれもが強くなっているので、初期の抗体は役に立ちません。このことがワクチンや抗エイズ薬の開発を困難にしているのです。

icon402.gif



STDとしての肝炎
 

STDとしての肝炎肝炎ウイルスにはA型からG型まであり、現在確実にSTDと認められているのはB型です。しかし最近ではA、C型もSTDの面があると考えられる様になりました。A型肝炎ウイルスは一般的に感染者の糞便中のウイルスが経口感染するものですが、男性同性愛者では性行為の一つとして感染するためSTDとみなされています。ただしA型肝炎は慢性化する事はありませんし、普通は3ヶ月位で治癒します。劇症化する事は余りありません。B型肝炎は血液を介して感染します。輸血や注射器等医療行為等が感染経路となる事が最も多い物ですが、B型急性肝炎の5~30%は性行為によると言われます。多数者と性行為を持つ機会が多い性風俗業の女性ではそうで無い女性と比べて高率で抗体が陽性であるという調査結果があります。B型の急性肝炎も自然治癒するのですが、1~2%が劇症化したり、またはキャリアとなって感染源となります。感染は性行為の相手がB型肝炎ウイルスのキャリアである場合に感染します。入浴やプール、整髪、食器等に特別配慮する必要はありませんが、カミソリ、歯ブラシ、タオルの共用は避けます。もちろん傷の手当時等他人に血液が触れ無い様にする事が必要です。C型の急性肝炎では劇症化はまれですがキャリアになる率が高く、急性から60~80%が慢性へ移行します。やはり血液を介しての医療行為による感染が主で、夫婦間感染の確率も低いとはいえ、性風俗衆の女性のキャリア率が高いなどの疫学的調査によってSTDと考えられるものです。予防法はB型肝炎ウイルスと同様です。

icon403.gif  
淋病の年次推移
 

淋病による尿道炎は依然として男性では多い疾患です。感染機会から約1週間の潜伏期間の後、急性尿道炎を発症します。外尿道□より膿を排泄して、痛みを伴い、尿道□の所に発赤が出て来ます。また更に上行性に侵入して行くと、後部尿道炎、精巣上体炎、前立腺炎等も発症する事があります。女性では子宮頚炎や上行感染により骨盤内感染症を起す事があります。従来淋菌感染症にはペニシリン系薬が効いたのですが、耐性菌の増加で、1980年代にはより強力な抗菌力を持つニューキノロン系薬が広く使われていました。しかし最近はそれにも耐性を持つ淋菌が表れた事が問題化しています。この淋病の年次推移を見ると1980~1484年にかけて増加した淋病は1984年をピークに年々減少しています。この減少していた期間は丁度エイズが社会問題になり、マスコミも大きく取り上げ、さらにエイズ予防法が出来た時期にほぽ一致しています。つまりエイズキャンペーンによる副次的効果と言えるでしょう。ところが、1995年よりまた増加の兆しが出て来たのです。それはエイズに対する人々の関心が薄れた事や、性交以外の性風俗業がまた盛んになって来た事が挙げられます。またエイズに比べ淋病は簡単に治る病気だという安易さがあり、治療も自己判断による服薬中断などで薬剤耐性の菌を増加させた事も原因のーつと推定されています。

icon404.gif



コンドームがSTDを防ぐ
 

コンドームというと避妊具のひとつでもありますが、STDの予防アイテムとして極めて有効な物です。病原体を含んでいる血液、精液、誼分泌液等と性器の粘膜との接触を遮断するからです。このコンドームが重要視されたのはエイズ予防です。現在世界のエイズウイルス感染者は5000万人を突破し、この内すでに1600万人が死亡しています。WHOが99年11月発表した調査で、コンドームの普及が遅れているアフリカでは2200万人がエイズ感染者で、エイズのために平均寿命が現在の59才が5~10年後に44才になる可能性があるといいます。一方タイやフィリピンでは、エイズ予防教育の効果でコンドームが普及し感染者の増加に歯止めがかかったのです。コンドームはエイズ以外のSTDにもたいへん有効ですが、我が国の最近の調査では東京都立高3年生の性交経験率が40%近くあり、そのうち常に避妊している人は30%しかなく、コンドームが使用されていない無防備なセックスがおこなわれているのです。そのためか15~19才代で性器クラミジア症や淋病といったSTDが急増していることが厚生省の調査でわかりました。エイズを始めとするSTDから身を守るためにも正しい性教育をすることが一番の予防なのです。
 コンドームで防げるSTD
淋病、クラミジア、エイズ、B型肝炎、トリコモナス、赤痢アメーバ症、マイコプラズマ
コンドームで防げる可能性があるSTD
梅毒、性器ヘルペス、せんけいコンジローム
コンドームで防げないSTD
ケジラミ、カンジタ、疥癬、伝染性単核症 

icon405.gif



PID(Pelvic Inflammatory Disease)
 

最近STDという用語は一般的な言葉として浸透してきましたが、STDに深い関係のあるPIDという言葉は余り馴染みがありません。PIDとは直訳すれば骨盤内の炎症性の疾患という事ですが、具体的には骨盤腹膜炎や卵巣卵管膿瘍、子宮内膜炎等の事を指します。PIDがSTDに関係があると言うのは、女性の場合STDは女性特有と言えるPIDを引き起こす事があるからです。女性の生殖器は膣、頚管、子宮内腔、卵管というように、いわば外部に接しています。さらに卵管は腹腔にも開いています。ですからSTDに感染した場合、これら外部に接しているも同然の臓器からの上行感染によって、骨盤内炎症性の疾患に移行し易い事です。また月経の時、月経血は腹腔内に逆流する場合があります。子宮内でSTD等に感染していればこの月経血によって原因菌が腹腔内に入りやすくなりますから、月経もPIDの発症に影響していると言う事になります。卵管が障害されると卵管周囲癒着や受精卵の輸送が上手く行かなくなるなどの機能障害によって不妊になる事もあります。クラミジア等が増殖を繰り返して菌の量が増えたりすれば、骨盤内だけの炎症に留まらず上腹部にまで達する事があり、女性のSTDは男性より深刻だとも言えます。

icon406.gif



梅毒トレポネーマ
 

梅毒トレポネーマは性交時に皮膚や粘膜の微小な傷口から侵入し、血行性、リンパ行性に全身に広がり、臓器や組織を侵す様になります。以前はSTDの代表の様に言われましたが、ペニシリンの登場によって激減し、かつての100分のl、最近の保健所への届け出数は年間1000入程度です。ですから若い医師は梅毒の患者を診察した事が無く、初期症状ではなかなか特定出来ずに別の病名にしてしまう事もあると言われています。とは言え、約20年周期で流行を見せていて、終戦時の流行の後、1965、1985年前後にピークを持ち、梅毒の患者数は現行の統計法になった平成12年以前は低い数値でしたが少しずつ増加に転じ昨年あたりから着実に届け出患者が増え始めています。潜在的な梅毒患者もじわじわと増加していると考えられます。保健所への届け出をみると献血、集団検診、人間ドック等で偶然発見される比率が高くなっているのです。このトレポネーマの中には性病ではありませんが、皮膚に病変を作る種類もあり、世界各地で伝染病として流行している地域があります。これらは皮膚の病変に接触する事で伝染します。現在梅毒トレポネーマはエイズの登場で後方に追いやられた感がありますが、潜伏しながら生き延びる為の次の戦略を練っているかもしれません。撲滅寸前とも言われていますが、だからこそその逆襲に目を光らせる必要がある恐い病気なのです。

icon407.gif



最近のエイズ治療薬
 

エイズの治療にはこれまで数種の逆転写酵素阻害薬剤を併用するカクテル療法が行われてきましたが、最近では新たにプロテアーゼ阻害剤が使われるようになっています。逆転写酵素阻害薬剤はHIVのRNA遺伝子がヘルパーT細胞にある正常なDNAに逆転写する酵素の働きを阻害する薬剤でAZT、ddl、3TC等があります。プロテアーゼ阻害剤は、HIVウイルスが転写されたDNAから作られる蛋白質を新たにHIVウイルスに組み立て様とする時に働く、プロテアーゼと言う酵素を阻害する物です。どの薬剤もHIVの増加を防ぐのですが、HIVは大変変異しやすい為すぐに薬剤耐性を持ちます。そこで最近ではHIVを各段階で阻害する事で抑制効果を強化する方法として、逆転写酵素阻害薬2剤とプロテアーゼ阻害剤を併用して使うHAART(高活性抗レトロウイルス療法〉が行われる様になりました。その結果HIVのRNAが血中に検出され無くなり、ヘルパーT細胞数も増加する様になりました。すでにエイズを発病した患者でも数年長生き出来、この良い状態が2年以上も続く事から、エイズは今や制御可能な病気であるとみなされる様になって来たのです。しかし1日に20錠以上の薬を服用しなければならない事、強い副作用、高コストの問題等が課題となっています。

icon408.gif



エイズにならない人々
 

HIVの感染は、ヘルパーT細胞やマクロファージの表面にあるCD4という蛋白質分子のレセプターから感染すると思われていましたが、1996年にCD4はHIVの吸着に関与するだけで、細胞内への侵入や、融合にはもうひとつの因子としてCCR5とCXCR4という蛋白質の存在が分かりました。HIVにはマクロファージに感染出来るウィルスとヘルパーT細胞に感染するウィルスがあり、前者はCCR5を、後者はCXCR4をセカンドレセプターとして利用するのです。マクロファージに感染出来るHIVは感染直後からエイズが発症するどの病期にも存在し、感染初期に重要な役割をになっていると考えられています。ヘルパーT細胞に感染するHIVは無症候期からエイズを発症する時に患者の体内に出現し、強い殺傷能力からヘルパーT細胞の数を減少させる役割を持っていると考えられています。このセカンドレセプターのCCR5が遺伝的に欠損している人が、不特定多数のHIV感染者と多くの性交渉を持ちながらもHIV全体の感染から免れる事が出来るという事が、注目を集めています。多くは白人に見られ、健康上全く問題はありません。どうして感染しないのかというしっかりした説明はまだなされていませんが、CCR5の機能を抑制する事で感染が防ぐ事が出来無いかと研究が進められています。
  • 所在地〒259-1137 神奈川県伊勢原市笠窪383-3
  • アクセス小田急線 鶴巻温泉駅より徒歩8分
  • 責任者溝口 潔
  • 営業時間9:00~19:00 / 年中無休
メールでお問い合わせはこちらから

ページ上部に戻る