神奈川の鶴巻温泉治療院は医師も推薦する気功治療院です。

症状別ページ

ランダム

icon318.gif

コネクソン
 

身体を構成する細胞は、情報ネットを作りお互いに緊密に連絡し協力しています。どの細胞も孤立しては当然生きてはいけません。正に運命共同体なのです。臓器から臓器へ、あるいは神経系の中枢から末梢へと様々な情報が流れています。長い距離の連絡には細胞は血液や神経系を介してメッセージを送っています。しかし、例えば重層的に組織を作り上げている皮膚等の臓器の場合、隣り合う細胞同士では、どの様な連絡の取り方をしているのでしょうか。これらの細胞はコネクソンという小さな孔を通して連絡を取り合っているのです。重なり合った細胞はギャップ結合と呼ばれる繋ぎ目にある何千ものコネクソンによってお互いの情報を確認しています。それぞれのコネクソンは相同の六個の蛋白からなり、膜を貫く管を作っています。そこから細胞から細胞へ、糖やアミノ酸やATP等の小分子をお互いに融通してます。しかし蛋白の様な大分子は、その狭い管を通過する事が出来ません。ですから、それぞれの細胞は自身を保持する事が出来るのです。緊急事態が発生するとその管は自動的に閉じる仕組みになっています。例えば細胞内のカルシウム濃度は通常は低く保たれていますが、隣の細胞から大量のカルシウムが流入すると、危険を察知してコネクソンを閉じてしまうのです。

icon319.gif

心身一如
 

様々な情動を引き起こす中心的な役割を担っているのは脳である事は間違いありません。例えば、大脳生理学者ウォルター・ヘスは、猫の視床下部の各部位に電気刺激を与え、攻撃行動や逃避行動などの情動行動を引き起こし、更にそれに伴う自律神経系の反応を起こす事でノーベル賞を与えられました。情動研究の父と呼ばれているウイリアム・ジェームスは約100年前に「情動体験は刺激により誘発された身体変化を大脳皮質が認知する事で起こる」と考えていました。脳の刺激だけで情動が起こると言うヘスの実験で、この考えは否定されたかの様に見えます。その事で、興味深い報告があります。癌の治療の為に片側の交感神経を切断された患者さんが、好きな音楽を聴いた時、切断されていない側では以前と変わらない身体から沸き起こる感動を感じたのですが、切断された方の側では感動を感じ無かったと言います。つまり、身体の変化を伴わない情動は、本当の情動反応では無いと言えます。つまり、音楽等によって引き起こされる、身体に起こる興奮と大脳皮質が関与する認知が結びつく事で、感動が生まれるのです。人間の情動反応は動物に比較してより高次の物が多く、人間の「心身一如」という心と身体の微妙で密接な関係を知った貴重な報告です。

icon320.gif

醒脳開竅法
 

脳の病気で多いのが脳出血や脳梗塞の脳血管障害です。その障害が起こると運動麻揮、失語症といった後遺症があるので、早期から積極的なリパビリが重要になってきます。その時に鍼療法が有効である事が報告されました。97年I1月に米国立衛生研究所(NIH)から、鍼療法に関して脳卒中後のリハビリにおいて代替治療的治療、あるいは総合的な管理計画の中に含めて鍼を利用すれば役立つ可能性があるとしています。また、98年に第47回全日本鍼灸学会で脳神経外科の専門病院禎心会病院物理療法科の石井睦宏氏らは、「脳血管障害に対する中医学的鍼治療」と題して、95年1月から96年12月までに脳血管障害で同病院に入院した患者237名のうち、197名(脳梗塞137名、脳出血60名)にリハビリと中国式鍼治療を行ったところ脳梗塞は78%、脳出血は71%で麻痺状態が自覚的、他党的に改善。手の開きや、上肢挙上などの機能改善は35%、下肢の機能改善は90%にみられたと報告し、脳血管障害後遺症の麻痺に高い効果があると発表したのです。この時の中国式の鍼治療とは、天津中医薬大学第一附属病院の石学敏院長が脳血管障害の治療に開発した醒脳開竅法という独特なものです。内関・人中・三陰交のわずか3つを主穴とし、症状により若干のツボを補助穴として用いる治療で、中国では約3000名の入院患者で治癒と著効が75%もあると報告されています。

icon321.gif

炎症と癌
 

細胞が癌化する原因は、化学物質、放射線等の物理作用、ウイルスや細菌等による生物作用等様々ですが、こうした外からの要因だけで無く、体内で作られる活性酸素も細胞を癌化させる大きな原因です。体内で活性酸素が大量に発生するのは第一に炎症の場合が考えられますが、炎症によって作られるのは活性酸素だけで無く、サイトカインもまた作られ、そのサイトカインも遺伝子の異常を引き起こして癌化を促進すると考えられます。B型やC型の肝炎などウイルスが癌を引き起こすと言う事は分かって来ていますが、直接的にウイルスが癌化させるのでは無くても、感染によって引き起こされた慢性的な炎症が癌化を促進すると言う事が考えられるのです。こうした慢性炎症による癌の発生は細菌やウイルス感染による物も含めて1割はあると考えられます。癌が出来ればサイトカインが分泌され炎症も起こります。するとそこでまた活性酸素が発生すると言った具合に炎症は癌を作り、また癌によっても作られて状況を悪化させてしまうのです。アスピリンなどの抗炎症剤が大腸癌を抑制すると言う事が分かりましたが、炎症を抑える事がひいては癌を抑制する事になるからでしょう。生活のレベルが上がるに従って胃癌(多くはヘリコバクター・ピロリ菌と考えられます)や子宮癌、肝臓癌等が減って行くのも衛生状態が良くなるに連れ感染症が減り炎症に晒される事が少なくなるからだと考えられます。炎症を無くせばかなりの癌が抑えられる筈です。

icon322.gif



チトクロムP450と鉄
 

体重が約60kgの男性で約4gの鉄が体内にあります。鉄は身体の代謝に欠かせないものですが、中でも一番知られているのが赤血球のヘモグロピンで65%の2.6gあります。次に多いのが鉄貯蔵蛋白質のフェリチンやヘモシデリンで、この2つで20%の約0.85gの鉄を含んでいます。筋肉中には酸素分子を貯蔵するミオグロビンや血清中のトランスフェリンという蛋白質が4%の約0.14gで、残りの10%が細胞内の酵素群の蛋白質にあります。その中のシトクロム類の非ヘム鉄蛋白質酵素には極微量(0.008g)の鉄が含まれていますが、中でも肝臓の細胞中に存在しているチトクロムP450は抗生物質や汚染物質や化学溶剤無 度の何百種類もの分子を捉え、これに酸素原子を加えさせます。これらの雑多な分子は比較的不溶性ですが、酸素原子が加わる事で比較的水に溶け易くなります。またこれらの酵素はビタミンAやEを活性型に変換したり、コレステロールを性ステロイドホルモンに 変換したりします。しかし、煙草の煙に含まれているベンツピレン等の多くの発癌物質は水酸化する過程でそれが発癌性の物質に変換してしまう事もあります。両刃の剣の様な酵素ですが、肝臓では現在約20種類以上の似た構造をもつチトクロムP450が見つかっています。現在はそれぞれが 特定の化学構造を認識して反応するのでは無いかと考えられています。

icon323.gif

脳は錆やすい
 

老化の原因としては体内で発生するフリーラジカルの影響が大きいと言う事は明らかですが、中でも脳はそのフリーラジカルの影響が他の臓器に比べて大きいと言えます。脳はブドウ糖のみを栄養源にしている上に、酸素を大量に消費するため活性酸素が発生し易いのです。しかも神経細胞は酸化しやすい不飽和脂肪酸やアドレナリンやドーパミン等のカテコールアミンが大量にある為にフリーラジカルが発生し易いのです。活性酸素の中で反応性が弱い過酸化水素でも金属等と触れると反応性が高いラジカルを発生させます。ですから例えば脳内出血等があれば鉄と反応してより酸化されやすく神経細胞へのダメージが大きくなるのです。普通ラジカルが発生しても生体に備わっている防御機構、SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)やグルタチオンペルオキシダーゼ、カタラーゼ、また抗酸化物質であるビタミンCやEが処理してくれます。ところが脳の中ではカタラーゼの活性は低く、ビタミンCより抗酸化力の強いEはあまり働きません。つまり脳は酸化を受けやすいのに酸化を避ける事が出来にくい臓器なのです。脳を守るには動脈硬化を予防して血圧をコントロールすると共に、頭に内出血を起こす様な外傷を受けない様にしなければなりません。

icon324.gif

毛包が小さくなると脱毛する
 

毛髪には一般的に寿命があり、2~6年間の初期成長期と後期成長期、2~3週間の退行期、3~4ヶ月の休止期と、自然に抜けてまた生えるという毛周期(ヘアサイクル)を繰り返します。成長期には、頭皮の下にある毛包が大きく成長し、その中で毛髪の元になる毛母細胞が活発に細胞分裂をして毛髪を伸ばします。退行期、休止期は毛包も小さくなり成長は止まります。毛髪は通常10万本はあると言われ、髪が一日に100本位抜けるのが自然脱毛で、200本抜けると髪のトラブルの発生の目安になります。この脱毛も高齢であれば毛母細胞の老化現象といえますが、20~30歳代の男性でも脱毛する人が増えています。この男性の毛包は成長期においてミニチュア化し、毛髪がしっかり育たないのです。原因は遺伝的要因と過剰なストレスだと言われているのですが、解っているメカニズムは毛母細胞に存在している酵素である5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンを還元して、5αジヒドロテストステロン(DHT)を作り出し、このDHTが毛母細胞の活性を低下させたり、毛の成長期間を短縮するなどの働きをして脱毛症を起こす事です。育毛剤の「リアップX5」は成分にミノキシジルという成分5%含み、この薬が小さくなってしまった毛包に直接作用して、毛母細胞の増殖や蛋白質の合成を促進する事によって発毛作用を促すと言う物です。

icon325.gif

午前中は命取りの時間
 

心臓疾患は午前中に起きやすい事は一般の人にも知られてきました。事実、狭心症、急性心不全(突然死)、急性心筋梗塞等の発症は疫学的な調査でもはっきり他の時間より多発しています。目覚めると言う事は自律神経系で主従が逆転する事だと言うことも出来ます。その目覚めの時、副交感神経優位から交感神経優位にスイッチしますので、明け方頃は心拍数も最低になり血圧も低い状態から交感神経優位になるといきなり心拍数の増加、血圧上昇、そして血液の粘度も上昇してしまうのです。その時血管にかかる負荷が動脈硬化がある場合には、動脈硬化の粥腫の部分と健康な動脈の部分の境目に強い力が加わわり、そこが折れて動脈の内膜にヒビが入ってしまいます。すると血小板がフィブリンという目の細かい網を張りヒビの修復に当たります。しかし、その修復がかえって血管そのものを塞いでしまい、それが冠状動脈で起これば心筋梗塞の発作になるのです。統計的に突然死の多いのは月曜日と木曜日の午前中です。時間ギリギリまで寝て、目覚めていきなりセカセカと動き回る様な事は特に生活習慣病患者さんや不規則な生活や疲労を感じている人は慎むべきです。ベッドの中で軽いウオーミングアップをして身体が副交感神経支配から交感神経支配に上手くバトンタッチ出来る様にする事が大切です。

icon326.gif

中性脂肪にもご用心
 

これまで高脂血症の害といえばコレステロールが第一のやり玉に上がっていました。ところがここに来て中性脂肪も多すぎれば危険だと言う事が認識されています。動脈硬化が進むには血液中の多すぎたLDL(悪玉コレステロール)が血管壁に潜り込み、酸化され、それをマクロファージがどんどん取り込で粥状硬化巣を作ると言う事は分かっています。ですからコレステロール、特にLDLのコントロールが大切だとされたのです。しかしLDLやHLDと同じリポ蛋白の中でもコレステロールの代わりに中性脂肪をより多く含んでいるカイロマイクロンやVLDLが代謝される途中でできる残物(レムナント)も血管壁に取り込まれ、粥状硬化巣を作りやすいと言う事が明らかになっています。しかも特に食事のあと急激に血中指質が上昇する「食後高脂血症」と呼ばれるタイプが、より動脈硬化になりやすいのです。普通血液中の脂質を調べるのは空腹時なので、食後の状態というのは分かりにくいので、空腹時の中性脂肪値が適正値といって安心してはいけません。もっとも体内で作られるコレステロールと違って中性脂肪は食べ物の影響をストレートに。反映するのでコントロールしやすいと言えるかもしれません。特にアルコールや砂糖、果糖は中性脂肪値を上げやすいので、これらをセーブするだけでもかなり改善で出来ます。

icon327.gif

頭痛
 

頭痛は誰でも経験した事がある症状ですが、放って置いても自然に治まる頭痛から命に係わる危険な頭痛まであります。慢性的頭痛は頭痛の9割以上を占め、筋肉が緊張して起こる筋収縮性頭痛と、脳血管が拡張して痛む偏頭痛(片頭痛)とがほぼ二分しています。筋収縮性頭痛は、後頚部の僧帽筋を運動や寝違い等で傷めて起こる事が多く、神経質で物事に過敏に反応する人によく見られ、試験や就職等で疲労やストレスが重なる時によく起こります。屑こりの治療や手部のマッサージが効果あります。女性がよく訴える偏頭痛は血管性頭痛とも呼ばれ、脳内の血管が拡がる事で痛みを起こし、吐き気を伴う事もあります。偏頭痛の特徴として、片側の眼の奥がズキズキと痛んだり、その前兆で目の前にチカチカ光るものが見える閃輝暗点という症状が起きる事もあります。年を取って脳血管の動脈硬化が進んで来ると血管の拡がりが悪くなり偏頭痛が起きなくなります。偏頭痛には完骨(乳様突起の後ろの窪み)や頭維(こめかみの斜め後ろ)の指圧が効きます。これらの慢性頭痛と異なり、危険な頭痛は特有の症状を伴います。吐き気や嘔吐、38度以上の発熱があった場合は要注意です。痙攣や知覚障害、激しい頭痛等があればすぐ病院の検査を受ける必要があるでしょう。

icon328.gif

グルコサミン
 

軟骨の老化で起こる関節の痛みには多くの人が苦しんでいますが、この関節の痛みを和らげるのがグルコサミンという補助食品です。継続して飲めば効果はあります。私も取っています。欧米では80年代の初めからグルコサミンの効果が確認されてて、多くの医師が関節の痛みに有効と認めています。グルコサミンとは元々体内にあるアミノ糖のひとつで、軟骨を作るのに必要なグルコサミノグリカンという成分を作ります。老化によってグルコサミンを作る酵素が弱まると当然軟骨が失われていく訳ですが、これを外から補う事で軟骨の破壊が抑えられ、軟骨の再生が促進されて行くのです。多くの臨床試験でも飲み始めてl~2ヶ月で7~8割の人が痛みや動きにくさが解消しています。軟骨に水分を吸引する働きのあるコンドロイチン硫酸と合わせて飲むのが一般的になっています。補助食品としてのグルコサミンはエビやカニの甲羅のキチン質を加水分解させて作ったもので硫酸塩と塩酸塩があります。日本で作られているのは塩酸塩で有効性に違いは無いと見られていますが、欧米で効果を確認されているのはグルコサミン硫酸塩です。副作用もすこぶる少なく、飲み合わせの悪い薬もほとんど無い様です。只飲み続けないと再び関節の痛みが戻る事が難点といえます。また若い人が飲み続けると軟骨を作るのを怠けさせるネガティブフィードバックの恐れがある為これも注意が必要です。

icon329.gif

休肝日は効果あるの?
 

アルコールは「五臓六府に染み渡る」の例えの様に、歯、毛髪、脂肪組織等の水分の少ない組織以外には、身体のどこにも染み渡っていきます。これは細胞は絹胞膜に保護されていますが、アルコールはこの細胞膜を透過するからです。厚生労働省資料ではアルコールの消費量は毎年増加しています。内訳は男性はやや減少にあるものの女性の飲酒が多くなり、以前は高齢になるに従って飲酒者のグラフが下降線を辿っていましたが、近年は緩やかな下降線になり結果飲酒人口の増加となっています。それに伴い臓器障害患者さんも増え続けています。医療費ベースで約1兆円、働けない事による経済的損失も含めると約3兆円に昇っています。とは言え、一方酒税は平成9年で2兆6300億円あったのが第三の酒類等の税率等で現在では1兆7000億円まで減っています。ところで酒飲みは必ず休肝日を設ける事が必要であると言われてきました。最近の学説では、毎日飲む人(連続飲酒者)と週末に大酒を飲む人(間歇飲酒者)を比較すると肝病変の程度や死亡率に差が無い事が確かめられて、一日の飲酒量よりもアルコールの総摂取量に問題があるとする積算飲酒量が重視されています。どんなに体肝日を作っても飲酒量が多ければ効果は無いのです。そこで一生で飲める酒の量は、どの位かと言うと積算飲酒量の目安は600kgであると言われています。この辺を守ろうとすると毎日ビール大瓶3本飲んで25年、2本なら40年近く飲酒を続ける事が出来る計算です。ですから安全な飲み方を計算するとはやり一日2本以下が望ましいのです。勿論個体差があり酒の分解酵素の少ない男性と一般的に女性は、それよりも少無くした方が良いのは当たり前です。

icon330.gif

加齢臭
 

若い子から嫌われる“おじさん臭ざは、単なる蔑視的な比喩ではなく、実際におじさんの体臭として存在する事が突き止められました。人の体臭成分は数百種類あると言われ、多かれ少なかれ年に応じた臭いを発していますが、多くは汗や皮脂腺から分泌される脂肪酸による物です。汗腺や皮脂腺から分泌された脂肪酸は、紫外線や空気中の酸素などによって酸化して過酸化脂質になったり、皮膚に住む常在菌によって分解されて別の脂肪酸になったりします。それが臭いを発する様になるのです。加齢臭の臭いは”ノネナール”という炭素数が9の不飽和アルデヒドと言う物質で、青臭さと脂臭さを持ち、ほんの少量でも臭いを発します。これは中高年になって分泌が増える「9-ヘキサデセン酸」と言う脂肪酸が皮膚上で酸化したり常在菌による分解を受けて、ノネナールになると言う訳です。男女共に40代から歳と共に増えて行きますが、男性の方が沢山分泌される為に、おじさんはいわゆる“おじさんの臭い”がする様になるのです。このノネナールは石鹸が有効です脂質の為水溶性では無いので水や拭き取りでは除去出来ません。こまめな洗浄で脂質の変性が進む前に対処しましょう。石鹸の香りがするおじさんの時代です。

icon331.gif

骨粗鬆症を防ごう
 

骨粗鬆症で骨折しやすいのは腰椎や大腿骨頚部です。今ではかなり高齢の人にも人工骨頭等を利用した手術が行われるので、長期臥床による寝たきりやボケを心配する事はありません。日本人の腰椎を測定した結果、女性は閉経後5~10年間に急激に骨量が減少、70~80代になると7割の人がいつ骨折してもおかしく無い状態になります。これは閉経前は女性ホルモンが骨の吸収を抑え形成を促進し、骨を守るという役割を果たしていたからです。一方、男性は70代後半まで大きな骨量の変化はありません。骨粗鬆症に間しては肥満の方が痩せた人より有利といわれ、おそらく体重が重いと骨にかかる荷重が多くて骨が鍛えられるという説や、肥満細胞中のアンドロゲンが閉経後もエストロゲンに変換されるといった説が考えられています。小柄で痩せた人は骨粗鬆症になりやすいのです。治療は「骨代謝マーカー」の測定を行い、骨の吸収が促進しているタイプか形成が低下しているタイプかの見極めも可能になってきました。前者ならカルシトニンやカルシウム製剤、エストロゲン等を、後者なら活性型ビタミンDや蛋白同化ホルモンをと言う使い分ける事が出来ます。また、運動不足は大きな危険因子です。若い時から食事や運動に注意し、骨量を高めて置く事が予防となります。

icon332.gif

水虫
 

水虫は日本人のサラリーマンの4人に1人と言われる程多い皮膚病です。水虫はカビの仲間である白癬菌が皮膚の一番外側の角質層に付き、その菌が出す分泌物が原因で痒みや痛み、水膨れ等の症状を起こします。水虫の治療薬もかなり進歩して来ている様ですが、治すにはまだかなりの根気が必要です。やはり水虫の予防は感染源を断つ事です。水虫の人がいれば床や畳をよく清掃し、風呂場の足拭きも注意する事です。また病院や治療院に行くと靴からスリッパに履き替える所がありますが、スリッパを共用する事で水虫の感染源になりますので、靴のままの方が感染を防ぐ事が出来ます。また最近では猫や犬と言ったペットから白癖菌が移る事が増えている様です。皮膚病と言うと素人判断でつい市販の薬や民間療法で治療し、かぶれや炎症を起こす事があります。水虫に似ている病気に掌足膿庖症があるので注意して下さい。水虫は顕微鏡で診断すればすぐ分かるので、それに合った薬を塗る事です。素人判断で水虫に副腎皮質ホルモンの塗り薬を塗ると皮膚の抵抗力が低下して、白癬菌が角質よりもっと深い所に入り込みシコリを作ったり、リンパ腺が腫れる事があるので、絶対に使わないで下さい。

icon333.gif

おなら
 

 おならは食べ物や飲み物と一緒に飲み込んだ空気が80%を占め、ゲップとして口から出なかった空気が小腸、大腸へと運ばれ、おならとなります。日本人の成人男子で、1日平均200~400ccですが個人差もあり、呑気症という空気を飲み込む癖のある人はおならの量も多いのです。ところで口から入った空気のおならは基本的には臭くありません。悪臭があるのは消化不良を起こしている便が直腸に来ている時のおならで、食物繊維が少なく高蛋白高脂肪の食事、例えば焼き肉等を食べ過ぎれば、臭くなります。また腸内細菌のウエルシュ菌などの悪玉菌による異常発酵のおならも臭いものです。肉や卵、豆等の蛋白質が分解され、インドールやスカトール、硫化水素、アンモニア、メタンなどが発生し、強い悪臭となります。膵臓が弱っている時も消化酵素が不足して不消化物が増え、おならが臭くなる事があります。臭いに悩んでいる人はまず食生活の改善を目指し、高蛋白高脂肪を控え、良く噛んで食べ過ぎを防ぎ、食物繊維を意識して摂る事が必要です。腸内のビフィズス菌等の善玉菌を増やせぱ悪玉菌を減らせるので、ヨーグルトや乳酸菌飲料はお勧めです。おならが臭いと病気では無いかと心配になりますが、病気の場合は腹痛や下血などの症状も伴います。
  • 所在地〒259-1137 神奈川県伊勢原市笠窪383-3
  • アクセス小田急線 鶴巻温泉駅より徒歩8分
  • 責任者溝口 潔
  • 営業時間9:00~19:00 / 年中無休
メールでお問い合わせはこちらから

ページ上部に戻る