神奈川の鶴巻温泉治療院は医師も推薦する気功治療院です。

症状別ページ

メンタルヘルス

icon33-.gif



【メンタルヘルス】

憂鬱 ・不安 ・心配の種は尽きないメンタルヘルスを保つには現代社会は複雑で、我々に加わるストレスも多様になり心に重くかかってきています。

それが各世代に特有のうつ病や神経障害や心身症等の心の病を作り出しています。

一般にスレスは社会的な環境や状況の変動、身体的な状態、心理的な諸条件、家族関係や対人関係等によって生み出されます。

もちろん、人間は多くの場合はストレスに対してうまく適応していきすが、その能力にしても限界があります。限界を越える状態が長く続くと様々な心の病や身体的な症状が現われてきます。

最近の傾向として、子供から老人までその限界に近い所にいる事を自覚している人が激増しています。

「キレル」という状態は、心の病の身体的な表現であり、それが外に向かって暴発する事です。

しかし、大人の場合は、子供と比較して社会性がある為に、その「キレル」という状態になっても心の内に閉じ速めて悶々として心や身体の変調をきたすわけです。

もちろん、この様にストレス社会にうまく適応するために、プロザックやメラトニンなどの薬物、ストレス発散やストレス解消法が次々に流行しています。

我々の治療院も社会的にはそのような物の一つとして認知されている節もあります 。

icon34.gif

【身体表現性障害と頭痛】
 

日常的にも大変多い頭痛は、これまで筋収縮性頭痛、緊張性頭痛、心因性頭痛等に分類されていました。

l988年に名称が統一され、これらをまとめて緊張型頭痛と呼ぶ様になり、それ以外の片頭痛、群発頭痛と共に機能性頭痛に分類されてます。

さて、この緊張性頭痛はよく肩こりを伴い、後頭筋や頸筋群に圧痛やしこりがあります。

頭蓋を取り巻く筋肉の持続的収縮があり、筋肉の虚血によりブラジキニン、乳酸、サブスタンスP等の発痛物質が関与しています。

当然ながら来院する患者さんにもこの緊張性頭痛の方がかなりいます。この緊張性頭痛の発痛要因としてストレスが関連する事は古くから指摘されています。

この頭痛要因として不安障害、気分障害が挙げられます。この中でも身体表現性障害が最も多いという専門もいます。

この身体表現性障害とは心理的あるいは社会的な悩みや葛藤を隠し、そこから他人の目をそらす為に、頭痛という身体症状を表現するのです。

つまりメンタルな問題を表面化したくない思いがあり、一種の心理的防御反応と考えられています。

性格的には内向的で緊張しやすい人がなりやすく、不安感やイライラ感を随伴しやすい傾向があります。

icon35.gif


【森田療法】
 

日本の心理療法やカウンセリングの主流は西洋からもたらされたものですが、日本独自の心理療法としては森田療法があります。

精神科医森田桂篤(1874~1938) が創案したもので、独自の人間観に裏付けられた神経症の治療法です。

森田によると神経質者は心身の状態を自己のコントロール下に置き、理想の状態で居たいという欲求が強い自己中心的過敏性、他人から認めてもらいたがり、現実に直面する事を避けるというヒポコンデリーの傾向があるとしています。

ですから、治療は健康な欲求を図り、自分に起きている心理的事実をあるがままに受け入れる心的態度を作る事が求められます。

具体的な治療法は「日記指導」が重視され、治療者との面接や自助グループ活動を通して日常生活の中で本当の欲望を達成できるような態度を目指していきます。

元々神経症の治療として始まった森田療法ですが、最近ではうつ等の他の疾患等にも適用されてきました。

この理論は、さらにガン患者の「生きがい療法」などにも理論的根拠を与えたり、内観療法と結び付いたCL(建設的生き方一Constructive Living)へと発展する等様々な方面に影響を与えています。

森田療法の根底には仏教的な自我の捉え方があり、それほ日本の文化が培ってきた内面の問題を解決する考え方に馴染みやすい物でもある様です。

最近では国際的にも臨床的な有効性が認められ、特に中国ではこの森田療法が広まってます。

icon36.gif

【拒食症(神経性食欲不振症)への誤解】

世間一般にこの病気は、女性が実際にはそれほど太って無いにも関わらず、太り過ぎを気にしてダイエットを始める事が原因だと思われている様です。

患者の平均年令は18~19才が多く、「思春期やせ症」ともいわれ、近年大都会を中心に急増しています。

確かに肥満を恐れて摂食足させる事をしている内に陥る事がありますが、成熟拒否や「性」を拒否する心理を背景とする物もある様です。

しかし本当の原因はまだ解明されておらず、治療法・栄養法・看護法も調査研究の段階で、1981年厚生労働省が難病に指定しました。

アメリカでは800万人の患者がいて内700万人が女性で、深刻なケースの6%が命を落とすという事です。

ポップス歌手のヘレン・カーペンターがこの摂食障害で亡くなった事をご記憶の方も多いでしょう。

イギリスの摂食障害協会は「表面上、この障害は食べ物に閲するものに見えるけれども、根本的には深い心理的及び感情的な混乱がこの様な形をとって外に表われたもの」と言います。

患者は食欲を失ったのでは無く、自分に食欲を満足させる事を許す能力を失った事です。

拒食症は単に痩せたいとかほっそり美しくなりたいと脅迫観念めいた願望から起こるのでは無く、現実と何とか折り合って精神的な生き残りを図ろうとする必死の努力なのです。

icon37.gif

【ストレスと消化器】

ストレスと消化器と言えば、セリエのストレス学説を思い浮かべる方が多いと思います。

ストレスが加わると下垂体前葉からACTH(副腎皮質刺激ホルモン)が放出され副腎皮質からコルヂゾールが分泌されます。

このコルチゾールの多様な作用の中に消化器機能の調節があります。

この内胃酸の分泌亢進作用により、胃・十ニ指腸潰瘍の発症の要因になるわけです。

またストレスによる自律神経の乱れが消化器に悪いのは、副交感神経系の過剰な刺敵で胃酸の分泌は亢進し粘液分泌は減少します。

また交感神経系の刺激により血管が収縮して粘膜血流が低下し粘膜の再生能が低下します。

正に、自律神経系の両者が拮抗しながら精妙なバランスを取る事によって胃は調節されているのです。

また過敏牲・大腸症候群はストレスにより、腸管機能を調節する自律神経の失調状態等で起こります。

不安や緊張や抑圧うつ等により腸管の輸送能や腸管内庄の変化を引き起こし、それによって下痢や便秘、腹痛が起きます。

胆道ディスキネジーは、食後(とくに高脂肪食)に右季肋部痛や背部痛等が現われますが、胆のうの収縮能の異常や胆道内圧の異常等の機能的疾患ですが、うつ状態で増悪する事から心理的要因の関与があると言われています。

icon38.gif

【糖尿病はメンタル障害か】

糖尿病はまさに国氏病といわれるほどで成人人口の約10%が罹患していると言われています。

第一の原因は高カロリー食と運動不足ですが、メンタルストレスも重要な要因の一つなのです。

糖尿病は生活習慣病ですので初期治療として教育入院をしますが、たいした症状もないので約四分の一の患者が途中で離脱するそうです。

血糖コントロールの為の自己管理行動をアドヒランスといいますが、それができない人にはメンタルな疾患を併発している事が多 いそうです。

不安障害、うつ病、摂食障害、アルコール依存症、人格障害、心因性嘔吐、慢性疼痛、生き甲斐喪失、仕事中毒など心身医学的な治療の対象者なのです。

なかでも、うつ病は糖尿病にしばしば併発ずるといわれますが、うつ病になると副腎皮質剤激ホルモンの過剰分泌により、高コルチゾール血症になり、それがインスリン抵抗性の増大をもたらして、高血糖を招く事がよく起こります。

更に、感情の起伏により、食事、飲酒も不規則になり血糖コントコールを乱し、また引きこもりによる運動不足でも高血糖を招きます,

この様な糖尿病患者さんに対して、安易に叱ったりする事は当然マイナスになりますので、メンタルなケアを常に意識する事が大変重要です。

正に、糖尿病は飽食とストレス社会が反映した現代病なのです。

icon39.gif

【プロザック】

抗うつ剤のプロザックは米国で売り出され、憂鬱な気分のアメリカ人たちにとって奇跡のして広まってきました。

90年代になると「ニューズウィーク」の表紙になり、さらに一般の人にまで浸透していき、現在はアメリカだけで約500万人以上の気分障害の人が副作用も少ないという事で常用しているそうです。

ところで、脳内化学物質の中で、気分や意識等に影響を与える神経伝達物質として、ノルエピネフリン、ドーパミン、セロトニンなどがあります。

これらの化学物質は、単に神経細胞にメッセージを伝えるだけでなく、その放出量により強く伝えたり、逆に弱く伝えたりするフイードバツクにも関与しています。

このなかで、現在うつ状態に関わっているといわれているのがセロトニンです。うつの人は、健康な人よりセロトニンを含有するシナプス小胞が少なく、神経の刺激に対して十分な量のセロトニンをシナプス間隙に放出する事ができません。

このプロザックはセロトニンの量を増やす作用のある選択的セロトニン再摂取阻害剤( SSRI)の一つです。

確かに、今までのうつ病薬の副作用からいえば、画期的な薬とはいえアメリカではこの薬による副作用によって自殺や衝動的暴力が起きたとして訴訟が発生しています。

icon40.gif

【サイコオンコロジー(精神腫瘍学)】

がんに関する心理社会的研究は割りと早く、1950年ニューヨークのがんセンターに精神科研究ユニットが開設された事が始まりと言われています。

1960年代の初めにはたった12%に過ぎ無かったがんの告知が知る権利という社会の要求に応じて年々増えていきました。

l977年の統計によるとアメリカではがんの告知98%になっています。

告知が当たり前になれば精神的なケアの必要性が生まれます。告知では遅れをとった日本でも1986年に「日本臨床精神腫瘍学会」が結成され、その後「日本サイコオンコロジー学会」と改称され現在に至っています。

サイコオンコロジーはインフォームドコンセントや術前の不安、術後のQOL、情緒状態とがんの経過、痛みに付する対策、緩和ケア、ホスピス、尊厳死、家族へのケアなど、がんによる社会的心理的な様々な問題を包括しています。

最近のがん患者の精神疾患の合併症の統計では、がん患者の3~4割の人がうつ病や適応障害に、がんの末期には意識障害をべースにした「せん妄状態」を始めとして、約7割の患者が精神疾患を合併しています。

また情動の安定ががん患者の生存期間を延ばす事はよく知られています。その研究として「精神神経免疫学」の基礎医学的な方法論も確立されてきています。

icon41.gif

【アダルトチルドレン】

アダルトチルドレンとはl980年代にアメリカで使われはじめた用語、Adult Children of Alcoholicsの略で、「アルコール依存症の親に育てられて成長した大人」という意味です。

クリントン大統領がみずから「自分もACだった」と、継父のときに暴力に会った事を告白したことで注目される様になりました。

しかし日本ではACはアルコール依存症に限らず、問題を抱えた家庭のでトラウマ(心的外傷)を受けながら親を気遣って成長した為、成人しても社会や家庭に適応できないでいる事を指す様になっています。

親から受けた心の傷には、身体的なもの、小理的なもの、性的なものだけでなく、育児放棄等も含まれます。

この様な親の攻撃性に晒されて育つと子どもの自己評価や自尊心は極端に低くなり、自己処罰的になったり、人との親密な関係を作る事ができなくなります。

一方で自分の怒りや不安をコントロールする事ができずに攻堅的になり、いじめ行為‥に向かう事も多いのです。

さらに自分が子どもを持った時にその子に対して同じ様な攻撃性を表わす様になります(世代間伝播現象)。

自分が直接虐待を受けなくても、夫婦間の暴力を目の当たりにした場合、多くの男桂が妻に暴力を振るう様になり、母親が暴力を受けているのを見て育った女性の場合、今度は自分自身が夫に虐待される立場に立つ事も多くなってしまうという悪循環に陥ってしまう事で、問題はより深刻になってるといえます。

icon42.gif

【不登校と深部体温】

不登校の問題と言えば、学校や家庭などの様々な問題が心理面に影響して起きると考えられていますが、その子僕たちの中には睡眠リズムの障 害の為に朝の目覚めが悪く不登校になる事があります。

睡眠には早寝早定型、遅寝遅起型があり、この型を決めるのは深部体温のリズムで、基本的には遺伝が関わっています。

深部体温とは直腸か口腔で計 りますが、午後6時が最高でそれから下がって睡眠に入り、午前4時に最低になりそれから体温が高くなり目覚める体温リズムを言うのですが、このリズムが前方あるいは後方にずれるのです。

今、問題になっているのが遅寝遅起型の人が勉強や夜遊びといった不規則な生活からそのリズムを狂わせた事から起きる睡眠相後退症候群です。

朝どうしても 起きる事が出来なくなってしまい、その為に学校にも遅刻する登校しても頭痛、腹痛、身体がだるいと言う事になります。

先生や回りからも「やる気がない」「怠けている」と言われる事で、長期欠席あるいはうつ病にもなります。

対処法としては患者の睡礫時面を少しづつずらして正常な時間に持って行く方法や起床時に2600ルクスの強い光を当てる事で、睡眠リズムを調節して行く治療法があります。

icon43.gif

【精神用語】
 
嗜癖(アディクション)
自分に癒しとなる、悪い習慣。物的嗜癖(ドラッグやアルコール中毒等)人問関係嗜癖(セックス依存症、共依存等)行為嗜癖(仕事依存、ギャンブル依存、買い物依存等)として現れます。癒しとニセの癒しと言えます。
 
トラウマ(Trauma)
広く心的外膓のこと。直接的に外傷が加わっているものには(PTSD)があります。異常な状況でなくても日常生活のなかで味わった(自分にとっての)言われなき扱いでも心は傷つきます。精神疾患の多く(多重人格、解離性障害、ボーダーライン、自己愛性人格障害、回避性人格障害、脅迫神経症等)にトラウマが関係するといわれます。
 
PTSD(Post Traumatic Stress Disorder)
災害や事故・犯罪・戦闘・幼児期の虐待等の外傷的な出来事に出会う事で心に傷を負った人がかかる心的障害。ベトナム帰還兵が帰国した後共通の神経症状を呈した事で注目される様になりました。日本では北海道南西沖地震や阪神大地震、東日本大震災、地下鉄サリン事件等に遭遇した人達に見られ精神的なケアーの必要性があります。精神症状としては体験したイメージの反復やフラッシュバック、不眠、集中力の低下・気分が落ち着かない・感情鈍麻‥が起きます。個人の性格や内的要因女因でなるものでは無く誰もが陥る可能性がめります。普通は3ヶ月位で回復しますが半数位の人はその後にうつ病になる事もあります。
 
EQ(emotional quotient)
IQ(知能指数)が知的偏差値を指すのに対してEQは情緒や感情面での健康度を表したもの。「心の知能指数」等と訳されます感情の自己コントロールや他人との共感が出来て適切な人間関係が結べる度合いで心の健康を計ります。
 
ボーダライン(borderline case)
精神医学でいうボーダーラインとは正常と異常(病気)との堺にあって、どちらとも判別し難い境界的人格障害をいいます。衝動性・気分変動性、未熟な自己の発達と言う特徴がみられます。確定的な診断が下せない為教育したり治療する事が困難になり非行や犯罪に至るまで対処ができない事が多いのです。
 
共依存
自分が必要としている相手を自分無しではやっていけない所まで相手を支配する事。自分を頼らせる為には徹底的に相手につくし、自分から離れられない様にします。結果的には相手はペット化されて自立できなくなります。自分に否定的感情を持っている場合が多く、共依存によって自分の存在が承認されたと感じるのです。
 
イメージトレーニング
実際に身体動かすのではなく、心の中で最もいい状態の自分を想像します。困難な競技を見事に切り抜ける自分の様子や最高の結果を出した場合のイメージを具体的に細部にわたって像として思い描きます。

icon44.gif

【家庭はストレスの源】

大家族が多かつた時代は、家族は経済的かつ社会的な部分で結びつくことが多いものでした。しかし現代では核家族化の中で、結びつきはより単純化、純粋化して情緒的な面での結びつきが強烈になっています。

つまり家族のエゴとエゴとが剥き出しになりやすく、家族問の精神的葛藤も深くなるというわけです。にもかかわらず、伝統的な家庭像は「強い父と優しい母」を中心とした慈しみの家庭という幻想が根強く、現に家庭が抱えている病理を見え難くしているともいえます。

実際、家庭が原因となる病理には多くのものがあって、現代の家庭はストレスを生み出す源ともなっているのです。

例えば女性に多い拒食症の多くは母親との関係に問題がある事が多く家庭内暴力も親と子との共依存の関係がべースにある事が多いようです。

夫婦間でほ家庭内離婚、暴力、リストラ離婚であったり、ワーカーホリックや薬物,アルコール,ギャンプル依存も家庭が生み出した一つの病理であるともいえます。

このような病理を生み出す椴能不全の家族の特徴は強固なルールの下、人に言えない様な家族共有の秘密がある、家族への強圧的な忠誠心が求められる、家族の個人としてプラバシーが尊重されない、他人が入り速めない、にもかかわらず家族が分断していて統一性が無い、等の特徴があるといいます。

今や離婚の増加やシングルの増加で古典的 家庭像は幻想になりつつありますが、形式にとらわれず機能する家族を作る事がメンタルヘルスにとっても前提となる様です。

icon45.gif

【スポーツマンのメンタルヘルス】

少し前まで、日本人選手は大きな大会のプレシッシヤーに弱いと言われていました。

しかし最近では多くの若い選手が世界的な活躍をしていて、その伸び伸びとした競技態度にはこれまでとは精神的な質の違いが感じられます。

その違いは、日本のチームや選手がイメージトレーニングを取り入れる様になった事で しょう。

これまでスボーツといえばひたすら根性で鍛えるという方法をとってきたのですが(今でも多くはそうですが)、それではカが拮抗した選手たちとのここぞという勝負で勝てるような精神力は得られないという事がわかり、多くの選手がイメージトレーニングを取り入れる様になったのです。

イメージトレーニングでは自分の望ましいビジョンを明確にイメージする訓練をして、無意識のレベルで身体と心が協調できるように整えます。

望ましいビジョンを描く事で、気分は肯定的になり、脳下垂体からは集中のホルモンと呼ばれるTRH(チロトロピン放出ホルモン)が分泌されて集中力が高まり、全身の細胞が活性化される様になるのです。

前向きの気分は更にドーパミノなどのホルモンの分泌も促し、脳は更に活性化されてやる気も湧いてきます。この方法は生活の中でも応用できるという事で、イメージトレーニングは静かなプームになっています。

icon46.gif

【ストーカー】

猛獣や悪疫などが知らぬ間に忍び寄るというのがストーキングの元々の意味です。

実際のストーカーには、別れた配偶者や振られた柏手に執劫につきまとつて様々な嫌がらせをする者、未知の異性やタレント等を自分の所有物のように想ってつけ回す者、恋愛妄想に基づいて相手を愛していながら逆に嫌がらせをしつつ接触を図る者、の3類があります。

日本でも近年多様化する情報化社会の中で、自己中心的な妄想を築き、個人情報の人手も容易でストーカーが,急増する要因となってきています。

アメリカでは先に社会問題化していて、ほとんどの州で「ストーキング防止法」が制定されています。

遅れて平成12年5月18日、第147回通常国会において「ストーカー行為等の規制等に関する法律(ストーカー規制法)」として成立しました。

一度も会った事が無いのに、親しげに挨拶したり、身勝手な電話や手紙をよこしたり、家族構成や交遊関係、誕生日、好きな食べ物まで知られていたりするので、これはもう不気味な存在です。

スト一カーはいわゆる「狂気 」とは異なり、ボーダーライン人格障害という人格の歪みなので、表面上の付き合いでは普通の人と変わりません。

標的にされても犯罪スレスレの行為なので、警察も被害が出るまでなかなか動いてくれません。

身を守る法としては暖味な態度は避け自分の意向はきちんと伝えるべきですが、強く拒絶するのも相手を怒らせて危険です。

戸締りに注煮し、手紙等の証拠や無言電話の記録はとっておき、何よりストーキングされている事を早目に周囲の人々へ伝えておくきでしょう。

icon47.gif

【パソコンオタク】
 

今の社会では欠かせないパソコンを通して色々な心の間題がおきています。例えば会社では報告書も電子メールですから、管理職や中高年従業員もカタカナの多い分厚いマニュアルを読む為に大変な思いをし、パソコン恐怖症になる事があります。

反対にコンビュータの二進法的な発想に同化し過ぎるコンピュータ過剰適応症の人もいて、この様な人が昇進して部下を持つと、他人の気持を読みとれない事が起き、対人関係に困難をきたし、うつ病や神経症になったりしています。

また最近ではインターネット中毒という人が増えています。インターネットを使って多くの見知らぬ人と画面だけのコミュニケーションに熱中し、その擬似的な人間関係や社会関係にのめり込み、現実の生活より気持ち良く感じ、現実の入間係が上手く行かなくなってしまうのです。

パソコン先進国のアメリカではこの様な人のリハビリにぺットを飼うのが最も有効であるとしています。

アプリ上では電子ペットが流行り、好きな時にゲームを止める事ができますが、生きたぺットを飼う事で食事や排便など日常の面倒な世話をしたり、毛の感触や匂いが教えてくれる生身の感覚の温もりを感じる事で、現実の生活を取り戻す事ができるというのです。

icon48.gif

【アルファ波の出し過ぎに注意】

リラックスした時に多く出るアルファ波を意識的に出して心を落ち若かせる方法に、バイオフィードバック療法があります。

リクライニングの椅子に横になり、心地よい音楽を聴きながらリラックスしてくるとアルファ波がでて、頭部に付けた電極で読みとったのを音や光でフィードバックしてセルフコントロールの訓練をするというものです。

この療法を取り入れている佐久総合病院(長野県)の飯田俊穂・内科、心療内科医長は、普通の人は訓練の中で徐々にアルファ波が増えてくるのに、過労から体調を崩して治療に訪れる患者は、なぜか初めからアルファ波が沢山出る、アルファ波優位でこの治療法の説明に困るというのです。

普通人では、100から150点程度のアルファ波スコア(300点満点)が、心身症等の患者では、平和200点以上で、脳波の70%以上がアルファ波というのです。

こうした現象を飯田医師は「疲れに対する脳の抵抗」と捉え、ストレスが溜まって疲れの限界に達する前に、脳はアルファ波を盛んに発して、疲労の原因を回避させようとする為だとしています。

心身症で来る人はストレスに鈍感な人が多く、症状がでるまで身体に対して無理をし過労死の危険や、全身倦怠、抑うつ感の症状が出てから病院にくるのです。こうした人も心をリラックスさせ無意識でなく意識的にアルファ波を多く出せるようにして身体の疲労度の状態を分からせる訓練をするそうです。

icon49.gif

【老人と化粧】

徳島県の鳴門山上病院では、お年寄りの美と若さを引き出す行事をしてます。多くの女性患者は身体が不自由で、車椅子の人も多く、痴呆症状がかなり進行した人もいます。

しかし週に一度、皆で集まって看護師たちが取り囲み、にぎやかにお化粧会を始めると、お年寄りの表情に活気が戻ってくるのが はつきりと分かるとか。

同病院で行なつた調査では、化粧療法を始めてから89%の息者に表情の変化が見られ、35%が身だしなみに気を使い始め、27%の人のオムツが取れるという結果が出たそうです。

また男性患者も毎朝寝まきから服に着替える等、身だしなみを整える事でかなり効果が上がるようです。

化粧が心を活性化する事は様々な研究からも裏付けられていて、浜治世・同志社大学教授(感情心理学)は、うつ病・精神分裂病・アルツハイマー病患者に対して化粧を施し、前後の表情の変化や声の周波数の変化、問いかけに対する応答率を調べる実験を行なっています。

そしてほとんどの人は化粧後に声の周波数が高く明るくなるという結果が出ました。アルツハイマー病患者にも試みたところ、全てに無関心で口をきくこともなかった患者が、洋服を買って欲しいと言い出したり、一人で買い物に出かける様になった人もいました。

また、一般の女性673人に対してのアンケート調査によると60%以上の人が化粧によって「積極的になれる」「自信が持てる」「エレガントに振る据える」と答えています。

女性にとって化粧は社会的なもので、前向きな生き方をしようとする意欲を呼び起こす、大切なセレモニーなのかもしれません。

 
  • 所在地〒259-1137 神奈川県伊勢原市笠窪383-3
  • アクセス小田急線 鶴巻温泉駅より徒歩8分
  • 責任者溝口 潔
  • 営業時間9:00~19:00 / 年中無休
メールでお問い合わせはこちらから

ページ上部に戻る