神奈川の鶴巻温泉治療院は医師も推薦する気功治療院です。

症状別ページ

がん

icon1.gif

【がん】
 
少し前までは20世紀中にはがんは制圧されるという希望的観測もありました。
 
しかしそのメカニズムが明らかなるにに連れてそう簡単な事では無い事も分かってきました。
 
現在の治療法をみても、手術とその周辺的な分野として放射線療法、化学療法、免疫療法がメインであり飛躍的な進展はしていません。
 
遺伝子研究によるがん関連遺伝子の存在やウイルス 感染と発がんのメカニズムなどの解明により、可能性として遺伝子診断や遺伝子治療などの新たな治療法もでてきました。
 
しかし、がん治療の劇的な展開を迎えるにはまだ先のようです。
 
確かに技術レベルの向上とノウハウの蓄積によって胃がん等の様に生存率が高くなっているがんもありますが、それでもがんによる死亡率が抑えられ無いのはなぜでしょう。
 
寿命が延びれば遺伝子が異常になりやすい為 がんが増えるという極めて当たり前の理由も ありますが、やはりがんを誘発する因子が我々の外都環境で増えつづけていることと身体の内部環境の悪化も見逃すことはできません。
     
がんが増え続ける原因を考えるとやはり、この環境という言葉に突き当たります。現在のがん治療はどれも決定打でほありません。
 
だからこそ様々な予防法や治療法が模索されています。心理療法・内分泌療法、温熱療法、漢方療法、食事療法、我々の治療も含めて代替療法と言われる部分も多く存在しているのです。

icon2.gif

【がん遺伝子とは】

細胞が増殖するときは、近隣の細胞がある細胞に「増殖せよ」というシグナルを送ります。

この「増値せよ」のシグナルは分子レベルの伝達で、細胞表面の受容体から細胞質へ、細胞質から核へとそれぞれの遺伝子が作るタンパク質によって順存にリレーされていきます。

一方で「増殖を押さえろ」というシグナルも細胞外から届けられ、これも分子レベルの伝達で核まで届けられます。このとき、リレーのメ ンバーに異常が起こると、その遺伝子はがん遺伝子となるわけです。

つまり「増殖せよ」というシグナルが無いのに、受容体が勝手に 増殖せよ」のメッセージを送ったり、また伝達過程で自分でもメッセージを増幅させたりして過剰に伝達したりすれば、細胞は異常に増殖をはじめます。

また「増殖を抑さえろ」というメッセージを受容体が受け取れ無くなったり、リレ一過程のメンバーの異常で核まで届けられ無くなれば、これも細胞の異常な増殖をもたらす事になるのです。

がん遺伝子というのは、この促進と抑制をつかさどるそれぞれのタンパク質を産生させる遺伝子に変異が起こったということなのです。

ですから、がん遺伝子といっても、促進、抑制それぞれの経路の受容体の部分なのか、細胞質内のどの伝達部分の異常なのかで病型も違ってくるし、がん遺伝子もおびただしい数になるわけです。

icon3.gif

【がんは熱に弱い】

徹底的な温熱療法で末期の妻を救ったという鍼灸師の先生の例がありました。

確かに、がん組織は熱に弱く、例えば42度くらいの熱でも壊死させることが可能なのです。というのもがん組織周辺に熱を与えても正常な組織は血流によって熱は運びさられてしまいます。

しかし、がん組織の新生血管は正常組織の血管より貧弱なため熱を運ぶ事がたいして出来ないので腫瘍部分だけが余計に温度が高くなります。

この事を利用して、深部加湿装置を使ってがん治療を都立駒込病院では実際に行っています。

ここではサーモトロンという温熱装置を使いますが、直径25センチの電極を上下、あるいは左右にあてて、8メガヘルッのラジオ波を照射する仕組みになっています。体は電気抵抗がある為ラジオ波が入ると熱を発生させます。

同病院の放射線診療科では患部組織に42度位の熱を与えるこの温熱治療と放射線療法を併用して手術を嫌がった、患者さんの子宮がんの治療に成功しています。

今のところ、この治療は患者さんに熱によるハードな負担をかけるので、基本的には手術不能か手術拒否または放射線単独では根治が望めない場合に限りやっているそうです。

また、皮膚がんのメラノーマに血液を体外循環装置で加温して病巣部に流す温熱灌流療法が効果をあげています。

icon4.gif

【二次がんの問題点】

検診による早期がんの発見が増えたこともあり、がんと診断された患者さんの約半数は5年以上生存する時代になっています。

以前は、目前のがんの根絶の為に過剰とも思われるような抗がん剤や放射線による治療が当然のように行われてきました。

しかし、最近問題化してきたのが二次がんです。最初のがんが転移もなく根治したにもかかわらず、またがんになってしまう症例が増えてきています。

そこで、最初のがんに行われた治療の影響がなかったかどうかが問われてきているのです。

もちろん、二次がんは、元のがん同様の遺伝的な要因や環境要因などもあり、更に、同一の原因で時期がずれたがんや複数のがんが別の原因で起こる事もあります。

しかし、wH0の下部組織である国際がん研究機関が91年にまとめた約50種の抗がん剤の発がん性についての疫学調査と動物実験などによりアルキル化剤系などの複数の抗がん剤が危険であると報告しています。

また補助化学療法をうけた患者さんに二次がんの頻度が高いという大阪大学の研究もあるのです。今後二次がんを起こさせない為の原因解明と一次がん治療における基準作りが急務になって います。 

icon5.gif

【サルモネラ菌でがん退治】

サルモネラ菌は代表的な食中毒菌で、これによる食中毒の発生は年問約90 件、患者数3000 人にも昇ります。

発熱,嘔吐・腹痛・下痢の他に乳幼児では痙攣やショック症状を起こし、特には死に至る事もあります。

特に夏場の鶏卵は生で食べたりせずに過熱をした方が安全です。

サルモネラ菌は体内に入ると標的とする細胞を見つけてその中に潜り込んで増殖するという性質があり、それが最も恐れられている点です。

ところがこの「特技」を上手く利用して、がん細胞だけ標的にする様に遺伝子を改造することに成功しました。

米国のエール大の研究によると、サルモネラ菌からがん細胞だけを攻撃する様に3つの遺伝子を取り去り、抗がん剤の作用を増強させる遺伝子を加えました。

こうして改造したサルモネラ菌でマウス実験すると、100%がん細胞だけを狙えたのです。

がんが小さすぎで発見もできず、従って手術でも取れないがん細胞でも、この方法なら捜し出してやっつける事ができます。

また酸素無しでも生存できる嫌気性菌の性質ががん治療には最適なのです。

icon6.gif

【乳がん細胞の利用法】

更年期に入ると老化現象として性ホルモンの分泌が不足したり、逆に過剰になったり不安定になってきます。

このホルモンの分泌異常ががんの発生に深く関わっています。例えば閉経前にエストロゲンの過剰分泌で起こるのが子宮体がんです。

この治療は基本的には手術が中心ですが、中にはホルモン剤と抗がん剤の併用により好結果をもたらした症例もあります。

この時使用したのがエストロゲンの作用に拮抗する黄体ホルモン(プロゲステロン)でした。もちろん女性だけで無く、例えば男性の前立腺がんは男性ホルモンの過剰分泌でより悪化する事は知られています。

この場合は、男性ホルモンを抑制する為に女性ホルモンのエストロゲンを投与する療法が非常に有効なのです。

更年期障害の為のホルモン療法をする場合には、乳がんや子宮がん等の定期検査が欠かせないのも、このホルモンの過不足によってがんが発生するからです。

ところで、乳がんの細胞はエストロゲンによって増殖する事が明らかになっています。そこで、乳がん細胞は思わぬ所で利用される事になりました。

実は性ホルモンと同じ働きをする化学物質で  ある「環境ホルモン」の究明の為培養された乳がん細胞が利用されているのです。

icon7.gif

【お茶の効用】

1990年に米国国立癌研究所が発表した「デザイナーズフーズ計画では、がん予防に効果のある約40種 類の野菜や果物、香辛料、嗜好品がリストアップされました。

緑黄色野菜ががん予防の代表選手として挙げられていますが、他にもがん予防に大変有効な植物成分があり、特に注目を集めているのが、日本人の食生活に関係の深い緑茶です。

お茶に含まれるがん予防物質は「タンニン」から抽出された「カテキン」と呼ばれる独特のポリフェノールです。

ポフェノールは殺菌効果を持つ物質でフェノール基が沢山連なった化合物ポリフエノール類に、がん抑制効果の高い物が多数発見されています。

緑茶の「エピガロカテキン」、 紅茶の「テアフラビン」等はがんの 進行を抑える事が動物実験で示されました。

お茶の生産県で茶の消費量が格段に多い静岡県では胃がんの発生頻度が極めて低く、お茶の有効性が証明きれました。

緑茶にはカテキンだけで無く、がん予防に効果ありとされるビダミ ンC、ビタミンE、カロチン、食物繊維のどれをとっても非常に多く含まれています。

それもお茶の抽出液ではなく、茶葉に多く含まれているので、抹茶にする等、ぜひとも茶葉を利用したいものです。

icon8.gif

【大腸がんと食物繊維】

食生活が高脂肪食になるにしたがい、大腸がんが増加傾向に転じています。

高脂肪の食事をすると、脂肪を分解する為に胆のうから胆汁が出ます。

胆汁酸の大部分は小腸から再吸収されますが、約10 %は大腸に行き、そこで悪玉腸内細菌が作用してがん促進物質に変貌させ、大腸の粘膜を刺敵するのです。

脂肪の多い食事をするとそれだけ胆汁が多く出て、大腸に行く胆汁も多くなるのです。

その予防には食物繊維を多くとる事です。

食物繊維とは人間の消化酵素では消化されない多糖体の事で、野菜や豆類に含まれるセルロース、ヘミセルロース、リグニ ン、果物ではペクチン、海藻類に多いアルギン酸などがあります。

水分を吸収して便を柔らかくし便通を良くする働きがあります。

また食物繊維の多い食事はおおむね脂肪も少ない事と便通を整えるので便が大腸に滞留する時間を短くさせる事でがん物質の働きを無くす事ができます。

また食物繊維は善玉腸内細菌のビフィズス菌や乳酸菌のエサとなり、その菌を増やします。

その菌は腸内の代謝改善、胆汁酸の分解を高めます。肉類などの脂肪を好む人は食べ合わせに食物繊維を必ず摂るようしてください。

icon9.gif

【p53遺伝子】

がんを分子レベルでみると、複数の遺伝子の変異が体細胞に起こり、その結果として細胞の増殖制御が効か無くなる遺伝子疾患、という事ができます。

その遺伝子の中でもp53が注目されています。このp53は1979年にDNA腫瘍ウィルスの蛋白質と結舎する細胞内蛋白質として発見されました

80年代には人のがん細胞にp53遺伝子がある17番染色体短腕が高頻度で欠落している事が見つかりました。

更に、その後がん細胞を増殖させるp53遺伝子は変異していて、正常型は逆に細胞増殖を抑制する機能がある事も分かったのです。

最近、このp53遺伝子が転写制御因子として多くの標的遺伝子の発現制御を行っている事が明らかにされています。

更に、この異常によりがんの悪性度、抗がん剤、放射線治療抵抗性、転移、血管新生結にも関わっている可能性があると見られてきました。

分子レベルでがんの予後が分かり、変異が高頻度のがんは悪く、放射線や化学療法に対する効き目が低く、変異の少ないがんは逆に効果が高い事が明らかになりました。

がんの診断や遺伝子治療の分野でこのp53伝子の更なる解明により、飛躍的な発展の可能性が出てきています。

icon10.gif

【微弱直流の威力】

我々の治療法にも,微弱電流を流すハリ通電や低周波治療等がありますが、がんの治療にもこの通電治療があります。

話しは結構古くスウェーデンの医師が35年前に最初に試みました,

腫瘍の中心部位に直接、一本の白金のハリの電極を差し込み、他の一本は腫瘍近くにいれ・数ミリアンぺアという微弱な電流を流すというものでした。

肺の転移性悪性腫瘍と肺がんに試みています。ハリの本場の中国でも89年に導入されて患者さんを治療しています。当時中国ではその成果は完全消失も含めて、7O%以上の有効率を示したと誇張して報告しています。

日本では、90年代に名古屋大学医学部の伊藤医師によりラットによる動物実験がおこなわれて、16匹中は13匹で腫瘍が消失、縮小した報告があります。

通電するとなぜがん化した細胞だけが消失したり縮小したりするのか科学学的根拠は明らかではありませんが、通電によって正常細胞の成長を早めたり遅らせたりできる事が1950年代から分かっていました。

またがん細胞に通電するとアポトーシス(細胞の自殺メカニズム)が動作することが実験では明らかになっています。我々の治療とも深く関わりのある微弱電流ががん治療の分野でも利用されているのです。

icon11.gif

【活性酸素とがん】

体内ではエネルギ一代謝の過程で活性酸素が発生しますが、この物質はたいへん活性の高い物質です。

体内に細菌などが侵入してくると白血球がこの活性酸素を放出し、その侵入者を溶かして身体を正常に保つ生体防御システムがあります。

この活性酸素はタバコ、放射緯、紫外線、化学物質、ストレスなど環境因子によっても発生します。

身体の中で殺菌的に働きますが、その因子が継続的に続く事によって活性酸素が過剰に作られると、DNA、核酸、蛋白賈、脂質などを破壊し人体に害を与える事でがん発生に深く関与していきます。

ですから、この活性酸素を無毒化する抗酸化作用の働きががんの予防には重要なわけです。スーバーオキサイド, ディスムターゼSOD、カタラーゼの高分子抗酸化物、カロチシ、VC・VE,フラボノイドといった低分子抗酸化物があります。

この中で-番強力な抗酸化物はSODですが、年齢と共に出る量が減る事から、高齢者にがんが多いのはこの為で、寿命を伸ばすにはSODの量を多くする事が重要なわけです。

しかし、早期老化症の一つであるダウン症候群のSODの油性化は正常の人の1.5倍と高いとか、活性酸素を無害にすると言われているのに、SODが反応性の高い油性酸素であるヒドロキシラジカルを形成するという報告もあり、過剰摂取にも問題がある様です。

icon12.gif

【がんの予後と性格】

がんになりやすいかどうかは、性格がかなり影響しているという考えはこれまでにもよく指摘されてきましたが、がんを発症して何らかの治療をした後の生存率と性格との関係についての研究はあまりありませんでした。

神奈川県立がんセンターの岡本臨床主任研究員らとQOL(生活の質研究会が、喉頭がん頭頚部がんの患者96人に 対し、入院時に質問紙エゴグラムで性格を判定し、9つのタイブ別に患者の生存率を調べました。

その結果、責任感は強く几帳面だが自己中心的で思いやりに欠けるタイプ7と、過保護で自己主張が弱く冗談や遊びが下手なタイプ8の患者は生存率の低下が早かったそうです。

さらに進行がんの患者57人をタイプ別に調べてみると、タイプ7と8のほとんどが2年以内に、他のタイプは半分が4年間生存しました。

特に、わがままだがあけつひろげで自分の意見を医者や看護婦によく伝える気楽な性格の患者では、5年間の生存率が80%近くになり、やや神経質で悩み事を抱えやすい患者の生存率は中間でした,

がん患者は不安や悩みをため込まずにどんどん医師や看護婦に話し、ストレスを解消してリラックスした方が良く、その後のQOLにも格段に差が出るようです。

icon13.gif

【なぜがんになる】

脳や心筋の細胞以外は増殖したり死んだりを繰り返していますが、その細胞も無限に増値するわけではなく、ある回数しか増殖しません。

当然細胞は自分が何回複製したのか記憶しておかなければならないのですが、その記憶場所は遺伝子のしっぼにあります。

遺伝子の未端にあるテロメアとよばれるDNAの断片がそうで、染色体の端を守っているといわれています。

テロメアは細胞が複製される度に短くなり、ある程度短くなると自らの遺伝子をばらばらにして自殺してしまう、つまりアポトーシスを引き起こすのです。

また決まった回数を複製していないDNAに傷がついたりしてもアポトーシスを引き起こして自殺し、個体を守るのです。

ところがこのアボトーシスを引き起こす因子(p53など) が不治性化したり、アポトーシスを上手くかわすことのできるタンパク質(Bcl-2など)を過剰生産する事によって細胞はテロメアが短くならずにアポトーシスから逃れる事ができるようになり、それががんとなるのです。

放射線治療や化学療法の多くはがん細胞にアポトーシスを起こきせる事を目的としたものでずが、アポトーシスから逃れる能力を獲得したがん細胞はこれらの療法に 抵抗力を持つ事にもなり、がん治療としての効果が出ない事が多いのです。

icon14.gif

【発がん性添加物の対処法】

現在、食品の保存や流通の面で食品添加物は欠かす事ができなっています。

その添加物にはがん性、アレルギー性など健康脅かす物質が含まれ、細胞の中の遺伝子に作用してがん化させるイニシエーターやプロモーターが多数ある事が分かってきました。

食品に色を付けるタール色素着色料、ハム、ソーセージ、タラコ、イクラの変色防止と保存に使う発色剤として亜硝酸ナトリウム、輸入柑橘類の防カビ剤など837品目の食品添加剤があります。

私達は食品と共に添加物を毎日必ず摂取しています。完全に逃れる事は難しいかもしれませんが、この添加物そのものを減らす方法はあります。

ハムやウィンナー、等は湯通しをする。麺類は茹でこぼしをする。漬物の場合は汁に添加物が溶け出しているので捨てる。

食パンはトーストにすると臭素酸カリウムが分解される。また添加物の毒性を減らす方法としてはVC, VEを努めに摂取する事で、食品添加物の化学物質による  発がん性を抑える事ができます。

しかし最も良い簡単な方法はよく噛む事です。よく噛む事で唾液に含まれるパロチンが発がん物質に作用してその突然変異能力を激減させる事が報告されています。

icon15.gif

【腫瘍マーカー】
 
体内にがんができると、正常の時には極微量しか含まれていない特殊な蛋白質が異常に増える場合が多く、尿や血液に混じったそれらの蛋白質を調べてがんがあるのかどうかを調べる事ができます。

これらを腫瘍マーカーと言い、現在36種類以上が発見されています。ほとんどのがんで増える蛋白質もありますが、特定の臓器のがんだけで増加する蛋白質もあるので、目的によって使い分ける事になります。

ただ、がん以外の病気や喫煙によっても影響されるので一つの検査で陽性と出ても必ずしもがんがあるとは限りませんから普通は数種類を併用します。またがん手術後の経過を診るのにも利用されています。


    代表的な腫瘍マーカー     
 AFP(α-フエトプロテイン)            
   原発性肝がん一正常値10ng/ml以下
 CER (がん胎児性抗原)               
  大腸がん他一正常値 2.5ng/ml以下   
 CR19-9                            
  膵がん一正常値25U/ml以下  
 NSE(ニューロン特異性エステラーゼ) 
  神経・内分泌計、小細胞肺がんなど  
                一正常10ng/ml以下
CA125                               
卵巣がん一正常値40U/ml以下

icon16.gif

【がん予防は野菜で】

発がんの原因の35%は食物によると言われています。と言う事は当然食べ物によって発がんが抑えられる事も考えられます。

ただ、食品は調理によって成分が変化しますし、唾液を始め胃、腸などの消化酵素によっても、更に腸内細菌でも代謝されて様々な物質に変わります。

しかも大抵は多くの種類の食物が一緒に摂られますから、更に複雑な反応が起こっていますし、個体の条件によっても働きは大きく違います。

にも関わらず疫学的には特に野菜が発ガンを抑えるという事は間違いが無い様で、実験レベルでもその疫学結果を確認する様な結果が続確認されてもいます。

よく知られたビタミンA、C、Eだけで無く、栄養的にはあまり価値が無いと考えられていた化合物がどんどん再評価されています。

これらの効果は抗酸化の働きと共にがん物質を不治性化したり、解毒作用を持つ酵素等を誘導することで発ガンを予防する事が期待されます。                

一ガン予防が期待される成分一                                                                                         
インドール類・イソチオシアナート類                                                                                   
             一アプラナ科一食道・大腸、肝臓、肺・前胃がんなど                                  
クロロフィル類一緑黄色野菜                                                                                            
フラボノイド類一緑黄色野菜                                                                                            
ボリフエノール類一系、ハーブ、香辛料、豆、穀類、野菜・果物                                                           
アリル化合物一ニンニク、玉ねぎ等一皮膚、大腸、肝臓、肺がんなど 

icon17.gif

【がんは夜中に作られる】

最近では遺伝子の研究の進展やコンピュータによる解析が進んで、生体リズムと時間の関が「時間医学」として発展しています。

生体リズムは1日のリズムが基本となりますが、中でもがんに関係する時間帯としては夜中の2時がポイントとなります。

1日の内で夜中の2時頃は成長ホルモンの分泌が最も盛んになっていますが、細胞分裂も最も盛んな時間で、現にがんはこの時間に多く発生します。

一方白血球やリンパ球は22時~0時頃にかけて最高になりますから、健康な状態では細胞分裂のがん化を阻止しているのかもしれません。

こうした生体リズムは出来るだけ一定に保つ事が大切で、特に体が谷底に来る午前2~3時頃に睡眠時間の中心を持って来る事が肝心です。

規則正しい生活のリズムを持っている人はがん免疫である白血球のCE4の値が高い事も分かっています。

がん予防には規則正しい生活も大切な様です。


icon18.gif

【がんの痛み】

ガンになると激痛に苦しみながら死を迎えなければなら無いという恐怖がひときわガンを悲惨なものにしています。

しかし今やガンの痛みはコントロールが可能です。1986年には「WHO方式がん疼痛治療法」(がんの痛みからの解放)が発表されており、今では各国でこの方式がガン患者の痛みの治療法として標準的になっています。この方式では

軽度の痛み=非オピオイド               
 (アスピリン、その他非ステロイド性消炎鎮痛薬)
軽~中度の痛み=弱オピオイド            
 (コディンなどの中枢に作用する鎮痛薬)   
中~強度の痛み=強オピオイド           
 (モルヒネなど中枢に強く作用する鎮痛薬)                            )

等を使います。モルヒ本は中毒になるという事で日本では未だに使用を警戒される事が多いのですが、WHOの治療方式に従えば精神的依存は稀にしか生じないと判明しています。

又痛みのコントロールの場合重要なのは患者の余生の長さによって鎮痛薬 を選ぶのではなく、あくまでも痛みの強さによって、出来るだけ経口的に、必要十分な量で使われなければなりません。

しかもガンが末期になってケアを始めるのではなく、ガンと診断された時点から嘔気、全身倦怠、食欲不振対策等と供に緩和ケアを始めるべきで、それでこそ患者のQOLが保証がされると言うわけです。 
 
  • 所在地〒259-1137 神奈川県伊勢原市笠窪383-3
  • アクセス小田急線 鶴巻温泉駅より徒歩8分
  • 責任者溝口 潔
  • 営業時間9:00~19:00 / 年中無休
メールでお問い合わせはこちらから

ページ上部に戻る