神奈川の鶴巻温泉治療院は医師も推薦する気功治療院です。

症状別ページ

気の不足と世の中の様々な現象

気が不足して水分の不足のように敏感に感じる人はまずいません。
そもそも気の存在ですら信じないか関心が無いかといったレベルから始まっている現状があるからです。

一見同じ程度の体力とか能力とみられる人でもとても実際には結果が大きく違います。ドワンゴの夏野剛さんが若い頃はと過去の話をしていました。夜の11時12時は当たり前で10時に仕事が終わったら「今日は仕事が早く終わったから、これから飲みに行こう」と言ってたレベルで仕事を何時間でも平気だったそうです。

逆に勤務時間は9時5時の定時では無いと無理と言う方もいます。これは忍耐力の問題や体力や仕事の好き嫌いの尺度で決めたがりますがそんな単純なものではありません。実際は根が深く本人にとっても深刻な問題なのです。icon75.gif


bc76dbdcf8084f07acd58f8b984cfbbe_s.jpg気が不足すると俗に気と付く用語の熟語に関連する大部分に影響が及びます。やる気、元気、気分、気持、気さく、・・切りがない位です男気、女気まで影響があるのです。やがては病気になって気が無くなり死んでいくのです。

実際ある女性の波動の先生は食事のみ休憩無しで終わるのが夜の11時でその間話通し、エネルギー治療をしっ放しで終わったら、それから宿泊者の為に料理をしたりして、すごい体力です。年齢は秘密になっていますが70歳の域になっていると思います。髪型服装がゴージャスになっていますので益々年齢不詳の方で、その年齢で各地にエネルギー治療をを行く元気が凄いです。疲れませんか?と私が尋ねると「天から気をもらっているのでまったく疲れないと」話しています。

元気な人はとことん死ぬまで元気なのに生まれて物心がついた辺りから元気がない人がいます。虚弱体質とはまた違い、体つきもいい体で身長体重も平均以上でありながら仕事もあまりできず学生であるなら学業不振のタイプである。

そして丈夫とは言い難く運気もあまり良くない俗に言うついてないのである。これはよくあるパターンで病気にもなりやすい人で風邪などにもかかりやすい人である。

気には天空の気である呼吸による気と水穀の気による食べ物に含まれている気に両親から受け継いだ先天の気があります。これ位は東洋医学をしてる人はだれでも知っていますが、もっと重要な事は気は風水であり気は地球のエネルギーなのです。

icon76.gif444b12e5919a3de5eb30e7d2c7ed2ad1_s.jpg風水学は墓を作る場所をいかに気が流れる場所に建てるかが根幹にあり、同時に都や建物、住宅、都市計画と発展していくのですが墓の学問と言えます。

なぜ墓の場所が気が流れ込むとされる地理、地形の所に建てなければならないかですが、墓には亡くなった人が入ります。これらは縦に系譜としてご先祖様になって行く分けです。たましいは魂(こん)と魄(はく)に別れ魂(こん)は天に昇り魄(はく)は地にもぐります。

お墓はご先祖さまの魄(はく)の場所です。私達はオーラがありますが、生命オーラと共に実は今生きている人を守っているご先祖様のオーラの方が多いです。オーラはSFで言うところのシールドでバリアを形成して守っているのです。

ご先祖様は墓で龍脈から流れる気を入れて子孫の繁栄に尽力しているのです。ここまでは道教(タオ)の考え方になります。

現実問題にお墓を風水学上最強の場所に建てるのは経済的にもまた予備知識が無いと選び方も分かりませんし現地に何度も足を運ぶのも大変ですし両親から受け継いだお墓が一般的ですから風水学の龍脈を探し求めるのは余裕のある方以外はその点で考え込まなくても結構です。

龍脈から流れる気はその大地に再び入って行くまでに普通に存在していますのでご安心下さい。

お墓ですが曽祖父母のお墓までを墓守をしっかりとされてください。その人に影響を与え守ってくれるのは3代先両親母方父方代先までと考えて下さい。この3代までが貴方の人生そのものに影響を与えています。

もちろんもっと先まで祖先の墓を探し求めてお墓参りをされればなお良いのですが3代先でも大変な方も多く首都圏からお墓参りを関西地域に九州地方にと今は昔と違って一か所に定住している時代では無いので3代先のお墓参りで結構です。

永遠に祖先のルーツまでたどる必要性が無いのは先祖の霊は子孫の繁栄を願い守っていくが3代まででその役目を終えてさらなる高い所に上昇していくからです。

著名なヒーラーが人に対してオーラの透しを行うときオーラは7層以上とされエーテル層が有名であるが現実に見えるのは私には3層までしか見えません。と述べているのは、この事に関連性があると想像されるところです。

icon77.gif07df152a952275a6be3e1f849f7a776f_s.jpgこの地球によって生かされている生命体だけでなく魂(たましい)自体も地球のエネルギーで還流しているのです。

他の題目のところで述べていますが、私は特定な宗教には入っていません。別に誰々が凄い方で例えば日蓮が空海がと特定の宗派や人物を崇拝していません。

宗教を色々と観察をしていると改宗されると私にはできないですが、神棚を壊したり、仏壇を壊したり、庭の稲荷を壊したりと派手に壊し庭で燃して「せいせいした」と言う人を見ても特段に不幸にはなっていません。

神に祈り死を逃れ幸せや生活困窮や家庭環境を良くしたいと思っている人が入信者のほとんどでしょう。

そうであるならば神に祈るより、この地球の気を感じる事の方がよほど怪しくない自然な事です。教義を教え込まれ他の宗教は邪宗としているのはそれは人間形成の宗教といえるでしょうか?また特定の宗教を脱会した方を追跡でその後を見ていますが不幸になった様子もありません。仏壇をバールを使ってぶっ壊した人でも同じです。

そこには教義や哲学宗教学があっても誰も気の存在を認めて無いのです。身体で感じない神をひたすら信じているのです。

しかし気功治療をしている私は言いますが、誰でも気は感じる事はできます。気を感じだせば貴方はこの地球からのエネルギーを感じる事が出来るのです。
宗教のように見えない物を信じろとはいいません。実際に気を感じる事ができるはずです。

守護霊は貴方の身体や人生そのものを守っています。それが墓の条件が悪いばかりに守護霊が弱まります。守護霊の元は気なのですから気が不足していると全てに悪い方向性に向きます。家族に不幸が出るとなぜか家族の中の人にも不幸が起こる「不幸は双子でやってくる」とは守護霊が弱まった為の影響です。

私達は元気だから無事に生活しているのです。元気とは病気ではないと言う意味ではなく気が充実した状態をいいます。欠乏した状態で元気とは言いません。欠乏した状態は守護霊の気が不足した状態でもあり病の回復も無く悪化の一途をたどり守護霊の守りも無く不幸が続く結果となるのです。

icon78.gif

20141206175711.jpg墓は単に亡くなられた親やその上の方々を敬うために作られた場所ではありません。もちろんその様な意味合いもあり、様々な複数の目的のためにあるのですが、墓は魄(はく)の安置場所であり、祖先の天と地との繋がった聖地なのです。祖先の霊は気を得て現世に生きている貴方を守る役目をしているのです。

墓は天と地の繋がった地点であり、知らないで墓を動かしてはいけません。絶対に動かしてはいけません。気の安置場所なのです。少しでも動かせば墓にある気が減り乱れます。それは守護霊の影響にたちどころに現れて貴方や貴方の家族を守れなくなりその結果不幸の序幕が音を立てて始まっていくのです。しかし普通の人はその音は聞こえずに何で私がこのような目に逢うのだろうどうして子供がこんな目に逢うのだろうと自分の不幸を運命になぞって受け入れているのです。

現在不幸の方は先祖の墓を調べてみてください。3代までさかのぼると必ず墓を気の聖地として扱っていなかった事実が判明して唖然とします。

墓は古くなったから新調したり綺麗に整地し直すのもよくありません。物には使うとオーラが付着するのをご存知でしょうか?亡くなった父の本、万年筆、今生きている人の所有する全ての物にオーラは付着しています。まして墓石は気が付着しているので石を動かしたり、新調する事は気を乱す事になるので、墓の気が乱れてそこの住人の霊が気を奪われます。

気の不足は貴方の原因と龍脈からの祖先の気との相関関係にあります。その為に元気な人は守護霊の気で充電状態にあるためにいつでも元気で例え疲れても一晩ぐっすり寝れば朝にはまた気が補充されて元気になっているというわけです。



 

  • 所在地〒259-1137 神奈川県伊勢原市笠窪383-3
  • アクセス小田急線 鶴巻温泉駅より徒歩8分
  • 責任者溝口 潔
  • 営業時間9:00~19:00 / 年中無休
メールでお問い合わせはこちらから

ページ上部に戻る